Share via


プログラムによって Word テーブルに行と列を追加する

Microsoft Office Word の表では、セルが行と列に編成されます。 表に行を追加するには、Rows オブジェクトの Add メソッドを使用し、列を追加するには Columns オブジェクトの Add メソッドを使用します。

適用対象: このトピックの情報は、Word のドキュメント レベルのプロジェクトおよび VSTO アドインのプロジェクトに適用されます。 詳細については、「Office アプリケーションおよびプロジェクトの種類別の使用可能な機能」を参照してください。

ドキュメント レベルのカスタマイズの例

次のコード例はドキュメント レベルのカスタマイズで使用できます。 これらの例を使用するには、プロジェクトの ThisDocument クラスからコードを実行します。 これらの例は、カスタマイズに関連するドキュメントに、少なくとも 1 つの表が既にあることを前提としています。

重要

このコードは、次のいずれかのプロジェクト テンプレートを使用して作成したプロジェクトでのみ実行されます。

表に行を追加するには

  1. Add メソッドを使用して表に行を追加します。

    this.Tables[1].Rows.Add(this.Tables[1].Rows[1]);
    

表に列を追加するには

  1. Add メソッドを使用し、次に DistributeWidth メソッドを使用してすべての列を同じ幅にします。

    this.Tables[1].Columns.Add(this.Tables[1].Columns[1]); 
    this.Tables[1].Columns.DistributeWidth();
    

VSTO アドインの例

次のコード例は VSTO アドインで使用できます。 これらの例を使用するには、プロジェクトの ThisAddIn クラスからコードを実行します。 これらの例は、作業中のドキュメントに少なくとも 1 つの表が既にあることを想定しています。

重要

このコードは、Word VSTO アドイン テンプレートを使用して作成したプロジェクトでのみ実行されます。

他の種類のプロジェクトでこのタスクを実行する場合は、Microsoft.Office.Interop.Word アセンブリへの参照を追加しなければならず、そのアセンブリのクラスを使用して表に行と列を追加する必要があります。 詳細については、「方法: プライマリ相互運用機能アセンブリを使用して Office アプリケーションを対象にする」と Word 2010 プライマリ相互運用機能アセンブリのリファレンスを参照してください。

表に行を追加するには

  1. Add メソッドを使用して表に行を追加します。

    this.Application.ActiveDocument.Tables[1].Rows.Add(
        this.Application.ActiveDocument.Tables[1].Rows[1]);
    

表に列を追加するには

  1. Add メソッドを使用し、次に DistributeWidth メソッドを使用してすべての列を同じ幅にします。

    this.Application.ActiveDocument.Tables[1].Columns.Add(
        this.Application.ActiveDocument.Tables[1].Columns[1]);
    this.Application.ActiveDocument.Tables[1].Columns.DistributeWidth();