IOMMU_DMA_RESERVED_REGION構造体 (wdm.h)

IOMMU_DMA_RESERVED_REGION構造体は、ドメインの作成時に予約済みとしてマークする必要があるメモリの領域を表します。 この構造体は、IOMMU_DOMAIN_CREATE_EXによって使用 されます

構文

typedef struct _IOMMU_DMA_RESERVED_REGION {
  struct _IOMMU_DMA_RESERVED_REGION *RegionNext;
  IOMMU_DMA_LOGICAL_ADDRESS         Base;
  SIZE_T                            NumberOfPages;
  BOOLEAN                           ShouldMap;
} IOMMU_DMA_RESERVED_REGION, *PIOMMU_DMA_RESERVED_REGION;

メンバー

RegionNext

次の予約リージョンへのポインターを提供します。

Base

予約するリージョンのベース アドレスを提供します。 ページアラインされている必要があります。

NumberOfPages

予約するページの数を提供します。

ShouldMap

予約リージョンを ID マップする必要があるかどうかを示します。 そうでない場合、リージョンはドメインのページ テーブルにまったくマップされません。

注釈

作成されるドメインに論理アロケーターがある場合、論理アドレス範囲も論理アロケーター内で予約済みとしてマークされます。

要件

   
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2022
Header wdm.h (Wdm.h を含む)

こちらもご覧ください

IOMMU_DOMAIN_CREATE_EX