診断システムの構成 - MRTK2

全般設定

Diagnostics General Settings

詳細ログ記録を有効化

詳細 MRTK ログ記録を有効にするかどうかを示します。 これは既定でオフに設定されていますが、詳細なトレースを取得するためにオンにして、MRTK チームが問題をデバッグまたは調査できるようにすることができます。 たとえば、問題を報告するときに、Unity プレーヤーのログを (エディターまたはプレーヤーから) 添付すると、バグや問題の原因を絞り込むことができます。

このオプションは、診断システムが有効になっているかどうかに関係なく、診断システムの下に表示されることに注意してください。なぜなら、これは、ログ オプションですが、MRTK コードベース全体のログ記録に影響を与えるため、最終的にはより高いレベルで機能するためです。

診断を表示

診断システムが構成された診断オプションを表示するかどうかを示します。

無効にすると、構成されているすべての診断オプションが非表示になります。

Profiler の設定

Diagnostics Profiler Settings

Show profiler (Profiler の表示)

Visual Profiler を表示するかどうかを示します。

Frame sample rate (フレーム サンプル レート)

フレームレートの計算のためにフレームを収集する時間 (秒単位)。 範囲は 0 から 5 秒です。

Window anchor (ウィンドウ アンカー)

ビュー ポートのどの部分にプロファイラー ウィンドウを固定するかを指定します。 既定値は [Lower Center] (中央下) です。

Window offset (ウィンドウ オフセット)

ビジュアル プロファイラーを配置する位置のビュー ポートの中心からのオフセット。 オフセットは、"Window anchor (ウィンドウ アンカー)" プロパティの方向になります。

Window scale(ウィンドウ スケール)

プロファイラー ウィンドウに適用されたサイズの乗数。 たとえば、値を 2 に設定すると、ウィンドウのサイズが 2 倍になります。

Window follow speed (ウィンドウのフォロー速度)

ビュー ポート内の可視性を維持するためにプロファイラー ウィンドウを移動する速度。

診断システムのプログラムによる制御

実行時に診断システムとプロファイラーの可視性を切り替えることもできます。 たとえば、次のコードは、診断システムとプロファイラーを非表示にします。

CoreServices.DiagnosticsSystem.ShowDiagnostics = false;

CoreServices.DiagnosticsSystem.ShowProfiler = false;

関連項目