printoem.h ヘッダー

このヘッダーは、印刷で使用されます。 詳細については、次を参照してください。

印刷デバイス

printoem.h には、次のプログラミング インターフェイスが含まれています。

関数

 
GET_PSCRIPT5_PRIVATE_DEVMODE_SIZE

PScript5 のプライベート DEVMODE 構造体を返し、プラグインがそのサイズを決定できるようにします。
GET_UNIDRV_PRIVATE_DEVMODE_SIZE

PScript5 のプライベート DEVMODE 構造体を返し、プラグインがそのサイズを決定できるようにします。
OEMAlphaBlend

OEMAlphaBlend 関数について説明します。
OEMBitBlt

OEMBitBlt 関数は、デバイスで管理されるサーフェイス間、GDI で管理された標準形式ビットマップ間、またはデバイスで管理されるサーフェイスと GDI で管理される標準形式ビットマップの間で、一般的なビット ブロック転送機能を提供します。
OEMCommand

OEMCommand 関数について説明します。
OEMCommandCallback

OEMCommandCallback 関数について説明します。
OEMCommonUIProp

OEMCommonUIProp 関数について説明します。
OEMCompression

OEMCompression 関数について説明します。
OEMCopyBits

OEMCopyBits 関数は、デバイスで管理されるラスター サーフェスと GDI 標準形式のビットマップ間の変換を実行します。
OEMDeviceCapabilities

OEMDeviceCapabilities 関数について説明します。
OEMDevicePropertySheets

OEMDevicePropertySheets 関数について説明します。
OEMDevMode

OEMDevMode 関数について説明します。
OEMDevQueryPrintEx

OEMDevQueryPrintEx 関数について説明します。
OEMDisableDriver

この関数は、現在使用されていません。
OEMDisablePDEV

この関数 (OEMDisablePDEV) は廃止されています。
OEMDitherColor

OEMDitherColor 関数は、デバイス パレットに対してディザリングされたブラシを作成するようにデバイスに要求します。
OEMDocumentPropertySheets

OEMDocumentPropertySheets 関数について説明します。
OEMDownloadCharGlyph

OEMDownloadCharGlyph 関数について説明します。
OEMDownloadFontHeader

OEMDownloadFontHeader 関数について説明します。
OEMDriverDMS

OEMDriverDMS 関数について説明します。
OEMEnableDriver

OEMEnableDriver 関数について説明します。
OEMEnablePDEV

OEMEnablePDEV 関数について説明します。
OEMEndDoc

OEMEndDoc 関数は、レンダリングのためにドライバーへのドキュメントの送信が完了すると、GDI によって呼び出されます。
OEMEscape

OEMEscape 関数は、デバイスに依存しないデバイス ドライバー インターフェイスで使用できないデバイスから情報を取得します。特定のクエリは、iEsc パラメーターの値によって異なります。
OEMFillPath

OEMFillPath 関数は、閉じたパスの入力を処理します。
OEMFilterGraphics

OEMFilterGraphics 関数について説明します。
OEMFontInstallerDlgProc

OEMFontInstallerDlgProc 関数について説明します。
OEMFontManagement

OEMFontManagement 関数は、PostScript デバイス用に提供される省略可能なエントリ ポイントです。
OEMGetGlyphMode

OEMGetGlyphMode 関数は、グリフ情報をキャッシュする方法を GDI に通知します。
OEMGetInfo

OEMGetInfo 関数について説明します。
OEMGradientFill

OEMGradientFill 関数は、指定されたプリミティブをシェーディングします。
OEMHalftonePattern

OEMHalftonePattern 関数について説明します。
OEMIcmCreateColorTransform

OEMIcmCreateColorTransform 関数は、ICM カラー変換を作成します。
OEMIcmDeleteColorTransform

OEMIcmDeleteColorTransform 関数は、指定した色変換を削除します。
OEMImageProcessing

OEMImageProcessing 関数について説明します。
OEMLineTo

OEMLineTo 関数は、単一の実線の整数のみの化粧品線を描画します。
OEMMemoryUsage

この関数 (OEMMemoryUsage) は廃止されています。
OEMNextBand

OEMNextBand 関数は、ドライバーがプリンターにバンドを送信できるように、物理ページのバンドの描画が完了したときに GDI によって呼び出されます。
OEMOutputCharStr

この関数 (OEMOutputCharStr) は廃止されています。
OEMPaint

OEMPaint 関数は古く、Windows 2000 以降では GDI によって呼び出されなくなりました。 DrvPaint を参照してください。
OEMPDriverEvent

OEMPDriverEvent 関数について説明します。
OEMPlgBlt

OEMPlgBlt 関数は、デバイスで管理されるサーフェスと GDI で管理されるサーフェイスの組み合わせ間でビット ブロック転送機能を回転します。
OEMPrinterEvent

