空間メッシュ

Spatial mesh

ユーザーは、空間メッシュ視覚エフェクトによって、デバイスがどのように物理的な環境を認識し、理解しているかを学習します。 適切な空間メッシュ視覚エフェクトによって、空間コンテキストを提供しながら、楽しい魔法のようなエクスペリエンスを作成できます。

デザイン上のガイドライン

ユーザーがコンテンツに集中して対話できるようにすることが重要です。 バックグラウンドでの空間メッシュの継続的な視覚エフェクトは、邪魔になる可能性があります。 環境は、控えめに視覚化することをお勧めします。最初の起動時に 1 回だけ表示するか、ユーザーが空間をターゲットにする、またはエアタップして見たいと明らかに意思表示したときのいずれかだけにします。 この動作は、Mixed Reality ポータルで確認できます。

Unity 用の MRTK の空間メッシュ視覚化 (Mixed Reality ツールキット)

MRTK には、空間メッシュ視覚エフェクトに関するいくつかの素材が用意されています。

  • MRTK_Wireframe.mat、MRTK_Wireframe.mat: アニメーションを使用せずにメッシュの輪郭を表示する既定の静的な空間メッシュ素材。 この素材は、空間メッシュ ジオメトリ全体を示すため、デバッグのために役立ちます。 ただし、運用環境では推奨されません。
    Wireframe spatial mesh visualization

  • MRTK_SurfaceReconstruction.mat: この素材は、空間メッシュにアニメーション化されたパルス効果を提供します。 この素材を使用して、特定の時点またはユーザーのエアタップ入力で環境を視覚化できます。 例については、PulseShaderExamples.unity シーンを参照してください。
    Pulse spatial mesh visualization



関連項目