Microsoft Viva セールスのインストール

Outlook 用のViva セールス アドインを展開してインストールするには、Microsoft 365 管理者である必要があります。 Teams のViva セールスを展開してインストールするには、Teams 管理者である必要があります。

Viva セールスを統合アプリとして複数のプラットフォームにインストールすることも、1 つのプラットフォーム上に個別のアドインとしてインストールすることもできます。 どちらの方法を選択した場合でも、Microsoft 365 管理センターから開始するか、AppSource をMicrosoftして Outlook にインストールし、ユーザーを割り当てることができます。 AppSource から開始すると、Microsoft 365 管理センターでのインストールが完了します。 いずれの場合も、管理者がインストールして、パフォーマンスと使いやすさを最大限に高めておくことをお勧めします。

アドインは Teams で有効になっていますが、インストールされていません。 アプリをインストールしてユーザーを割り当てるには、Microsoft Teams 管理センターに移動し、セットアップ ポリシーを作成する必要があります。 AppSource から Teams 用のViva セールス アプリをインストールする場合は、ユーザー用ではなく、個人用スコープにのみインストールします。

注:

  • ユーザーが Salesforce を使用している場合は、Microsoft Power Platform がブロックされていないことを確認します。 その状態は、Salesforce の [接続済みアプリの OAuth 使用状況] ページで確認できます。
  • アドインがユーザーに表示されるまでに最大で 24 時間かかることがあります。

Viva セールスを使用するために必要な特権

Viva セールスは、組織の既存の CRM アクセス制御とユーザーアクセス許可を適用します。 ユーザーは、VIVA セールスから CRM システムでレコードを表示、更新、作成するための適切なアクセス許可を持っている必要があります。

Dynamics 365 のお客様に必要な追加の特権

すぐに使用できる Salesperson と Sales Manager のセキュリティ ロールを使用している場合、Viva の販売特権は自動的に追加されます。 カスタム セキュリティ ロールを使用している場合、Viva セールスを使用するには、カスタム セキュリティ ロールに次の権限を割り当てる必要があります。

Table 機能 権限
タグ付きレコード 外部連絡先を一致させ、自動的に CRM 連絡先に接続します。 作成、読み取り、書き込み、削除、追加、追加
CRM 接続 Dynamics 365 インスタンスへの接続を作成します。 作成、読み取り、書き込み、削除、追加、追加
注: マークされた顧客にメモを作成、更新、関連付けます。 作成、読み取り、書き込み、削除、追加、追加
User Dynamics 365 で接続を作成します。 ユーザーの読み取り

Viva セールスの使用方法

ユーザー用のViva セールスをインストールした後、ユーザーは Outlook と Teams で使用を開始できます。 Viva セールスの使用方法については、次を参照してください。

関連項目

Microsoft 365 管理センターから Microsoft Viva セールスをインストールする
AppSource から Microsoft Viva セールスをインストールする
Teams に Microsoft Viva セールスをインストールしてピン留めする