次の方法で共有


WPF と Entity Framework 6 を使用して単純なデータ アプリケーションを作成する

警告

Visual Studio 2022 を使用している場合は、このチュートリアルに Visual Studio 2022 バージョン 17.3 Preview 3 またはそれ以降を使用する必要があります。

このチュートリアルでは、Visual Studio で基本的な "フォーム オーバー データ" アプリケーションを作成する方法について説明します。 アプリでは、SQL Server LocalDB、Northwind データベース、(Entity Framework Core ではなく) Entity Framework 6、(.NET Core または .NET 5 以降ではなく) .NET Framework 用の Windows Presentation Foundation を使用します。 ここでは、マスター ビューと詳細ビューで基本的なデータ バインドを実行する方法について説明します。また、[次に移動][前に戻る][先頭に移動][末尾に移動][更新][削除] のボタンがあるカスタム バインド ナビゲーターもあります。

この記事では Visual Studio でのデータ ツールの使用に焦点を当てていますが、基になるテクノロジの詳細については説明しません。 XAML、Entity Framework、SQL に関する基本的な知識があることを前提としています。 また、この例では、WPF アプリケーションの標準である Model-View-ViewModel (MVVM) アーキテクチャについても説明しません。 ただし、いくつかの変更を加えれば、このコードを独自の MVVM アプリケーションにコピーできます。

このチュートリアルの最後のコードは、GitHub の Visual Studio チュートリアル サンプル - EF6 にあります。

Northwind をインストールして接続する

この例では SQL Server Express LocalDB と Northwind サンプル データベースを使用します。 その製品の ADO.NET データ プロバイダーが Entity Framework をサポートしている場合は、他の SQL データベース製品でも同様に機能します。

  1. SQL Server Express LocalDB がない場合は、Visual Studio インストーラーを使用してインストールします。 Visual Studio インストーラーでは、データ ストレージとデータ処理ワークロードの一部として、または個別のコンポーネントとして、SQL Server Express LocalDB をインストールできます。

  2. 次の手順に従って、Northwind サンプル データベースをインストールします。

    1. Visual Studio で、 [SQL Server オブジェクト エクスプローラー] ウィンドウを開きます。 (SQL Server オブジェクト エクスプローラーは、Visual Studio インストーラーデータ ストレージとデータ処理ワークロードの一部としてインストールされます)。[SQL Server] ノードを展開します。 LocalDB インスタンスを右クリックし、 [新しいクエリ] を選択します。

      クエリ エディター ウィンドウが開きます。

    2. Northwind Transact-SQL スクリプトをクリップボードにコピーします。 この T-SQL スクリプトを使用すると、Northwind データベースが新規作成され、データが設定されます。

    3. T-SQL スクリプトをクエリ エディターに貼り付け、 [実行] ボタンを選択します。

      しばらくすると、クエリの実行が完了し、Northwind データベースが作成されます。

  3. Northwind に対して新しい接続を追加します

プロジェクトを構成する

  1. Visual Studio で、新しい C# [WPF アプリ (.NET Framework)] プロジェクトを作成します。

  2. Entity Framework 6 の NuGet パッケージを追加します。 ソリューション エクスプローラーでプロジェクト ノードを選択します。 メイン メニューで、[プロジェクト]>[NuGet パッケージの管理] の順に選択します。

  3. NuGet パッケージ マネージャーで、[参照] リンクをクリックします。 通常、Entity Framework は一覧の最上位のパッケージです。 右側のペインで [インストール] をクリックし、画面の指示に従います。 インストールが完了すると、[出力] ウィンドウに通知されます。

    Entity Framework NuGet Package NuGet パッケージのスクリーンショット。

    Entity Framework NuGet Package のスクリーンショット。

  4. これで、Visual Studio を使用して、Northwind データベースに基づくモデルを作成できるようになりました。

モデルを作成する

  1. ソリューション エクスプローラーでプロジェクト ノードを右クリックし、[追加]>[新しい項目] を選択します。 左側のペインの [C#] ノードで [データ] を選択し、中央のペインで [ADO.NET Entity Data Model] を選択します。

    Entity Framework Model の新しい項目のスクリーンショット。

    Entity Framework Model の新しい項目のスクリーンショット。

  2. モデル Northwind_model を呼び出し、[追加] を選択します。 Entity Data Model ウィザードが開きます。 [データベースの EF デザイナー] を選択し、 [次へ] をクリックします。

    データベースの EF モデルのスクリーンショット。

  3. 次の画面で、LocalDB Northwind 接続 (たとえば、(localdb)\MSSQLLocalDB) を選択し、Northwind データベースを指定して、[次へ] をクリックします。

    接続が表示されない場合は、[新しい接続] を選択し、[データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで [Microsoft SQL Server] を選択し、[続行] を選択し、[接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、(localdb)\MSSQLLocalDB を入力し、[データベース名の選択または入力] で、[Northwind] を選択してから [OK] を押します。

