Store 登録情報を追加および編集する

Store 登録情報を編集するには、申請の概要ページで言語名をクリックします。 Store 登録情報をエクスポートしてオフラインで作業し、一度にすべてのリスト データをインポートするように選択しない場合は、各言語を個別に編集する必要があります。 このしくみの詳細については、「Store 登録情報のインポートとエクスポート」を参照してください。

使用可能なフィールドについて以下に説明します。

製品名

このドロップダウン ボックスを使用すると、Store 登録情報で使用する名前を指定できます (アプリに複数の名前を予約している場合)。

作業している Store 登録情報と同じ言語でパッケージをアップロードした場合は、それらのパッケージで使用されている名前が選択されます。 既に発行されているアプリの名前を変更する必要がある場合は、新しい名前を使用するパッケージをアップロードした後、新しい申請を作成するときに、ここで別の予約名を選択できます。

作業している言語のパッケージをアップロードしておらず、複数の名前を予約している場合、その言語には、名前を取得する関連付けられたパッケージがないため、予約済みのアプリ名のいずれか 1 つを選択する必要があります。

注意

選択した製品名は、作業中の言語の Store 登録情報にのみ適用されます。 これは、顧客がアプリをインストールするときに表示される名前に影響しません。その名前は、インストールされるパッケージのマニフェストから取得されます。 混乱しないようにするため、各言語のパッケージと Store 登録情報で同じ名前を使用することをお勧めします。

説明

説明フィールドでは、アプリの内容をユーザーに伝えることができます。 このフィールドは必須であり、最大 10,000 文字のプレーンテキストを入力できます。

説明を目立たせるためのヒントについては、「人の心をつかむアプリの説明を書く」をご覧ください。

今回のバージョンでの新機能

初めてアプリを申請する場合、このフィールドは空白のままにしてください。 既存のアプリの更新の場合は、ここで最新のリリースでの変更点をユーザーに知らせることができます。 このフィールドには 1,500 文字の制限があります。 (以前は、このフィールドは [リリース ノート] と呼ばれていました)。

製品の機能

アプリの主な機能の短い概要です。 これらは、アプリの Store 登録情報の [機能] セクションに、[説明] と共に箇条書きの形式で表示されます。 各機能につき短い 1 文 (かつ、200 文字未満) になるようにまとめます。 最大 20 の機能を含めることができます。

注意

これらの機能は、Store 登録情報に箇条書きの項目として表示されるため、独自に行頭文字を追加しないでください。

スクリーンショット

アプリを提出するには、少なくとも 1 つのスクリーンショットが必要です。 ユーザーが自分が使っている種類のデバイスでアプリがどのように表示されるかをイメージできるように、アプリがサポートするデバイスの種類ごとに少なくとも 4 つのスクリーンショットを用意することをお勧めします。

詳しくは、「アプリのスクリーンショットと画像」をご覧ください。

ストア ロゴ

ストア ロゴは、アプリの情報をより適切にユーザーに表示するためにアップロードできるオプションの画像です。 必要に応じて、ここでアップロードした画像のみを、アプリのパッケージからロゴ イメージを使用できるようにするのではなく、Windows 10またはWindows 11 (Xbox を含む) の顧客向けにアプリのストア登録情報で使用するように指定することもできます。

重要

アプリが Xbox をサポートしている場合、または Windows Phone 8.1 以前をサポートしている場合、ストアで登録情報が適切に表示されるようにするには、ここで特定の画像を提供する必要があります。

詳しくは、「ストア ロゴ」をご覧ください。

トレーラーと追加のアセット

トレーラーやプロモーション用の画像など、製品用の追加のアセットを送信することができます。 これらはいずれも省略可能ですが、できるだけ多くの資産のアップロードを検討することをお勧めします。 これらの画像は、より魅力的な登録情報を作成し、製品がどのようなものかをユーザーに知ってもらうために役立ちます。

詳細については、「トレーラーと追加のアセット」を参照してください。

補足フィールド

このセクションのフィールドはすべてオプションです。 以下の情報を確認し、申請でこの情報を提供する意味があるかどうかを判断してください。 特に、ほとんどの申請では簡単な説明をお勧めします。 他のフィールドは、さまざまなシナリオで製品の最適なエクスペリエンスを実現するのに役立つ場合があります。

短いタイトル

製品の名前の短いバージョン。 指定した場合、Xbox One のさまざまな場所 (インストール時や [実績] など) で製品のフル タイトルの代わりにこの短い名前が表示されることがあります。

このフィールドには 50 文字の制限があります。

ソート タイトル

製品のアルファベット表記やスペルが複数ある場合、ここに別のバージョンを入力できます。 これにより、ユーザーが検索時にそのバージョンを入力した場合に製品をすばやく見つけることができるようになります。

このフィールドには 255 文字の制限があります。

音声タイトル

Kinect やヘッドセットを使うときに Xbox One のオーディオ エクスペリエンスで使われる、製品の代替名 (ある場合)。

このフィールドには 255 文字の制限があります。

簡単な説明

製品の Store 登録情報の先頭に使うことができる短くてわかりやすい説明です。 指定しない場合、長い説明の最初の段落 (最大 500 の文字) が代わりに説明されます。 説明はこのテキストの下にも表示されるため、Store 登録情報が繰り返されないように内容が異なる簡単な説明を指定することをお勧めします。

ゲームの場合、簡単な説明は Xbox One のゲーム ハブの [情報] セクションにも表示されることがあります。

最良の結果を得るために、簡単な説明は 270 文字以内にしてください。 このフィールドの文字数制限は 1,000 字ですが、一部のビューでは、最初の 270 文字だけが表示されます (リンクを使用して残りの簡単な説明を表示できます)。

