PFND3DDDI_SIGNALSYNCHRONIZATIONOBJECTFROMGPUCBコールバック関数 (d3dumddi.h)

pfnSignalSynchronizationObjectFromGpuCb は、監視対象のフェンスを通知するために使用されます。 特定のグラフィックス処理装置 (GPU) エンジンが、GPU 仮想アドレスを使用して新しい監視フェンス値を直接書き込めできない場合、ドライバーはコマンド バッファーをフラッシュし、 pfnSignalSynchronizationObjectFromGpu2Cb を使用して GPU パケットから信号を発行する必要があります。 Windows ディスプレイ ドライバー モデル (WDDM) v2 ドライバーの場合、既存 の pfnSignalSynchronizationObjectCb コールバックと pfnSignalSynchronizationObject2Cb コールバックは非推奨となり、最終的には削除されます。 WDDM v2 ユーザー モード ドライバーは、すべての同期オブジェクトの種類をサポートしているため、 pfnSignalSynchronizationObjectFromGpuCb に切り替える必要があります。

構文

PFND3DDDI_SIGNALSYNCHRONIZATIONOBJECTFROMGPUCB Pfnd3dddiSignalsynchronizationobjectfromgpucb;

HRESULT Pfnd3dddiSignalsynchronizationobjectfromgpucb(
  HANDLE hDevice,
  const D3DDDICB_SIGNALSYNCHRONIZATIONOBJECTFROMGPU *unnamedParam2
)
{...}

パラメーター

hDevice

ディスプレイ デバイスへのハンドル。

unnamedParam2

pData [in]

要求された操作の詳細を提供する D3DDDICB_SIGNALSYNCHRONIZATIONOBJECTFROMGPU 構造体へのポインター。

戻り値

このコールバック関数が成功すると、 S_OKが返されます。 それ以外の場合は、 HRESULT エラー コードが返されます。

注釈

この関数セマンティクスは、既存 の pfnSignalSynchronizationObject2Cb 呼び出しに似ています。 さらに、この関数は、監視対象のフェンス オブジェクトと、監視対象のフェンス値の配列をサポートしてシグナルを送信します。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 10
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2016
対象プラットフォーム デスクトップ
Header d3dumddi.h (D3dumddi.h を含む)

こちらもご覧ください

D3DDDICB_SIGNALSYNCHRONIZATIONOBJECTFROMGPU

pfnSignalSynchronizationObject2Cb

pfnSignalSynchronizationObjectCb

pfnSignalSynchronizationObjectFromGpu2Cb