PPO_ENUMERATE_INTERRUPT_SOURCE_CALLBACK コールバック関数 (pep_x.h)

EnumerateInterruptSource コールバック ルーチンは、割り込みソースに関する情報をプラットフォーム拡張プラグイン (PEP) に提供します。

構文

PPO_ENUMERATE_INTERRUPT_SOURCE_CALLBACK PpoEnumerateInterruptSourceCallback;

BOOLEAN PpoEnumerateInterruptSourceCallback(
  [in] PVOID CallbackContext,
  [in] PPEP_UNMASKED_INTERRUPT_INFORMATION InterruptInformation
)
{...}

パラメーター

[in] CallbackContext

コールバック コンテキストへのポインター。 PEP は、割り込みソースの列挙を開始 した EnumerateUnmaskedInterrupts 呼び出しで、このポインター値をパラメーターとして指定しました。

[in] InterruptInformation

割り込みソースに関する情報を含む PEP_UNMASKED_INTERRUPT_INFORMATION 構造体へのポインター。

戻り値

EnumerateInterruptSource コールバック ルーチンが TRUE を返した場合、EnumerateUnmaskedInterrupts は列挙可能な割り込みを増やしながら、EnumerateInterruptSource コールバック ルーチンを引き続き呼び出します。 EnumerateInterruptSource コールバック ルーチンが FALSE を返す場合、EnumerateUnmaskedInterrupts は割り込みを列挙せずに返します。

注釈

このコールバック ルーチンは PEP によって実装され、Windows 電源管理フレームワーク (PoFx) によって呼び出されます。 EnumerateUnmaskedInterrupts ルーチンのコールバック パラメーターは、EnumerateInterruptSource コールバック ルーチンへのポインターです。

PEP が EnumerateUnmaskedInterrupts を 呼び出してマスクされていない割り込みソースを列挙した後、PoFx は、マスクされていない割り込みソースごとに PEP の EnumerateInterruptSource コールバック ルーチンを 1 回呼び出します。 EnumerateUnmaskedInterrupts は、 EnumerateInterruptSource コールバック ルーチンの最後の呼び出しが完了した後にのみ返されます。

EnumerateInterruptSource コールバック ルーチンは、列挙コールバックを開始する EnumerateUnmaskedInterrupts に対する PEP の呼び出しと同じ IRQL で呼び出されます。

要件

   
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー pep_x.h (Pep_x.h を含む)
IRQL 「解説」を参照してください。

こちらもご覧ください

PEP_UNMASKED_INTERRUPT_INFORMATION

EnumerateUnmaskedInterrupts