  4. メッセージが表示されたら、使用している Entity Framework のバージョンを選択します。

    バージョン選択肢のスクリーンショット。

  5. ウィザードの次のページで、Entity Framework モデルに含めるテーブル、ストアド プロシージャ、およびその他のデータベース オブジェクトを選択します。 ツリー ビューで dbo ノードを展開し、[Customers][Orders][Order Details] を選択します。 既定値をオンのままにして、 [完了] をクリックします。

    モデルのデータベース オブジェクト選択のスクリーンショット。

  6. このウィザードでは、Entity Framework モデルを表す C# クラスが生成されます。 クラスは単純な従来の C# クラスであり、WPF ユーザー インターフェイスにデータをバインドします。 .edmx ファイルには、クラスをデータベース内のオブジェクトに関連付けるリレーションシップとその他のメタデータが記述されています。 .tt ファイルは、モデルで動作するコードを生成し、変更内容をデータベースに保存する T4 テンプレートです。 これらのファイルはすべて、Northwind_model ノードの下のソリューション エクスプローラーに表示されます。

    Solution Explorer Entity Framework モデル ファイルのスクリーンショット。

    Solution Explorer Entity Framework モデル ファイルのスクリーンショット

    .edmx ファイルのデザイナー画面を使用すると、モデル内のいくつかのプロパティとリレーションシップを変更できます。 このチュートリアルでは、デザイナーを使用しません。

  7. .tt ファイルは汎用的なものであるため、ObservableCollection を必要とする WPF データ バインドを使用するには、そのうちの 1 つを調整する必要があります ソリューション エクスプローラーで、Northwind_model.tt が見つかるまで Northwind_model ノードを展開します (.Context.tt ファイル内にいないことを確認してください。これは .edmx ファイルの直下にあります)。

  8. F5 または Ctrl+F5 キーを押し、プロジェクトをビルドして実行します。 アプリケーションを初めて実行すると、モデル クラスがデータ ソース ウィザードに表示されます。

これで、データを表示、ナビゲーション、変更できるように、このモデルを XAML ページにフックする準備ができました。

モデルを XAML ページにデータ バインドする

独自のデータ バインド コードを記述することもできますが、Visual Studio で簡単に実行できます。

  1. メイン メニューから、[プロジェクト]>[新しいデータ ソースの追加] の順に選択し、データ ソース構成ウィザードを起動します。 データベースではなくモデル クラスにバインドするので、 [オブジェクト] を選択します。

    オブジェクト ソースを含むデータ ソース構成ウィザードのスクリーンショット。

  2. プロジェクトのノードを展開し、 [Customer] を選択します (Orders のソースは、Customer の Orders ナビゲーション プロパティから自動的に生成されます)。

    エンティティ クラスをデータ ソーストして追加する場面のスクリーンショット。

    エンティティ クラスをデータ ソーストして追加する場面のスクリーンショット。

  3. [完了] をクリックします。

  4. コード ビューで MainWindow.xaml に移動します。 この例では、XAML を単純なものにしています。 MainWindow のタイトルをわかりやすいものに変更し、高さと幅を 600 x 800 に増やします。 これは後でいつでも変更できます。 ここで、次の 3 つの行定義をメイン グリッドに追加します。1 つはナビゲーション ボタンの行、1 つは顧客の詳細の行、もう 1 つは注文を表示するグリッドの行です。

        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition Height="auto"/>
            <RowDefinition Height="auto"/>
            <RowDefinition Height="*"/>
        </Grid.RowDefinitions>
    
  5. ここで、MainWindow.xaml を開いてデザイナーで表示します。 これにより、[データ ソース] ウィンドウが、ツールボックスの横にある Visual Studio ウィンドウの余白にオプションとして表示されます。 タブをクリックしてウィンドウを開くか、Shift+Alt+D キーを押すか、[ビュー]>[その他のウィンドウ]>[データ ソース] の順に選択します。 個々のテキスト ボックスに Customers クラスの各プロパティを表示します。 まず、[Customers] コンボ ボックスの矢印をクリックし、[詳細] を選択します。 次に、デザイナーで中央の行に移動できるように、デザイン サーフェイスの中央部分にノードをドラッグします。 場所を間違えた場合は、XAML (Grid.Row="1") で後から行を手動で指定できます。 既定では、コントロールはグリッド要素に垂直方向に配置されますが、この時点では、フォーム上に任意に配置することができます。 たとえば、住所の上に [名前] テキスト ボックスを配置した方がよい場合があります。 この記事のサンプル アプリケーションでは、フィールドを並べ替え、2 つの列に再配置します。

    個々のコントロールに Customers データ ソースをバインドする場面のスクリーンショット。

    個々のコントロールに Customers データ ソースをバインドする場面のスクリーンショット。

    XAML ビューで、親グリッドの行 1 (中央の行) に新しい Grid 要素が表示されるようになりました。 親グリッドには、Windows.Resources 要素に追加された CollectionViewSource を参照する DataContext 属性があります。 そのデータ コンテキストでは、最初のテキスト ボックスが [Address] にバインドされると、その名前は CollectionViewSource 内の現在の Customer オブジェクトの Address プロパティにマップされます。

