Windows クライアント機能のライフサイクル

適用対象:

  • Windows 10
  • Windows 11

Windows 10とWindows 11の各リリースには、多くの新機能と改善された機能が含まれています。 場合によっては、通常、より良いオプションがあるため、機能や機能も削除されます。

Windows 11機能

Windows 10からWindows 11にアップグレードするときに影響を受ける機能については、「機能の非推奨と削除」を参照してください。

機能の開発が終了しました

次のトピックでは、開発されなくなった機能の一覧を示します。 これらの機能は、将来のリリースで削除される可能性があります。

非推奨の Windows 機能

削除された機能

次のトピックでは、Windows 10またはWindows 11から削除された機能の詳細について説明します。 これには、Windows 10に存在するが、Windows 11で削除される機能が含まれます。

削除された Windows 機能

用語

次の用語を使用して、そのライフサイクル中に機能に割り当てられる可能性がある状態を記述できます。

  • 非推奨: 機能がアクティブな開発でなくなり、製品またはオンライン サービスの将来のリリースで削除される可能性がある、製品ライフサイクルの段階。
  • サポート終了: 製品のサポートとサービスが使用できなくなった場合の製品ライフサイクルの段階。
  • 廃止: サービスが使用できなくなったように、サービスがシャットダウンされたときの製品ライフサイクルのステージ。
  • 機能を削除または廃止する: 機能または機能が非推奨になった後にサービスから削除された場合の製品ライフサイクルのステージ。
  • 機能の置き換え: サービス内の機能が別の機能または機能に置き換えられた場合の製品ライフサイクルの段階。

こちらも参照してください

Windows リリース情報