OEMPrinterEvent 関数について説明します。
OEMQueryAdvanceWidths

OEMQueryAdvanceWidths 関数は、指定したグリフのセットの文字の進み幅を返します。
OEMQueryColorProfile

OEMQueryColorProfile 関数について説明します。
OEMQueryDeviceSupport

OEMQueryDeviceSupport 関数は、要求されたデバイス固有の情報を返します。
OEMQueryFont

OEMQueryFont 関数は、特定のフォントの IFIMETRICS 構造体を取得するために GDI によって使用されます。
OEMQueryFontData

OEMQueryFontData 関数は、実現されたフォントに関する情報を取得します。
OEMQueryFontTree

OEMQueryFontTree 関数は、グリフとカーニング ハンドルのマッピングを定義する構造体へのポインターを GDI に提供します。
OEMRealizeBrush

OEMRealizeBrush 関数は、ドライバーが指定したサーフェスの指定したブラシを実現することを要求します。
OEMResetPDEV

OEMResetPDEV 関数について説明します。
OEMSendFontCmd

この関数 (OEMSendFontCmdSW) は廃止されています。
OEMSendPage

OEMSendPage 関数は、ドライバーがプリンターにページを送信できるように、物理ページの描画が完了したときに GDI によって呼び出されます。
OEMStartBanding

OEMStartBanding 関数は、レンダリングのためにドライバーに物理ページのバンドの送信を開始する準備ができたときに GDI によって呼び出されます。
OEMStartDoc

OEMStartDoc 関数は、レンダリングのためにドライバーにドキュメントの送信を開始する準備ができたときに GDI によって呼び出されます。
OEMStartPage

OEMStartPage 関数は、レンダリングのためにドライバーに物理ページの内容の送信を開始する準備ができたときに GDI によって呼び出されます。
OEMStretchBlt

OEMStretchBlt 関数は、デバイスで管理されるサーフェスと GDI で管理されるサーフェスの任意の組み合わせ間で、ビット ブロック転送機能を拡張します。
OEMStretchBltROP

OEMStretchBltROP 関数は、ラスター演算 (ROP) を使用してストレッチ ビット ブロック転送を実行します。
OEMStrokeAndFillPath

OEMStrokeAndFillPath 関数は、同時にパスをストロークして塗りつぶします。
OEMStrokePath

OEMStrokePath 関数はパスをストロークします。
OEMTextOut

OEMTextOut 関数は、指定した位置にグリフのセットをレンダリングするためにドライバーを呼び出します。
OEMTextOutAsBitmap

OEMTextOutAsBitmap 関数について説明します。
OEMTransparentBlt

OEMTransparentBlt 関数は、透明性を備えたビット ブロック転送機能を提供します。
OEMTTDownloadMethod

OEMTTDownloadMethod 関数について説明します。
OEMTTYGetInfo

OEMTTYGetInfo 関数について説明します。
OEMUpdateExternalFonts

OEMUpdateExternalFonts 関数について説明します。
OEMUpgradePrinter

OEMUpgradePrinter 関数について説明します。
OEMUpgradeRegistry

OEMUpgradeRegistry 関数について説明します。

コールバック関数

 
OEMCUIPCALLBACK

OEMCUIPCALLBACK 関数型は、ユーザー インターフェイス プラグインの IPrintOemUI::CommonUIProp メソッドによって指定されるコールバック関数を定義するために使用されます。 構造は printoem.h で定義されています。
PFN_DrvGetDriverSetting

DrvGetDriverSetting 関数は廃止されました。
PFN_DrvGetStandardVariable

この DrvGetStandardVariable 関数は廃止されています。
PFN_DrvUnidriverTextOut

DrvUnidriverTextOut 関数は廃止されました。
PFN_DrvUpdateUISetting

DrvUpdateUISetting 関数は廃止されました。
PFN_DrvUpgradeRegistrySetting

DrvUpgradeRegistrySetting 関数は廃止されました。
PFN_DrvWriteAbortBuf

DrvWriteAbortBuf 関数は廃止されました。
PFN_DrvWriteSpoolBuf

この関数ポインターが指す DrvWriteSpoolBuf 関数は古い形式になっています。
PFN_DrvXMoveTo

DrvXMoveTo 関数は廃止されました。
PFN_DrvYMoveTo

DrvYMoveTo 関数は廃止されました。
PFNGETINFO

UNIFONTOBJ_GetInfo コールバック関数は、レンダリング プラグインがフォントまたはグリフ情報を取得できるように、Unidrv ドライバーによって提供されます。

構造体

 
DEVOBJ

DEVOBJ 構造体は、レンダリング プラグインのいくつかの COM インターフェイス メソッドへの入力引数として使用されます。
OEMCUIPPARAM

OEMCUIPPARAM 構造体は、ユーザー インターフェイス プラグインの IPrintOemUI::CommonUIProp メソッドへの入力パラメーターとして使用されます。
CUSTOMSIZEPARAM

CUSTOMSIZEPARAM 構造体は、プリンターの単一のカスタム・ページ・サイズ・パラメーターに関する情報を保持します。
DRVPROCS

DRVPROCS 構造体は古く、Microsoft プリンター ドライバーの COM インターフェイスでは使用されません。
FINVOCATION

FINVOCATION 構造体は、IPrintOemUni::SendFontCmd メソッドへの入力として使用されます。 構造は printoem.h で定義されています。
GETINFO_FONTOBJ