    <Grid DataContext="{StaticResource customerViewSource}">
    
  6. ウィンドウの上半分に顧客が表示されている場合は、下半分に注文を表示します。 1 つのグリッド ビュー コントロールに注文を表示します。 マスター/詳細データ バインドが想定どおりに動作するには、個別の Orders ノードではなく、Customers クラスの Orders プロパティにバインドすることが重要です。 Customers クラスの Orders プロパティをフォームの下半分にドラッグして、デザイナーで行 2 に配置されるようにします。

    Orders クラスをグリッドとしてドラッグ アンド ドロップする場面のスクリーンショット。

    Orders クラスをグリッドとしてドラッグ アンド ドロップする場面のスクリーンショット。

  7. Visual Studio で、UI コントロールをモデル内のイベントに接続するすべてのバインド コードが生成されました。 いくつかのデータを表示するために必要なのは、モデルを作成するためのコードを記述することだけです。 まず、MainWindow.xaml.cs に移動し、データ コンテキストの MainWindow クラスにデータ メンバーを追加します。 生成されたこのオブジェクトは、モデル内の変更とイベントを追跡するコントロールのように機能します。 また、顧客と注文の CollectionViewSource データ メンバーと、関連するコンストラクター初期化ロジックを既存のコンストラクター MainWindow() に追加します。 クラスの先頭は次のようになります。

    public partial class MainWindow : Window
    {
        NorthwindEntities context = new NorthwindEntities();
        CollectionViewSource custViewSource;
        CollectionViewSource ordViewSource;
    
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();
            custViewSource = ((CollectionViewSource)(FindResource("customerViewSource")));
            ordViewSource = ((CollectionViewSource)(FindResource("customerOrdersViewSource")));
            DataContext = this;
        }
    

    まだない場合は、Load 拡張メソッドをスコープに取り込むために、System.Data.Entity に対する using ディレクティブを追加します。

    using System.Data.Entity;
    

    次に、下にスクロールして、Window_Loaded イベント ハンドラーを見つけます。 Visual Studio によって CollectionViewSource オブジェクトが追加されていることに注意してください。 これは、モデルの作成時に選択した NorthwindEntities オブジェクトを表します。 これは既に追加されているので、ここでは必要ありません。 ここでは、メソッドが次のようになるように、Window_Loaded のコードを置き換えます。

    private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
    {
        // Load is an extension method on IQueryable,    
        // defined in the System.Data.Entity namespace.   
        // This method enumerates the results of the query,    
        // similar to ToList but without creating a list.   
        // When used with Linq to Entities, this method    
        // creates entity objects and adds them to the context.   
        context.Customers.Load();
    
        // After the data is loaded, call the DbSet<T>.Local property    
        // to use the DbSet<T> as a binding source.   
        custViewSource.Source = context.Customers.Local;
    }
    
  8. F5 キーを押します。 最初に取得された顧客の詳細が CollectionViewSource に表示されます。 また、データ グリッドにも注文が表示されます。 書式設定はあまり良くないので、修正しましょう。 また、他のレコードを表示し、基本的な作成、読み取り、更新、および削除 (CRUD) 操作を実行する方法を作成することもできます。

ページ デザインを調整し、新しい顧客と注文のグリッドを追加する

Visual Studio によって生成される既定の配置はこのアプリケーションには適していないため、ここでコードにコピーする最後の XAML を提供します。 また、ユーザーが新しい顧客または注文を追加できるようにするために、"フォーム" (実際にはグリッド) が必要です。 新しい顧客と注文を追加できるようにするには、CollectionViewSource にデータ バインドされていない別のテキスト ボックスのセットが必要です。 任意の時点でユーザーに表示されるグリッドを制御するには、ハンドラー メソッドで Visible プロパティを設定します。 最後に、[Orders] グリッドの各行に [削除] ボタンを追加して、ユーザーが個々の注文を削除できるようにします。

まず、次のスタイルを MainWindow.xamlWindows.Resources 要素に追加します。

<Style x:Key="Label" TargetType="{x:Type Label}" BasedOn="{x:Null}">
    <Setter Property="HorizontalAlignment" Value="Left"/>
    <Setter Property="VerticalAlignment" Value="Center"/>
    <Setter Property="Margin" Value="3"/>
    <Setter Property="Height" Value="23"/>
</Style>
<Style x:Key="CustTextBox" TargetType="{x:Type TextBox}" BasedOn="{x:Null}">
    <Setter Property="HorizontalAlignment" Value="Right"/>
    <Setter Property="VerticalAlignment" Value="Center"/>
    <Setter Property="Margin" Value="3"/>
    <Setter Property="Height" Value="26"/>
    <Setter Property="Width" Value="120"/>
</Style>

