FsRtlNumberOfRunsInLargeMcb 関数 (ntifs.h)

FsRtlNumberOfRunsInLargeMcb ルーチンは、マップ制御ブロック (MCB) の実行数を返します。

構文

ULONG FsRtlNumberOfRunsInLargeMcb(
  PLARGE_MCB Mcb
);

パラメーター

Mcb

検査対象の MCB を提供します。

戻り値

入力 MCB によってマップされた個別の実行の数を返します。

注釈

FsRtlNumberOfRunsInLargeMcb は、MCB によってマップされた個別の実行の数を返します。

実行には、マッピングまたは穴を指定できます。 マッピングは、対応する論理ブロック番号 (LBN) の範囲にマップされる VBN の連続範囲です。 マッピングは重複できません。 は、2 つのマッピングの間にあるマップされていない VBN の連続範囲です。 マップされた VBN の範囲内では、すべての VBN が 1 つのマッピングまたは穴に属します。

メモ LBN の上位 32 ビットは無視されます。 下位 32 ビットのみが使用されます。
 
FsRtlNumberOfRunsInLargeMcb は 、両方の種類の実行をカウントします。 たとえば、VBN 0 と VBN 3 のみのマッピングを含む MCB には、VBN 0 用に 1 つ、VBN 1 と VBN 2 をカバーする穴用に 1 つ、VBN 3 用の 3 つの実行があります。

必要条件

   
対象プラットフォーム ユニバーサル
Header ntifs.h (Ntifs.h を含む)
Library NtosKrnl.lib
[DLL] NtosKrnl.exe
IRQL <= APC_LEVEL

こちらもご覧ください

FsRtlAddLargeMcbEntry

FsRtlGetNextLargeMcbEntry

FsRtlInitializeLargeMcb

FsRtlLookupLargeMcbEntry

FsRtlLookupLastLargeMcbEntry

FsRtlLookupLastLargeMcbEntryAndIndex

FsRtlRemoveLargeMcbEntry

FsRtlSplitLargeMcb

FsRtlTruncateLargeMcb

FsRtlUninitializeLargeMcb