Use local resources on Hyper-V virtual machine with VMConnect

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows 11、Windows 10、Windows 8.1

仮想マシン接続 (VMConnect) を使用すると、コンピューターのローカル リソース (リムーバブル USB フラッシュ ドライブやプリンターなど) を仮想マシンで使用できます。 拡張セッション モードでは、VMConnect ウィンドウのサイズを変更することもできます。 この記事では、ホストを構成し、仮想マシンにローカル リソースへのアクセス権を付与する方法について説明します。

拡張セッション モードと [クリップボードからテキストを入力] は、最新の Windows オペレーティング システムを実行している仮想マシンでのみ使用できます。 (以下の「ローカル リソースを使用するための要件」を参照してください。)

Ubuntu を実行する仮想マシンでは、次を参照してください。 Hyper-v VM の Ubuntu 画面の解像度を変更するです。

Hyper-V ホストで拡張セッション モードを有効にする

Hyper-V ホストで Windows 10 または Windows 8.1 が実行されている場合、拡張セッション モードは既定で有効になっているため、これをスキップして次のセクションに進むことができます。 ただし、ホストで Windows Server 2016 または Windows Server 2012 R2 が実行されている場合は、最初にこれを行ってください。

拡張セッション モードを有効にする:

  1. 仮想マシンをホストするコンピューターに接続します。

  2. HYPER-V マネージャーでは、ホストのコンピューター名を選択します。

    ホスト コンピューター名のスクリーン ショットは、左側のウィンドウでは、HYPER-V マネージャーで下に表示します。

  3. [Hyper-V の設定] を選択します。

    右側のウィンドウで 操作の HYPER-V 設定 オプションを示すスクリーン ショット。

  4. [サーバー] で、 [拡張セッション モード ポリシー] を選択します。

    [セキュリティ] セクションの拡張セッション モード ポリシー オプションを示すスクリーン ショット。

  5. [拡張セッション モードを許可する] チェック ボックスをオンにします。

    許可する のスクリーン ショットには、拡張セッション モード ポリシーのセッション モードのチェック ボックスが強化されています。

  6. [ユーザー] で、 [拡張セッション モード] を選択します。

    [ユーザー] セクションの拡張セッション モードのオプションを示すスクリーンショット。

  7. [拡張セッション モードを許可する] チェック ボックスをオンにします。

  8. [OK] をクリックします。

ローカル リソースを選択する

ローカル リソースには、VMConnect を実行しているコンピューター上のプリンター、クリップボード、およびローカル ドライブが含まれます。 詳細については、以下の「ローカル リソースを使用するための要件」を参照してください。

ローカル リソースを選択するには:

  1. VMConnect を開きます。

  2. 接続先の仮想マシンを選択します。

  3. [オプションの表示] をクリックします。

    ダイアログ ボックスの左下にあるオプションを表示 を呼び出すスクリーン ショット。

  4. [ローカル リソース] を選択します。

    ローカル リソース タブを呼び出すスクリーン ショット。

  5. [その他] をクリックします。

    [詳細] ボタンを呼び出すスクリーン ショット。

  6. 仮想マシンで使用するドライブを選択し、 [OK] をクリックします。

    ローカル リソースおよび選択したドライブを示すスクリーン ショット。

  7. [今後この仮想マシンに接続するときのために設定を保存する] チェック ボックスをオンにします。

    このオプションを選択する チェック ボックスを呼び出すスクリーン ショット。

  8. [接続] をクリックします。

VMConnect の設定を編集する

Windows PowerShell またはコマンド プロンプトで次のコマンドを実行することで、VMConnect の接続設定を簡単に編集できます。

VMConnect.exe <ServerName> <VMName> /edit

注意

管理者特権のコマンド プロンプトが必要になる場合があります。

ローカル リソースを使用するための要件

仮想マシン上のコンピューターのローカル リソースを使用できるようにするには。

  • Hyper-V ホストで [拡張セッション モード ポリシー] および [拡張セッション モード] 設定が有効になっている必要があります。

  • VMConnect を使用するコンピューターでは、Windows 10、Windows 8.1、Windows Server 2016、または Windows Server 2012 R2 が実行されている必要があります。

  • 仮想マシンでは、リモート デスクトップ サービスが有効になっていて、Windows 10、Windows 8.1、Windows Server 2016、または Windows Server 2012 R2 がゲスト オペレーティング システムとして実行されている必要があります。

VMConnect を実行しているコンピューターと仮想マシンの両方が要件を満たしている場合は、次のすべてのローカル リソースを使用できます (使用可能な場合)。

  • ディスプレイの構成

  • オーディオ

  • プリンター

  • クリップボード (コピーと貼り付け用)

  • スマート カード

  • USB デバイス

  • ドライブ

  • サポートされているプラグ アンド プレイ デバイス

コンピューターのローカル リソースを使用する理由

コンピューターのローカル リソースを使用して行います。

  • 仮想マシンへのネットワーク接続がない状態で仮想マシンをトラブルシューティングする。

  • リモート デスクトップ接続 (RDP) を使ってコピーと貼り付けを行う場合と同じ方法で、仮想マシンとの間でファイルをコピーして貼り付ける。

  • スマート カードを使って仮想マシンにサインインする。

  • 仮想マシンからローカル プリンターで印刷する。

  • USB やサウンド リダイレクトを必要とする開発者向けアプリケーションを RDP を使わずにテストおよびトラブルシューティングする。

参照

仮想マシンに接続するHYPER-V でジェネレーション 1 または 2 の仮想マシンを作成するか