次に、外側のグリッド全体をこのマークアップに置き換えます。

<Grid>
     <Grid.RowDefinitions>
         <RowDefinition Height="auto"/>
         <RowDefinition Height="auto"/>
         <RowDefinition Height="*"/>
     </Grid.RowDefinitions>
     <Grid x:Name="existingCustomerGrid" Grid.Row="1" HorizontalAlignment="Left" Margin="5" Visibility="Visible" VerticalAlignment="Top" Background="AntiqueWhite" DataContext="{StaticResource customerViewSource}">
         <Grid.ColumnDefinitions>
             <ColumnDefinition Width="Auto" MinWidth="233"/>
             <ColumnDefinition Width="Auto" MinWidth="397"/>
         </Grid.ColumnDefinitions>
         <Grid.RowDefinitions>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
         </Grid.RowDefinitions>
         <Label Content="Customer ID:" Grid.Row="0" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="customerIDTextBox" Grid.Row="0" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding CustomerID, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Company Name:" Grid.Row="1" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="companyNameTextBox" Grid.Row="1" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding CompanyName, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Contact Name:" Grid.Row="2" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="contactNameTextBox" Grid.Row="2" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding ContactName, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Contact title:" Grid.Row="3" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="contactTitleTextBox" Grid.Row="3" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding ContactTitle, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Address:" Grid.Row="4" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="addressTextBox" Grid.Row="4" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding Address, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="City:" Grid.Column="1" Grid.Row="0" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="cityTextBox" Grid.Column="1" Grid.Row="0" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding City, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Country:" Grid.Column="1" Grid.Row="1" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="countryTextBox" Grid.Column="1" Grid.Row="1" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding Country, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Fax:" Grid.Column="1" Grid.Row="2" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="faxTextBox" Grid.Column="1" Grid.Row="2" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding Fax, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Phone:" Grid.Column="1" Grid.Row="3" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="phoneTextBox" Grid.Column="1" Grid.Row="3" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding Phone, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Postal Code:" Grid.Column="1" Grid.Row="4" VerticalAlignment="Center" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="postalCodeTextBox" Grid.Column="1" Grid.Row="4" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding PostalCode, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Region:" Grid.Column="1" Grid.Row="5" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="regionTextBox" Grid.Column="1" Grid.Row="5" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding Region, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
     </Grid>
     <Grid x:Name="newCustomerGrid" Grid.Row="1" HorizontalAlignment="Left" VerticalAlignment="Top" Margin="5" DataContext="{Binding RelativeSource={RelativeSource FindAncestor, AncestorType={x:Type Window}}, Path=newCustomer, UpdateSourceTrigger=Explicit}" Visibility="Collapsed" Background="CornflowerBlue">
         <Grid.ColumnDefinitions>
             <ColumnDefinition Width="Auto" MinWidth="233"/>
             <ColumnDefinition Width="Auto" MinWidth="397"/>
         </Grid.ColumnDefinitions>
         <Grid.RowDefinitions>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
         </Grid.RowDefinitions>
         <Label Content="Customer ID:" Grid.Row="0" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_customerIDTextBox" Grid.Row="0" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding CustomerID, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Company Name:" Grid.Row="1" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_companyNameTextBox" Grid.Row="1" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding CompanyName, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true }"/>
         <Label Content="Contact Name:" Grid.Row="2" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_contactNameTextBox" Grid.Row="2" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding ContactName, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Contact title:" Grid.Row="3" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_contactTitleTextBox" Grid.Row="3" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding ContactTitle, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Address:" Grid.Row="4" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_addressTextBox" Grid.Row="4" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding Address, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="City:" Grid.Column="1" Grid.Row="0" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_cityTextBox" Grid.Column="1" Grid.Row="0" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding City, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Country:" Grid.Column="1" Grid.Row="1" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_countryTextBox" Grid.Column="1" Grid.Row="1" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding Country, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Fax:" Grid.Column="1" Grid.Row="2" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_faxTextBox" Grid.Column="1" Grid.Row="2" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding Fax, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Phone:" Grid.Column="1" Grid.Row="3" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_phoneTextBox" Grid.Column="1" Grid.Row="3" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding Phone, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Postal Code:" Grid.Column="1" Grid.Row="4" VerticalAlignment="Center" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_postalCodeTextBox" Grid.Column="1" Grid.Row="4" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding PostalCode, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Region:" Grid.Column="1" Grid.Row="5" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_regionTextBox" Grid.Column="1" Grid.Row="5" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding Region, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