Additional system requirements

必要に応じて、アプリが正常に動作するうえで必要となるハードウェア構成を記述できます (アプリのプロパティ[システム必要条件] セクションに指定した情報以外)。 この情報は、一部のコンピューターでしか使うことができないハードウェアが必要なアプリの場合、特に重要です。 たとえば、3D プリンターやマイクロコントローラーなどの外部 USB ハードウェアがある場合にのみ、アプリケーションが正常に動作する場合は、ここにその情報を入力することをお勧めします。 入力した情報は、製品のプロパティ ページで指定した要件と共に、Windows 10 バージョン 1607 以降 (Xbox を含む) でアプリの Store 登録情報を表示するユーザーに表示されます。

[最小ハードウェア要件][推奨されるハードウェア] の両方に最大 11 個の項目を入力できます。 これらは、Store 登録情報に箇条書きの形式で表示されます。 各項目につき短い 1 文 (かつ、200 文字未満) になるようにまとめます。

注意

追加のシステム要件は、Store 登録情報に箇条書きの項目として表示されるため、独自に行頭文字を追加しないでください。

Store 登録情報 を編集するには、Store 登録情報の概要ページから言語名を選択します。 各言語を個別に編集する必要があります。

ストア登録情報に入力する必要がある詳細の概要を示す [Store 登録情報] セクションのスクリーンショット。

製品名

必須

アプリの名前。 アプリ用に既に予約されている名前である必要があります。

既に発行された後にアプリの名前を変更する必要がある場合は、新しい名前を使用するパッケージへの URL を指定した後、新しい申請を作成するときに、ここで別の予約名を選択できます。

アプリの一覧の説明、製品名の詳細を指定できる [ストアの登録情報] セクションのスクリーンショット。

注意

選択した製品名は、作業中の言語の Store 登録情報にのみ適用されます。 顧客がアプリをインストールするときに表示される名前に影響はありません。その名前は、インストールされるパッケージから取得されます。 混乱を避けるために、各言語のパッケージと Store 登録情報で同じ名前を使用することをお勧めします。

説明

必須
文字制限: 10,000 文字

[説明] フィールドは、アプリの内容を顧客に示します。 詳細については、「人の心をつかむアプリの説明を書く」をご覧ください。

今回のバージョンでの新機能

文字制限: 1,500 文字

初めてアプリを申請する場合、このフィールドは空白のままにしてください。 既存のアプリの更新の場合、ここで最新のリリースでの変更点をユーザーに知らせることができます。

製品の機能

文字制限: 機能あたり 200
機能の制限: 20

アプリの主な機能の短い概要です。 これらは、アプリの Store 登録情報の [機能] セクションに、[説明] と共に箇条書きの形式で表示されます。

注意

ストアでは、各機能が箇条書きリストで自動的に表示されます。 箇条書きを手動で追加しないでください。

スクリーンショット

アプリを提出するには、少なくとも 1 つのスクリーンショットが必要です。 少なくとも 4 つのスクリーンショットを提供することをお勧めします。

詳しくは、「アプリのスクリーンショットと画像」をご覧ください。

ストア ロゴ

ストア ロゴは、アプリの情報をより適切にユーザーに表示するためにアップロードできるオプションの画像です。

詳しくは、「アプリのスクリーンショットと画像」をご覧ください。

補足フィールド

このセクションのフィールドはすべて省略可能ですが、すべてのアプリで簡単な説明をお勧めします。 以下の情報を確認し、申請でこの情報を提供する意味があるかどうかを判断してください。 他のフィールドは、さまざまなシナリオで製品の最適なエクスペリエンスを実現するのに役立つ場合があります。

簡単な説明

推奨
文字制限: 1,000

製品の Store 登録情報の先頭に使うことができる短くてわかりやすい説明です。

簡単な説明が指定されていない場合、ストアではアプリの説明の最初の段落の最初の 100 文字が代わりに使用されます。 説明はこのテキストの下にも表示されるため、Store 登録情報が繰り返されないように内容が異なる簡単な説明を指定することをお勧めします。

簡単な説明は最大 1,000 文字までにできますが、一部のストア ビューには最初の 270 文字だけが表示されます (短い説明全体を表示するリンクと共に)。 最良の結果を得るために、簡単な説明は 270 文字以内にしてください。

アプリ登録情報の短いデクリプションとその他の追加システム要件を提供できる [ストアの登録情報] セクションのスクリーンショット。

Additional system requirements

文字制限: 機能あたり 200
機能の制限: 11

[アプリのプロパティ] ページに表示されていない追加のシステム要件を指定します。

このフィールドは、一部のコンピューターでしか使うことができないハードウェアが必要なアプリの場合、特に重要です。 たとえば、アプリに 3D プリンターまたはウェアラブル デバイスが必要な場合は、ここにそれらの要件を入力します。 入力した情報は、製品のプロパティ ページで指定した要件と共に、アプリの Store 登録情報を表示するユーザーに表示されます。

注意

ストアでは、各機能が箇条書きリストで自動的に表示されます。 箇条書きを手動で追加しないでください。

ストア登録情報を編集するには、アドオンの申請の概要ページで言語名をクリックします。 言語ごとに入力できる情報は次のとおりです。

タイトル

ここにはタイトルを入力します。これは、このアドオンの名前としてユーザーに表示されます。 タイトルは、最大 100 文字入力できます。

説明

タイトルより多くの情報を表示する場合、ここに最大 200 文字入力することができます。 このフィールドは省略可能です。

アイコン

ユーザーに表示できる画像を指定するオプションもあります。 このアイコンは、ちょうど 300 x 300 ピクセルの .png ファイルにする必要があります。