Windows 10 Version 20H2 の IT 担当者向けの新機能

適用対象

  • Windows 10 Version 20H2

この記事では、Windows 10 Version 20H2 (別名 Windows 10 October 2020 Update) の新機能や更新された機能および IT 技術者の関心が高いコンテンツを示します。 この更新プログラムには、Windows 10 Version 2004 の以前の累積的な更新プログラムに含まれているすべての機能と修正プログラムも含まれています。

このリリースと今後のリリースでは、Windows 10 リリースの命名法が年と月のパターン (YYMM) から年と半年のパターン (YYH1、YYH2) に変更されています。

以前の秋のリリースと同様に、Windows 10 Version 20H2 は、パフォーマンスの強化、エンタープライズ機能、および品質強化のための特定の範囲の機能セットです。 H2 を対象としたリリースとして、20H2 は、Windows 10 Enterprise または Windows 10 Education エディションを実行しているデバイスのリリース日から 30 か月間サービスされます。

バージョン 20H2 Windows 10をダウンロードしてインストールするには、Windows Update ([セキュリティの更新&> プログラムの設定] > Windows Update) を使用します。 ビデオを含む詳細については、Windows 10 October 2020 Updateを入手する方法を参照してください。

Microsoft Edge

このリリースには、従来のバージョンの Microsoft Edge ではなく、新しい Chromium ベースの Microsoft Edge ブラウザーが自動的に含まれています。 詳細については、「Microsoft Edge ドキュメント」を参照してください。

サービス

Windows Update

Windows Server Update Services (WSUS) をスキャンして更新プログラムを探すデバイスのセキュリティを向上させるのに役立ついくつかの変更があります。 詳細については、「WSUS をスキャンする Windows デバイスのセキュリティを向上させるための変更」を参照してください。

Windows 10 バージョン 20H2、LCU、および SSU は、Microsoft カタログまたは Windows Server Update Services から入手できる単一の累積月次更新に統合されました。 詳細については、「サービス スタック更新のオンプレミス展開の簡素化」を参照してください。

展開

新しいガイダンスは、サービス戦略を準備し、デバイスを Windows 10 の最新バージョンにできるだけ迅速かつシームレスに移行するのに役立ちます。

アクティビティは次のフェーズにグループ化されます: 計画>準備>展開:

次の重要なアクティビティを評価し、理解することにより、展開計画を立てます。

必要な操作を実行して、デバイスと環境を展開用に準備します。

展開して、組織内で Windows 10 を戦略的に管理します。

Windows Autopilot

Windows 10 の最後のリリース以降の Windows Autopilot の機能強化には、次のものがあります。

Windows アセスメント & デプロイメント ツールキット (ADK)

Windows 10 バージョン 20H2 用の新しい ADK はありません。 Windows 10 バージョン 2004 の ADK は、Windows 10 バージョン 20H2 でも動作します。 詳細については、「Windows ADK をダウンロードしてインストールする」を参照してください。

デバイス管理

最新のデバイス管理 (MDM) ポリシーは、グループ ポリシーで管理されるデバイスで使用できるオプションと一致する新しいローカル ユーザーとグループ設定で拡張されています。

MDM の新機能の詳細については、「モバイル デバイスの登録と管理の新機能」を参照してください。

セキュリティ

Microsoft Defender for Endpoint

このリリースでは、Microsoft Defender Advanced Threat Protection (ATP) の自動インシデント対応 (IR) の非 ASCII ファイル パスのサポートが強化されています。

このリリースでは、DisableAntiSpyware パラメーターは廃止になりました。

Microsoft Defender Application Guard for Office

Microsoft Defender Application Guard は Office をサポートするようになりました。Microsoft Defender Application Guard for Office を使用すると、信頼できない Office ドキュメント (エンタープライズの外部から) を分離されたコンテナで起動して、潜在的な悪意のあるコンテンツがデバイスに侵入するのを防ぐことができます。

Windows Hello

Windows Hello では、出荷時に Windows 10 バージョン 20H2 を搭載したデバイスで専用のハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントを使用できるため、指紋センサーと顔センサーをサポートする仮想化ベースのセキュリティがさらにサポートされます。 この機能は、ユーザーの生体認証データを分離して保護します。

仮想化

Windows サンドボックス

このリリースでは、Windows サンドボックスの新しいポリシーを利用できます。 詳細については、「Policy CSP-WindowsSandbox」を参照してください。

Windows Virtual Desktop (WVD)

: WVD は Windows 10 リリースに直接関連付けられていませんが、Windows の進化する機能としてここに含まれています。

WVD の新機能は、Ignite 2020 で発表されました。 詳細については、「Windows Virtual Desktop の新しい管理、セキュリティ、および監視機能の発表」を参照してください。

さらに、Windows Virtual Desktop が Azure Government クラウドで一般的に利用可能になりました

Windows Shell

このリリースでは、Windows 10 のユーザー インターフェイスのいくつかの拡張機能が実装されています。

  • 今回のリリースでは、スタート メニューのタイルの後ろの単色が部分的に透明な背景に置き換えられます。 タイルもテーマに対応しています。
  • スタート メニューのアイコンは、各アイコンの周りに正方形のアウトラインがなくなりました。
  • 通知の外観がわずかに更新されます。
  • 詳細表示設定でモニターのリフレッシュ レートを変更できるようになりました。
  • Alt + Tab は、既定で Microsoft Edge ブラウザーのタブを表示するようになりました。 この設定は、[設定]>[システム]>[マルチタスク]: Alt + Tab で編集できます。
  • [システムとセキュリティ] の [システム] コントロール パネルが [設定の概要] > ページに更新されました。 デバイス マネージャー、リモート デスクトップ、システム保護、システムの詳細設定、およびこの PC の名前の変更へのリンクが [バージョン情報] ページに移動します。

2 in 1 PC

2-in-1 デバイスでは、画面を切り離すと Windows が自動的にタブレット モードに切り替わるようになりました。

Surface

Windows 10 Pro と Enterprise が Surface Hub 2 で利用できるようになりました。 詳細については、「IT 管理者向け Surface Hub 2S の新機能」を参照してください。

Desktop Analytics

Desktop Analytics はクラウドに接続されたサービスであり、構成マネージャーと統合されています。これにより、組織内の Windows エンドポイントの管理にデータ主導型の分析情報が提供されます。 Desktop Analytics には、Windows E3 または E5 ライセンス、あるいは Microsoft 365 E3 または E5 ライセンスが必要です。

Desktop Analytics と今回の Windows 10 のリリースについては、「Desktop Analytics の新機能」を参照してください。

関連項目

Windows 10 バージョン 20H2 の IT 担当者向け新着情報
2020 年 10 月の Windows 10 への更新を開始
2020 年 10 月の更新プログラムで更新された Windows 10 の詳細情報
Windows Server の新機能: Windows Server の新機能と更新された機能。
Windows 10 の機能: Windows 10 の機能に関する一般的な情報。
Windows 10 の新機能: Windows 10 の他のバージョンの新機能を紹介しています。
Windows でのアプリ開発を容易にする方法をさらに発表: Windows でのアプリ開発を簡素化します。
Windows 10 で削除された機能: 削除された機能。
開発を行っていない Windows 10 の機能: 開発されていない機能。