     </Grid>
     <Grid x:Name="newOrderGrid" Grid.Row="1" HorizontalAlignment="Left" VerticalAlignment="Top" Margin="5" DataContext="{Binding Path=newOrder, Mode=TwoWay}" Visibility="Collapsed" Background="LightGreen">
         <Grid.ColumnDefinitions>
             <ColumnDefinition Width="Auto" MinWidth="233"/>
             <ColumnDefinition Width="Auto" MinWidth="397"/>
         </Grid.ColumnDefinitions>
         <Grid.RowDefinitions>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
             <RowDefinition Height="Auto"/>
         </Grid.RowDefinitions>
         <Label Content="New Order Form" FontWeight="Bold"/>
         <Label Content="Employee ID:"  Grid.Row="1" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_employeeIDTextBox" Grid.Row="1" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding EmployeeID, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Order Date:"  Grid.Row="2" Style="{StaticResource Label}"/>
         <DatePicker x:Name="add_orderDatePicker" Grid.Row="2"  HorizontalAlignment="Right" Width="120"
                 SelectedDate="{Binding OrderDate, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true, UpdateSourceTrigger=PropertyChanged}"/>
         <Label Content="Required Date:" Grid.Row="3" Style="{StaticResource Label}"/>
         <DatePicker x:Name="add_requiredDatePicker" Grid.Row="3" HorizontalAlignment="Right" Width="120"
                  SelectedDate="{Binding RequiredDate, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true, UpdateSourceTrigger=PropertyChanged}"/>
         <Label Content="Shipped Date:"  Grid.Row="4"  Style="{StaticResource Label}"/>
         <DatePicker x:Name="add_shippedDatePicker"  Grid.Row="4"  HorizontalAlignment="Right" Width="120"
                 SelectedDate="{Binding ShippedDate, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true, UpdateSourceTrigger=PropertyChanged}"/>
         <Label Content="Ship Via:"  Grid.Row="5" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_ShipViaTextBox"  Grid.Row="5" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding ShipVia, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
         <Label Content="Freight"  Grid.Row="6" Style="{StaticResource Label}"/>
         <TextBox x:Name="add_freightTextBox" Grid.Row="6" Style="{StaticResource CustTextBox}"
                  Text="{Binding Freight, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true}"/>
     </Grid>
     <DataGrid x:Name="ordersDataGrid" SelectionUnit="Cell" SelectionMode="Single" AutoGenerateColumns="False" CanUserAddRows="false" IsEnabled="True" EnableRowVirtualization="True" Width="auto" ItemsSource="{Binding Source={StaticResource customerOrdersViewSource}}" Margin="10,10,10,10" Grid.Row="2" RowDetailsVisibilityMode="VisibleWhenSelected">
         <DataGrid.Columns>
             <DataGridTemplateColumn>
                 <DataGridTemplateColumn.CellTemplate>
                     <DataTemplate>
                         <Button Content="Delete" Command="{StaticResource DeleteOrderCommand}" CommandParameter="{Binding}"/>
                     </DataTemplate>
                 </DataGridTemplateColumn.CellTemplate>
             </DataGridTemplateColumn>
             <DataGridTextColumn x:Name="customerIDColumn" Binding="{Binding CustomerID}" Header="Customer ID" Width="SizeToHeader"/>
             <DataGridTextColumn x:Name="employeeIDColumn" Binding="{Binding EmployeeID}" Header="Employee ID" Width="SizeToHeader"/>
             <DataGridTextColumn x:Name="freightColumn" Binding="{Binding Freight}" Header="Freight" Width="SizeToHeader"/>
             <DataGridTemplateColumn x:Name="orderDateColumn" Header="Order Date" Width="SizeToHeader">
                 <DataGridTemplateColumn.CellTemplate>
                     <DataTemplate>
                         <DatePicker SelectedDate="{Binding OrderDate, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true, UpdateSourceTrigger=PropertyChanged}"/>
                     </DataTemplate>
                 </DataGridTemplateColumn.CellTemplate>
             </DataGridTemplateColumn>
             <DataGridTextColumn x:Name="orderIDColumn" Binding="{Binding OrderID}" Header="Order ID" Width="SizeToHeader"/>
             <DataGridTemplateColumn x:Name="requiredDateColumn" Header="Required Date" Width="SizeToHeader">
                 <DataGridTemplateColumn.CellTemplate>
                     <DataTemplate>
                         <DatePicker SelectedDate="{Binding RequiredDate, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true, UpdateSourceTrigger=PropertyChanged}"/>
                     </DataTemplate>
                 </DataGridTemplateColumn.CellTemplate>
             </DataGridTemplateColumn>
             <DataGridTextColumn x:Name="shipAddressColumn" Binding="{Binding ShipAddress}" Header="Ship Address" Width="SizeToHeader"/>
             <DataGridTextColumn x:Name="shipCityColumn" Binding="{Binding ShipCity}" Header="Ship City" Width="SizeToHeader"/>
             <DataGridTextColumn x:Name="shipCountryColumn" Binding="{Binding ShipCountry}" Header="Ship Country" Width="SizeToHeader"/>
             <DataGridTextColumn x:Name="shipNameColumn" Binding="{Binding ShipName}" Header="Ship Name" Width="SizeToHeader"/>
             <DataGridTemplateColumn x:Name="shippedDateColumn" Header="Shipped Date" Width="SizeToHeader">
                 <DataGridTemplateColumn.CellTemplate>
                     <DataTemplate>
                         <DatePicker SelectedDate="{Binding ShippedDate, Mode=TwoWay, NotifyOnValidationError=true, ValidatesOnExceptions=true, UpdateSourceTrigger=PropertyChanged}"/>
                     </DataTemplate>
                 </DataGridTemplateColumn.CellTemplate>
             </DataGridTemplateColumn>
             <DataGridTextColumn x:Name="shipPostalCodeColumn" Binding="{Binding ShipPostalCode}" Header="Ship Postal Code" Width="SizeToHeader"/>
             <DataGridTextColumn x:Name="shipRegionColumn" Binding="{Binding ShipRegion}" Header="Ship Region" Width="SizeToHeader"/>
             <DataGridTextColumn x:Name="shipViaColumn" Binding="{Binding ShipVia}" Header="Ship Via" Width="SizeToHeader"/>
         </DataGrid.Columns>
     </DataGrid>
 </Grid>