GETINFO_FONTOBJ構造体は、UNIFONTOBJ_GetInfo コールバック関数への入力として使用されます。
GETINFO_GLYPHBITMAP

GETINFO_GLYPHBITMAP構造体は、UNIFONTOBJ_GetInfo コールバック関数への入力として使用されます。
GETINFO_GLYPHSTRING

GETINFO_GLYPHSTRING構造体は、UNIFONTOBJ_GetInfo コールバック関数への入力として使用されます。
GETINFO_GLYPHWIDTH

GETINFO_GLYPHWIDTH構造体は、UNIFONTOBJ_GetInfo コールバック関数への入力として使用されます。
GETINFO_MEMORY

GETINFO_MEMORY構造体は、UNIFONTOBJ_GetInfoコールバック関数への入力として使用されます。
GETINFO_STDVAR

GETINFO_STDVAR構造体は、UNIFONTOBJ_GetInfo コールバック関数への入力として使用されます。
IPPARAMS

IPPARAMS 構造体は、レンダリング プラグインの IPrintOemUni::ImageProcessing メソッドへの入力パラメーターとして使用されます。
OEM_DMEXTRAHEADER

OEM_DMEXTRAHEADER構造体を使用して、一連のプライベート DEVMODEW 構造体メンバーの最初のメンバーを定義する必要があります。
OEMDMPARAM

OEMDMPARAM 構造体は、IPrintOemUI::D evMode、IPrintOemUni::D evMode、および IPrintOemPS::D evMode メソッドへの入力パラメーターとして使用されます。
OEMMEMORYUSAGE

OEMMEMORYUSAGE 構造体は、レンダリング プラグインの IPrintOemUni::MemoryUsage メソッドへの入力パラメーターとして使用されます。
OEMUIOBJ

OEMUIOBJ 構造体は、ユーザー インターフェイス プラグインによってエクスポートされるいくつかのメソッドへの入力引数として使用されます。
OEMUIPROCS

OEMUIPROCS 構造体は廃止されています。OEMUIPROCS 構造体には、Microsoft プリンター ドライバーによってエクスポートされる DrvGetDriverSetting 関数と DrvUpdateUISetting 関数のアドレスが含まれています。
OEMUIPSPARAM

OEMUIPSPARAM 構造体は、ユーザー インターフェイス プラグインの IPrintOemUI::D evicePropertySheets および IPrintOemUI::D ocumentPropertySheets メソッドに渡されます。
PDEV_ADJUST_GRAPHICS_RESOLUTION

PDEV_ADJUST_GRAPHICS_RESOLUTION構造体は、グラフィックス解像度の値を指定します。
PDEV_ADJUST_IMAGEABLE_ORIGIN_AREA

PDEV_ADJUST_IMAGEABLE_ORIGIN_AREA構造体は、イメージ可能な原点領域を指定します。
PDEV_ADJUST_PAPER_MARGIN

PDEV_ADJUST_PAPER_MARGIN構造体は、イメージ可能な印刷領域を指定します。
PDEV_ADJUST_PHYSICAL_PAPER_SIZE

PDEV_ADJUST_PAPER_PHYSICAL_SIZE構造体では、用紙サイズの値を指定します。
PDEV_HOSTFONT_ENABLED

PDEV_HOSTFONT_ENABLED構造体は、Hostfont 機能が有効かどうかを示します。
PDEV_USE_TRUE_COLOR

PDEV_USE_TRUE_COLOR構造体は、出力色空間をカラーとグレースケールのどちらにするかを示します。
PSCRIPT5_PRIVATE_DEVMODE

PSCRIPT5_PRIVATE_DEVMODE構造体を使用すると、Pscript5 プラグインは Pscript5 の DEVMODEW 構造体のプライベート部分のサイズを決定できます。
PUBLISHERINFO

PUBLISHERINFO 構造体は、IPrintOemPS::GetInfo メソッドへの入力パラメーターとして使用されます。
SIMULATE_CAPS_1

SIMULATE_CAPS_1構造体には、スプーラーがサポートするシミュレーションの種類に関する情報が含まれています。
UNIDRV_PRIVATE_DEVMODE

UNIDRV_PRIVATE_DEVMODE構造により、Unidrv プラグインは Unidrv の DEVMODEW 構造体のプライベート部分のサイズを決定できます。
UNIFONTOBJ

UNIFONTOBJ 構造体は、レンダリング プラグインのフォント関数の入力パラメーターとして使用されます。
Userdata

USERDATA 構造体は、プリンター機能に関する追加情報を指定するために Unidrv と Pscript によって使用されます。 USERDATA 構造体ポインターは、各 OPTITEM 構造体の UserData メンバーとして提供されます。

列挙型

 
EATTRIBUTE_DATATYPE

EATTRIBUTE_DATATYPEは、グローバル属性、特徴属性、またはオプション属性に使用できるデータ型を列挙します。
STDVARIABLEINDEX

STDVARIABLEINDEX 列挙型について説明します。