次の方法で共有


NoRecipientMatch 同期エラーが発生したメールが Microsoft Dynamics 365で作成されない

適用対象:Microsoft Dynamics 365
元の KB 番号: 4339830

現象

Microsoft Dynamics 365によって自動昇格のために分析された電子メール メッセージを確認すると、NoRecipientMatch 同期エラーまたはエラー コード -2147218683 を含む Microsoft Dynamics 365で作成できなかった電子メール メッセージが表示されます。

原因

Microsoft Dynamics 365がメールボックス内のメールを評価すると、複数の条件が評価され、Microsoft Dynamics 365でメッセージが電子メール アクティビティとして自動的に作成されるかどうかを判断します。 評価で NoRecipientMatch エラーが発生した場合、これは次のいずれかの条件を示します。

  1. メールの [宛先] または [Cc] 行の電子メール アドレスは、Microsoft Dynamics 365のユーザーまたはキューにありません。

    • 例 A: 配布グループに送信され、その配布グループのメンバーであるため、メールを受信しました。 Microsoft Dynamics 365に保存されているメール アドレスは、実際には電子メールの [宛先] 行または [Cc] 行に表示されません。
    • 例 B: 同じメールボックスに複数のメール アドレス (や など) がありますが、 John@contoso.comJohn.David@contoso.comメールの [宛先] または [Cc] 行のメール アドレスが、Microsoft Dynamics 365のユーザー レコードに保存されているメール アドレスと一致しません。
  2. 電子メールの [宛先] または [Cc] 行にユーザーまたはキューがありますが、次の条件が存在します。

    • ユーザーまたはキューで使用される電子メール アドレスは、Microsoft Dynamics 365内の他のレコードに存在します。 たとえば、ユーザーにはメール アドレス John@contoso.com がありますが、そのメール アドレスは、ユーザー、キュー、連絡先、潜在顧客、アカウントなど、別のメールが有効なエンティティのいずれかの電子メール アドレス フィールドにも存在します。

    • 複数の一致が見つかった場合、電子メール アドレスの値を未解決のままにするように、organizationが構成されています。

      上記の 2 つの条件の組み合わせにより、電子メールはユーザーまたはキュー レコードに解決されません。

  3. ユーザーまたはキューの電子メール アドレスは、電子メールの Bcc にあります。

    例: メール アドレスがメールの Bcc 行にあったため、メールを受信しました。 Microsoft Dynamics 365のすべてのメール メッセージを追跡するように個人用オプションが構成されていない限り、メールは追跡されません。

    メールの [宛先] または [Cc] 行のメール アドレスが、Microsoft Dynamics 365 または Microsoft Dynamics 365の個人用オプションに保存されているメール アドレスと一致しない限り、すべてのメール メッセージを追跡するように構成されている場合、メールは追跡されません。

  4. 電子メールを受信したユーザーまたはキュー メールボックスの EmailSearchBase テーブルに行はありません。

    一致するユーザー レコードまたはキュー レコードを探している場合、Microsoft Dynamics 365は EmailSearchBase というテーブルに対してクエリを実行します。 このテーブルには、ユーザーやキューを含むすべての電子メールが有効なレコードの電子メール アドレスの行が自動的に含まれている必要があります。 まれに、このテーブルに行が見つからない可能性があるため、Microsoft Dynamics 365は、電子メール メッセージ上にあるユーザーまたはキューに対してこのテーブルに対してクエリを実行するときに、一致する行が見つからない可能性があります。

    Web ブラウザーを開き、Microsoft Dynamics 365 Web API を使用して、電子メール メッセージを受信したユーザーまたはキューの電子メール アドレスの行が存在するかどうかを確認できます。 次の構文を使用してください。

    https://<Your Organization URL>/api/data/v9.1/emailsearches?$filter=emailaddress eq '<email address of user or queue>'

    例: https://contoso.crm.dynamics.com/api/data/v9.1/emailsearches?$filter=emailaddress eq 'John@contoso.com'

    レコードが返されない場合は、EmailSearchBase テーブル内のその電子メール アドレスの行が存在しないことを示します。

解決方法

メールの特性と、メール追跡用の個人用オプションで構成したオプションを確認します。

  1. Microsoft Dynamics 365に保存されているメール アドレスを確認するには:

    1. [設定] に移動し、[Email構成] を選択します。

    2. [ メールボックス] を選択します

    3. メールボックス レコードを開き、メールの [宛先] または [Cc] 行のメール アドレスがメールボックス レコード内のメール アドレスと一致することを確認します。

      注:

      メールボックスに複数のメール アドレスがある場合は、[検索に関する] を選択し、他のメール アドレスをユーザー レコードの他のメール アドレス フィールドのいずれかに追加できます。

  2. ユーザーまたはキューのメール アドレスが複数のレコード (たとえば、別のユーザー、キュー、潜在顧客、アカウント、連絡先など) に存在する場合は、他のレコードからメール アドレスを削除するか、[受信メール] で複数の一致が見つかった場合は [Set To,cc, bcc]\(設定\) を未解決の値として変更します。 この設定を見つけるには、[設定] に移動し、[構成] をEmailし、[構成設定] Email選択します。 [Email フォーム オプションの設定] セクションで、[受信メール] で複数の一致が見つかった場合は、[Set To]、[cc]、[bcc]\(設定\) フィールドを未解決の値として見つけます。

  3. メール追跡設定を表示または変更するには:

    1. Microsoft Dynamics 365の個人用オプションにアクセスするには、設定 (右上隅の歯車アイコン) を選択し、[オプション] を選択します

    2. [Email] タブを選択します。

    3. [Microsoft Dynamics 365 で追跡するメール メッセージを選択する] セクションで、[追跡] 設定を見つけます。

    4. 必要に応じてオプションを調整して、Microsoft Dynamics 365自動的に追跡するメールを制御します。

      たとえば、送信者に関係なく、受信するすべてのメールを Microsoft Dynamics 365のメール アクティビティとして自動的に作成する場合は、[すべてのメール メッセージ] オプションを選択します。

    電子メールの関連付けの詳細については、「メッセージのフィルター処理と関連付けをEmailする」を参照してください。

  4. 原因 4 の手順を使用するときにレコードが見つからない場合は、次の手順に従います。

    1. Microsoft Dynamics 365で User レコードまたは Queue レコードを開きます。
    2. メール アドレスの値を別のものに変更し、[ 保存] を選択します。
    3. 次に、メール アドレスの値を正しい値に戻し、[保存] を選択 します。 これは通常、不足している行を再作成します。