ナビゲーション、追加、更新、削除のボタンを追加する

Windows フォーム アプリケーションでは、データベース内の行を移動して基本的な CRUD 操作を実行するためのボタンを持つ BindingNavigator オブジェクトを取得します。 WPF には BindingNavigator が用意されていませんが、簡単に作成できます。 この操作は、水平方向の StackPanel 内のボタンを使用して行い、分離コード内のメソッドにバインドされているコマンドにボタンを関連付けます。

コマンド ロジックには、(1) コマンド、(2) バインド、(3) ボタン、(4) 分離コード内のコマンド ハンドラーの 4 つの部分があります。

XAML にコマンド、バインド、ボタンを追加する

  1. 最初に、Windows.Resources 要素内に MainWindow.xaml ファイル内のコマンドを追加します。

    <RoutedUICommand x:Key="FirstCommand" Text="First"/>
    <RoutedUICommand x:Key="LastCommand" Text="Last"/>
    <RoutedUICommand x:Key="NextCommand" Text="Next"/>
    <RoutedUICommand x:Key="PreviousCommand" Text="Previous"/>
    <RoutedUICommand x:Key="DeleteCustomerCommand" Text="Delete Customer"/>
    <RoutedUICommand x:Key="DeleteOrderCommand" Text="Delete Order"/>
    <RoutedUICommand x:Key="UpdateCommand" Text="Update"/>
    <RoutedUICommand x:Key="AddCommand" Text="Add"/>
    <RoutedUICommand x:Key="CancelCommand" Text="Cancel"/>
    
  2. CommandBinding では、RoutedUICommand イベントを分離コード内のメソッドにマップします。 Windows.Resources 終了タグの後に次の CommandBindings 要素を追加します。

    <Window.CommandBindings>
        <CommandBinding Command="{StaticResource FirstCommand}" Executed="FirstCommandHandler"/>
        <CommandBinding Command="{StaticResource LastCommand}" Executed="LastCommandHandler"/>
        <CommandBinding Command="{StaticResource NextCommand}" Executed="NextCommandHandler"/>
        <CommandBinding Command="{StaticResource PreviousCommand}" Executed="PreviousCommandHandler"/>
        <CommandBinding Command="{StaticResource DeleteCustomerCommand}" Executed="DeleteCustomerCommandHandler"/>
        <CommandBinding Command="{StaticResource DeleteOrderCommand}" Executed="DeleteOrderCommandHandler"/>
        <CommandBinding Command="{StaticResource UpdateCommand}" Executed="UpdateCommandHandler"/>
        <CommandBinding Command="{StaticResource AddCommand}" Executed="AddCommandHandler"/>
        <CommandBinding Command="{StaticResource CancelCommand}" Executed="CancelCommandHandler"/>
    </Window.CommandBindings>
    
  3. 次に、ナビゲーション、追加、削除、更新の各ボタンを StackPanel に追加します。 まず、次のスタイルを Windows.Resources に追加します。

    <Style x:Key="NavButton" TargetType="{x:Type Button}" BasedOn="{x:Null}">
        <Setter Property="FontSize" Value="24"/>
        <Setter Property="FontFamily" Value="Segoe UI Symbol"/>
        <Setter Property="Margin" Value="2,2,2,0"/>
        <Setter Property="Width" Value="40"/>
        <Setter Property="Height" Value="auto"/>
    </Style>
    

