HoloToolkit - MRTK2 からのアップグレード

HoloLens Toolkit (HTK) から Mixed Reality Toolkit (MRTK) への移行に役立つガイドです。

コントローラーとハンド入力

セットアップと構成

メソッド HTK 2017 MRTK v2
ボタンの特定のイベント。関連する場合は入力の種類の情報を含めます。 イベントによって渡されるアクション/ジェスチャ ベースの入力。
セットアップ InputManager をシーンに配置します。 構成プロファイルで入力システムを有効にし、具体的な入力システムの種類を指定します。
構成 インスペクターで、シーン内の個々のスクリプトごとに構成されます。 Mixed Reality 入力システム プロファイルとそれに関連する以下のプロファイルを使って構成されます。

関連するプロファイル:

  • Mixed Reality コントローラー マッピング プロファイル
  • Mixed Reality コントローラー視覚化プロファイル
  • Mixed Reality ジェスチャ プロファイル
  • Mixed Reality 入力アクション プロファイル
  • Mixed Reality 入力アクション ルール プロファイル
  • Mixed Reality ポインター プロファイル

視線プロバイダーの設定はシーン内のメイン カメラ オブジェクトで変更します。

プラットフォーム サポート コンポーネント (Windows Mixed Reality デバイス マネージャーなど) を、対応するサービスのデータ プロバイダーに追加する必要があります。

インターフェイスとイベントのマッピング

一部のイベントには、固有のイベントがなくなり、MixedRealityInputAction が含まれるようになりました。 これらのアクションは、入力アクション プロファイルで指定され、コントローラー マッピング プロファイルの特定のコントローラーとプラットフォームにマップされます。 OnInputDown のようなイベントでは、MixedRealityInputAction の種類を確認する必要があります。

関連する入力システム:

HTK 2017 MRTK v2 アクションのマッピング
IControllerInputHandler IMixedRealityInputHandler<Vector2> タッチパッドかサムスティックにマップされます
IControllerTouchpadHandler IMixedRealityInputHandler タッチパッドにマップされます
IFocusable IMixedRealityFocusHandler
IGamePadHandler IMixedRealitySourceStateHandler
IHoldHandler IMixedRealityGestureHandler ジェスチャ プロファイルのホールドにマップされます
IInputClickHandler IMixedRealityPointerHandler
IInputHandler IMixedRealityInputHandler コントローラーのボタンまたはハンド タップにマップされます
IManipulationHandler IMixedRealityGestureHandler<Vector3> ジェスチャ プロファイルの操作にマップされます
INavigationHandler IMixedRealityGestureHandler<Vector3> ジェスチャ プロファイルのナビゲーションにマップされます
IPointerSpecificFocusable IMixedRealityFocusChangedHandler
ISelectHandler IMixedRealityInputHandler<float> トリガー位置にマップされます
ISourcePositionHandler IMixedRealityInputHandler<Vector3> または IMixedRealityInputHandler<MixedRealityPose> ポインターの位置かグリップの位置にマップされます
ISourceRotationHandler IMixedRealityInputHandler<Quaternion> または IMixedRealityInputHandler<MixedRealityPose> ポインターの位置かグリップの位置にマップされます
ISourceStateHandler IMixedRealitySourceStateHandler
IXboxControllerHandler IMixedRealityInputHandler および IMixedRealityInputHandler<Vector2> さまざまなコントローラー ボタンとサムスティックにマップされます

カメラ

メソッド HTK 2017 MRTK v2
セットアップ MainCamera を削除し、MixedRealityCameraParent / MixedRealityCamera / HoloLensCamera プレハブをシーンに追加する、Mixed Reality Toolkit > [構成] > [Apply Mixed Reality Scene Settings](Mixed Reality シーンの設定を適用する) メニュー項目を使います。 Mixed Reality Toolkit > [Add to Scene and Configure...](シーンに追加して構成する...) により、MixedRealityPlayspace の下で MainCamera が親に設定されます。
構成 カメラ設定の構成はプレハブ インスタンスで実行されます。 カメラ設定は Mixed Reality カメラ プロファイルで構成されます。

音声

キーワード認識

メソッド HTK 2017 MRTK v2
セットアップ シーンに SpeechInputSource を追加します。 キーワード サービス (Windows 音声入力マネージャーなど) を、入力システムのデータ プロバイダーに追加する必要があります。
構成 認識されるキーワードは、SpeechInputSource のインスペクターで構成されます。 キーワードは、Mixed Reality 音声コマンド プロファイルで構成されます。
イベント ハンドラー ISpeechHandler IMixedRealitySpeechHandler

ディクテーション

メソッド HTK 2017 MRTK v2
セットアップ シーンに DictationInputManager を追加します。 ディクテーションのサポートでは、入力システムのデータプロバイダーにサービス (Windows ディクテーション入力マネージャーなど) を追加する必要があります。
イベント ハンドラー IDictationHandler IMixedRealityDictationHandlerIMixedRealitySpeechHandler

空間認識、マッピング

メッシュ型

メソッド HTK 2017 MRTK v2
セットアップ SpatialMapping プレハブをシーンに追加します。 構成プロファイルで空間認識システムを有効にし、空間オブザーバー (Windows Mixed Reality 空間メッシュ オブザーバーなど) を、空間認識システムのデータ プロバイダーに追加します。
構成 インスペクターでシーン インスタンスを構成します。 各空間オブザーバーのプロファイルの設定を構成します。

プレーン

メソッド HTK 2017 MRTK v2
セットアップ SurfaceMeshesToPlanes スクリプトを使います。 実装されていません。

空間理解

メソッド HTK 2017 MRTK v2
セットアップ SpatialUnderstanding プレハブをシーンに追加します。 実装されていません。
構成 インスペクターでシーン インスタンスを構成します。 実装されていません。

限界値

メソッド HTK 2017 MRTK v2
セットアップ BoundaryManager スクリプトをシーンに追加します。 構成プロファイルで境界システムを有効にします。
構成 インスペクターでシーン インスタンスを構成します。 境界の視覚化プロファイルで設定を構成します。

共有

メソッド HTK 2017 MRTK v2
セットアップ 共有サービス: シーンに共有プレハブを追加します。 UNet: SharingWithUNET の例を使用します。 進行中
構成 インスペクターでシーン インスタンスを構成します。 進行中

UX

メソッド HTK 2017 MRTK v2
Button 対話可能なオブジェクト ボタン
対話可能 対話可能なオブジェクト 対話可能
[境界ボックス] 境界ボックス 境界ボックス
アプリ バー アプリ バー アプリ バー
片手での操作 (グラブと移動) HandDraggable 操作ハンドラー
両手での操作 (グラブ/移動/回転/スケール) TwoHandManipulatable 操作ハンドラー
キーボード キーボード プレハブ システム キーボード
ヒント ヒント ヒント
オブジェクト コレクション オブジェクト コレクション オブジェクト コレクション
Solver Solver Solver

Utilities

一部のユーティリティは、ソルバー システムと重複しているものとして調整されています。 必要なスクリプトが不足している場合は、問題を解決してください。

HTK 2017 MRTK v2
Billboard Billboard
Tagalong RadialView または Orbitalソルバー
FixedAngularSize ConstantViewSizeソルバー
FpsDisplay 診断システム (構成プロファイル内)
NearFade Mixed Reality Toolkit 標準シェーダーに組み込まれています