DataTransferManager.ShowShareUI メソッド

定義

オーバーロード

ShowShareUI()

プログラムによって、別のアプリとコンテンツを共有するためのユーザー インターフェイスが開始されます。

この API は、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリ用です。 デスクトップ アプリに使用する別の API については、「 CoreWindow に依存する WinRT UI オブジェクトを表示する」を参照してください。

ShowShareUI(ShareUIOptions)

プログラムによって、別のアプリとコンテンツを共有するためのユーザー インターフェイスが開始されます。

この API は、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリ用です。 デスクトップ アプリに使用する別の API については、「 CoreWindow に依存する WinRT UI オブジェクトを表示する」を参照してください。

ShowShareUI()

プログラムによって、別のアプリとコンテンツを共有するためのユーザー インターフェイスが開始されます。

この API は、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリ用です。 デスクトップ アプリに使用する別の API については、「 CoreWindow に依存する WinRT UI オブジェクトを表示する」を参照してください。

public:
 static void ShowShareUI();
 static void ShowShareUI();
public static void ShowShareUI();
function showShareUI()
Public Shared Sub ShowShareUI ()

この例では、 ShowShareUI メソッドを呼び出して Share ユーザー インターフェイスを起動する方法を示します。 この例では、インターフェイスのみを起動します。別のアプリと共有するコンテンツは追加されません。

function launchShare() {
    var shareButton = document.createElement("button");
    shareButton.setAttribute("id", "showShareButton");
    shareButton.innerText = "Click to share!";
    shareButton.addEventListener("click", function () {
        Windows.ApplicationModel.DataTransfer.DataTransferManager.showShareUI();
    });
    document.body.appendChild(shareButton);
}

注釈

共有するには、DataPackageタイトルが設定されている必要があります。 このメソッドを呼び出す前に 、Title が設定されていることを確認します。

こちらもご覧ください

適用対象

ShowShareUI(ShareUIOptions)

プログラムによって、別のアプリとコンテンツを共有するためのユーザー インターフェイスが開始されます。

この API は、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリ用です。 デスクトップ アプリに使用する別の API については、「 CoreWindow に依存する WinRT UI オブジェクトを表示する」を参照してください。

public:
 static void ShowShareUI(ShareUIOptions ^ options);
/// [Windows.Foundation.Metadata.Overload("ShowShareUIWithOptions")]
 static void ShowShareUI(ShareUIOptions const& options);
[Windows.Foundation.Metadata.Overload("ShowShareUIWithOptions")]
public static void ShowShareUI(ShareUIOptions options);
function showShareUI(options)
Public Shared Sub ShowShareUI (options As ShareUIOptions)

パラメーター

options
ShareUIOptions

オプション。

属性

Windows の要件

デバイス ファミリ
Windows 10 Fall Creators Update (10.0.16299.0 で導入)
API contract
Windows.Foundation.UniversalApiContract (v5.0 で導入)

CoreWindow に依存する WinRT UI オブジェクトを表示する

注釈

アプリで共有できるものがある場合にのみ、ユーザーに共有アフォーダンスを提供することをお勧めします。 アフォーダンスの目立ち方は、コンテンツの性質によって異なる場合があります。 たとえば、ユーザーがゲームでハイ スコアを取得した場合は、お祝いのメッセージの横に [共有] ボタンを配置できます。 一方、ニュース アプリでは、AppBar に [共有] ボタンを配置できます。

共有するには、DataPackageタイトルが設定されている必要があります。 このメソッドを呼び出す前に 、Title が設定されていることを確認します。

適用対象