    次に、XAML ページの上部に向かって、外側の Grid 要素の RowDefinitions の直後に次のコードを貼り付けます。

    <StackPanel Orientation="Horizontal" Margin="2,2,2,0" Height="36" VerticalAlignment="Top" Background="Gainsboro" DataContext="{StaticResource customerViewSource}" d:LayoutOverrides="LeftMargin, RightMargin, TopMargin, BottomMargin">
        <Button Name="btnFirst" Content="|◄" Command="{StaticResource FirstCommand}" Style="{StaticResource NavButton}"/>
        <Button Name="btnPrev" Content="◄" Command="{StaticResource PreviousCommand}" Style="{StaticResource NavButton}"/>
        <Button Name="btnNext" Content="►" Command="{StaticResource NextCommand}" Style="{StaticResource NavButton}"/>
        <Button Name="btnLast" Content="►|" Command="{StaticResource LastCommand}" Style="{StaticResource NavButton}"/>
        <Button Name="btnDelete" Content="Delete Customer" Command="{StaticResource DeleteCustomerCommand}" FontSize="11" Width="120" Style="{StaticResource NavButton}"/>
        <Button Name="btnAdd" Content="New Customer" Command="{StaticResource AddCommand}" FontSize="11" Width="80" Style="{StaticResource NavButton}"/>
        <Button Content="New Order" Name="btnNewOrder" FontSize="11" Width="80" Style="{StaticResource NavButton}" Click="NewOrder_click"/>
        <Button Name="btnUpdate" Content="Commit" Command="{StaticResource UpdateCommand}" FontSize="11" Width="80" Style="{StaticResource NavButton}"/>
        <Button Content="Cancel" Name="btnCancel" Command="{StaticResource CancelCommand}" FontSize="11" Width="80" Style="{StaticResource NavButton}"/>
    </StackPanel>
    

MainWindow クラスにコマンド ハンドラーを追加する

追加メソッドと削除メソッドを除き、分離コードは最小限です。 ナビゲーションは、CollectionViewSource の View プロパティでメソッドを呼び出すことによって実行されます。 DeleteOrderCommandHandler では、注文に対して連鎖削除を実行する方法を示します。 最初に、関連付けられている Order_Details を削除する必要があります。 UpdateCommandHandler では、新しい顧客または注文をコレクションに追加します。それ以外の場合は、ユーザーがテキスト ボックスで行った変更を使用して、既存の顧客または注文を更新します。

これらのハンドラー メソッドを MainWindow.xaml.cs の MainWindow クラスに追加します。 Customers テーブルの CollectionViewSource に別の名前が付いている場合は、次の各メソッドで名前を調整する必要があります。

private void LastCommandHandler(object sender, ExecutedRoutedEventArgs e)
{
    custViewSource.View.MoveCurrentToLast();
}

private void PreviousCommandHandler(object sender, ExecutedRoutedEventArgs e)
{
    custViewSource.View.MoveCurrentToPrevious();
}

private void NextCommandHandler(object sender, ExecutedRoutedEventArgs e)
{
    custViewSource.View.MoveCurrentToNext();
}

private void FirstCommandHandler(object sender, ExecutedRoutedEventArgs e)
{
    custViewSource.View.MoveCurrentToFirst();
}

private void DeleteCustomerCommandHandler(object sender, ExecutedRoutedEventArgs e)
{
    // If existing window is visible, delete the customer and all their orders.  
    // In a real application, you should add warnings and allow the user to cancel the operation.  
    var cur = custViewSource.View.CurrentItem as Customer;

    var cust = (from c in context.Customers
                where c.CustomerID == cur.CustomerID
                select c).FirstOrDefault();

    if (cust != null)
    {
        foreach (var ord in cust.Orders.ToList())
        {
            Delete_Order(ord);
        }
        context.Customers.Remove(cust);
    }
    context.SaveChanges();
    custViewSource.View.Refresh();
}

// Commit changes from the new customer form, the new order form,  
// or edits made to the existing customer form.  
private void UpdateCommandHandler(object sender, ExecutedRoutedEventArgs e)
{
    if (newCustomerGrid.IsVisible)
    {
        // Create a new object because the old one  
        // is being tracked by EF now.  
        Customer newCustomer = new Customer
        {
            Address = add_addressTextBox.Text,
            City = add_cityTextBox.Text,
            CompanyName = add_companyNameTextBox.Text,
            ContactName = add_contactNameTextBox.Text,
            ContactTitle = add_contactTitleTextBox.Text,
            Country = add_countryTextBox.Text,
            CustomerID = add_customerIDTextBox.Text,
            Fax = add_faxTextBox.Text,
            Phone = add_phoneTextBox.Text,
            PostalCode = add_postalCodeTextBox.Text,
            Region = add_regionTextBox.Text
        };

        // Perform very basic validation  
        if (newCustomer.CustomerID.Length == 5)
        {
            // Insert the new customer at correct position:  
            int len = context.Customers.Local.Count();
            int pos = len;
            for (int i = 0; i < len; ++i)
            {
                if (String.CompareOrdinal(newCustomer.CustomerID, context.Customers.Local[i].CustomerID) < 0)
                {
                    pos = i;
                    break;
                }
            }
            context.Customers.Local.Insert(pos, newCustomer);
            custViewSource.View.Refresh();
            custViewSource.View.MoveCurrentTo(newCustomer);
        }
        else
        {
            MessageBox.Show("CustomerID must have 5 characters.");
        }

        newCustomerGrid.Visibility = Visibility.Collapsed;
        existingCustomerGrid.Visibility = Visibility.Visible;
    }
    else if (newOrderGrid.IsVisible)
    {
        // Order ID is auto-generated so we don't set it here.  
        // For CustomerID, address, etc we use the values from current customer.  
        // User can modify these in the datagrid after the order is entered.  

