Windows App SDK の Windows UI ライブラリ (WinUI 3)

WinUI 3 は、(完全に Windows 10 以降の SDK から切り離された) Windows App SDK に付属するネイティブ UI プラットフォーム コンポーネントです。 Windows App SDK には、Windows 10 以降を対象とした実稼働デスクトップ アプリを作成し、Microsoft Store に公開するために使用できる、API とツールの統合セットが用意されています。

重要

Windows App SDK は、以前は Project Reunion と呼ばれていました。 一部のアセット (VSIX 拡張機能や NuGet パッケージなど) では、引き続きこのコード ネームが使用されています (これらは将来のリリースで名前が変更されます)。

Windows App SDK は、特定のリリースまたはアセットで Project Reunion が引き続き参照されている場合を除き、すべてのドキュメントで使用されます。

WinUI リソース

リリース ノート: Windows App SDK での WinUI 3 に関する詳細については、Windows App SDK の安定チャネルのリリース ノートの「WinUI 3」を参照してください。

GitHub:WinUI は、GitHub でホストされているオープン ソース プロジェクトです。 WinUI リポジトリを使用して、機能リクエストやバグ報告を行ったり、WinUI チームと対話したりできます。WinUI 3 以降のチームの計画をロードマップで確認することもできます。

Web サイト: WinUI Web サイトには、製品の比較と WinUI の利点に関する説明があり、製品と製品チームの最新の動向を常にチェックできます。

使用例

ヒント

詳細、設計ガイダンス、コード例については、「Windows アプリの設計とコーディング」を参照してください。

WinUI 3 ギャラリー アプリと WinUI 2 ギャラリー アプリには、ほとんどの WinUI 3 および WinUI 2 コントロールと機能の対話型の例が含まれています。

既にインストールされている場合は、WinUI 3 ギャラリーまたは WinUI 2 ギャラリーのリンクをクリックして開きます。

インストールされていない場合は、Microsoft Store から WinUI 3 ギャラリーWinUI 2 ギャラリーをダウンロードできます。

GitHub から両方のソース コードを取得することもできます (WinUI 3 の場合は main ブランチ、WinUI 2 の場合は winui2 ブランチを使用します)。

関連項目