KIPI_BROADCAST_WORKERコールバック関数 (wdm.h)

IpiGenericCall ルーチンは、すべてのプロセッサで同時に実行されます。

構文

KIPI_BROADCAST_WORKER KipiBroadcastWorker;

ULONG_PTR KipiBroadcastWorker(
  [in] ULONG_PTR Argument
)
{...}

パラメーター

[in] Argument

IpiGenericCall を呼び出した KeIpiGenericCall ルーチンに渡された値を指定します。

戻り値

IpiGenericCall は、ドライバー定義の値を返します。 IpiGenericCallKeIpiGenericCall を呼び出したのと同じプロセッサで実行された場合、KeIpiGenericCallIpiGenericCall が返すドライバー定義の値を返します。 それ以外の場合、値は無視されます。

解説

IpiGenericCall ルーチンは IRQL = IPI_LEVELで実行されます。これは、すべてのデバイスの DIRQL より大きくなります。 IpiGenericCall ルーチンは、バグ チェック コールバック ルーチンと同じ制限を満たす必要があります。 これらの制限の詳細については、「 バグ チェック コールバック ルーチンの記述」を参照してください。

IpiGenericCall コールバック ルーチンを定義するには、まず、定義するコールバック ルーチンの種類を識別する関数宣言を指定する必要があります。 Windows には、ドライバーのコールバック関数の種類のセットが用意されています。 コールバック関数の種類を使用して関数を宣言すると、ドライバー、静的ドライバー検証ツール (SDV)、およびその他の検証ツールのコード分析でエラーが検出され、Windows オペレーティング システムのドライバーを記述するための要件になります。

たとえば、名前付きの MyIpiGenericCallIpiGenericCall コールバック ルーチンを定義するには、次のコード例に示すようにKIPI_BROADCAST_WORKER型を使用します。

KIPI_BROADCAST_WORKER MyIpiGenericCall;

次に、コールバック ルーチンを次のように実装します。

_Use_decl_annotations_
ULONG_PTR
  MyIpiGenericCall(
    ULONG_PTR  Argument
    )
  {
      // Function body
  }

KIPI_BROADCAST_WORKER関数の種類は、Wdm.h ヘッダー ファイルで定義されます。 コード分析ツールを実行するときにエラーをより正確に特定するには、 Use_decl_annotations 注釈を関数定義に追加してください。 Use_decl_annotations注釈により、ヘッダー ファイルのKIPI_BROADCAST_WORKER関数型に適用される注釈が確実に使用されます。 関数宣言の要件の詳細については、「 WDM ドライバーの関数ロール型を使用して関数を宣言する」を参照してください。 Use_decl_annotationsの詳細については、「関数の動作に注釈を付ける」を参照してください。

必要条件

   
対象プラットフォーム デスクトップ
Header wdm.h (Wdm.h、Ntddk.h、Ntifs.h を含む)
IRQL IPI_LEVELで呼び出されます。

関連項目

KeIpiGenericCall