        Customer currentCustomer = (Customer)custViewSource.View.CurrentItem;

        Order newOrder = new Order()
        {
            OrderDate = add_orderDatePicker.SelectedDate,
            RequiredDate = add_requiredDatePicker.SelectedDate,
            ShippedDate = add_shippedDatePicker.SelectedDate,
            CustomerID = currentCustomer.CustomerID,
            ShipAddress = currentCustomer.Address,
            ShipCity = currentCustomer.City,
            ShipCountry = currentCustomer.Country,
            ShipName = currentCustomer.CompanyName,
            ShipPostalCode = currentCustomer.PostalCode,
            ShipRegion = currentCustomer.Region
        };

        try
        {
            newOrder.EmployeeID = Int32.Parse(add_employeeIDTextBox.Text);
        }
        catch
        {
            MessageBox.Show("EmployeeID must be a valid integer value.");
            return;
        }

        try
        {
            // Exercise for the reader if you are using Northwind:  
            // Add the Northwind Shippers table to the model.
            
            // Acceptable ShipperID values are 1, 2, or 3.  
            if (add_ShipViaTextBox.Text == "1" || add_ShipViaTextBox.Text == "2"
                || add_ShipViaTextBox.Text == "3")
            {
                newOrder.ShipVia = Convert.ToInt32(add_ShipViaTextBox.Text);
            }
            else
            {
                MessageBox.Show("Shipper ID must be 1, 2, or 3 in Northwind.");
                return;
            }
        }
        catch
        {
            MessageBox.Show("Ship Via must be convertible to int");
            return;
        }

        try
        {
            newOrder.Freight = Convert.ToDecimal(add_freightTextBox.Text);
        }
        catch
        {
            MessageBox.Show("Freight must be convertible to decimal.");
            return;
        }

        // Add the order into the EF model  
        context.Orders.Add(newOrder);
        ordViewSource.View.Refresh();
    }

    // Save the changes, either for a new customer, a new order  
    // or an edit to an existing customer or order.
    context.SaveChanges();
}

// Sets up the form so that user can enter data. Data is later  
// saved when user clicks Commit.  
private void AddCommandHandler(object sender, ExecutedRoutedEventArgs e)
{
    existingCustomerGrid.Visibility = Visibility.Collapsed;
    newOrderGrid.Visibility = Visibility.Collapsed;
    newCustomerGrid.Visibility = Visibility.Visible;

    // Clear all the text boxes before adding a new customer.  
    foreach (var child in newCustomerGrid.Children)
    {
        var tb = child as TextBox;
        if (tb != null)
        {
            tb.Text = "";
        }
    }
}

private void NewOrder_click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    var cust = custViewSource.View.CurrentItem as Customer;
    if (cust == null)
    {
        MessageBox.Show("No customer selected.");
        return;
    }

    existingCustomerGrid.Visibility = Visibility.Collapsed;
    newCustomerGrid.Visibility = Visibility.Collapsed;
    newOrderGrid.UpdateLayout();
    newOrderGrid.Visibility = Visibility.Visible;
}

// Cancels any input into the new customer form  
private void CancelCommandHandler(object sender, ExecutedRoutedEventArgs e)
{
    add_addressTextBox.Text = "";
    add_cityTextBox.Text = "";
    add_companyNameTextBox.Text = "";
    add_contactNameTextBox.Text = "";
    add_contactTitleTextBox.Text = "";
    add_countryTextBox.Text = "";
    add_customerIDTextBox.Text = "";
    add_faxTextBox.Text = "";
    add_phoneTextBox.Text = "";
    add_postalCodeTextBox.Text = "";
    add_regionTextBox.Text = "";

    existingCustomerGrid.Visibility = Visibility.Visible;
    newCustomerGrid.Visibility = Visibility.Collapsed;
    newOrderGrid.Visibility = Visibility.Collapsed;
}

private void Delete_Order(Order order)
{
    // Find the order in the EF model.  
    var ord = (from o in context.Orders.Local
               where o.OrderID == order.OrderID
               select o).FirstOrDefault();

    // Delete all the order_details that have  
    // this Order as a foreign key  
    foreach (var detail in ord.Order_Details.ToList())
    {
        context.Order_Details.Remove(detail);
    }

    // Now it's safe to delete the order.  
    context.Orders.Remove(ord);
    context.SaveChanges();

    // Update the data grid.  
    ordViewSource.View.Refresh();
}

private void DeleteOrderCommandHandler(object sender, ExecutedRoutedEventArgs e)
{
    // Get the Order in the row in which the Delete button was clicked.  
    Order obj = e.Parameter as Order;
    Delete_Order(obj);
}

アプリケーションの実行

デバッグを開始するには、F5 キーを押します。 顧客データと注文データがグリッドに表示され、ナビゲーション ボタンは期待どおりに動作します。 データの入力後に [コミット] をクリックすると、新しい顧客または注文がモデルに追加されます。 [キャンセル] をクリックすると、データを保存せずに、新しい顧客フォームまたは新しい注文フォームから戻ることができます。 テキスト ボックスで既存の顧客や注文を直接編集することができ、それらの変更は自動的にモデルに書き込まれます。