プロジェクトおよびソリューションのプロパティの管理

適用対象:yesVisual Studio for Mac noVisual Studio

プロジェクト オプション

プロジェクト オプションは各プロジェクトに固有の設定で、プロジェクトの作成、ビルド、実行に影響があります。 ユーザー固有の設定である Visual Studio for Mac 基本設定とは異なり、プロジェクト オプションはプロジェクト ファイル (.csproj) に保存されるので、他の開発者がプロジェクトを正しくビルドし、実行できます。 プロジェクトのオプションを指定すると、多数の開発者が正しいファイルの書式で同じドキュメントを編集できます。

Visual Studio for Mac の [プロジェクト オプション] を開くには、プロジェクト名をダブルクリックするか、右クリックしてコンテキスト メニューを開き、[オプション] を選択します。

Option in Context Menu

編集可能なオプションとして、ソース コードのビルド、実行、および設定のオプションと、バージョン コントロールのオプションがあります。

[プロジェクト オプション] は 5 つのカテゴリに分かれています。

  • 全般 - 名前、説明、既定の名前空間などのプロジェクト情報と、プロジェクトの場所を設定します。
  • ビルド - ポータブル クラス ライブラリの PCL プロファイルを設定または変更するために使用されます。 また、カスタム コマンド、構成、コンパイラのオプションを設定できます。 出力パスとアセンブリ名も設定できます。
  • 実行 - プロジェクトごとにカスタムの実行構成を作成するために使用されます。
  • ソース コード - さまざまなファイルの種類と名前付け規則の書式を制御します。 また、名前付けポリシーと既定のヘッダー スタイルも設定できます。
  • バージョン管理 - プロジェクトでバージョン管理を使用するときのコミット メッセージのスタイルを設定するためのオプション。

各プロジェクトには、プラットフォームごとに異なるプロジェクト オプションを含めることができます。 たとえば、次の図のような Xamarin.Android プロジェクトの場合、Android ビルドに関連するオプション (リンカー オプションなど) や、アプリケーションに関連するオプション (アクセス許可など) があります。

Android Project Options

Xamarin.iOS には、バンドルの署名に関連するオプション (使用する必須のプロビジョニング プロファイルなど) があります。

iOS Project Options

ソリューション オプション

ソリューション オプションは、プロジェクト オプションと似ていますが、スコープはソリューション全体です。 ソリューション オプションでは、作成者情報、ビルド設定、コードの書式スタイル、バージョン管理を設定できます。また、ソリューションのスタートアップ プロジェクトを割り当てることもできます。 [ソリューション オプション] ダイアログには、[プロジェクト] > [ソリューション オプション] メニュー項目からアクセスするか、[ソリューション] ウィンドウの [ソリューション] のコンテキスト メニュー項目である [オプション] からアクセスするか、[ソリューション] ウィンドウの [ソリューション] をダブルクリックすることでアクセスできます。

Solution Options

関連項目