アプリケーション ディレクトリ パーティションのレプリカの列挙

アプリケーション ディレクトリ パーティションのレプリカが追加されると、レプリカを含むドメイン コントローラーの nTDSDSA オブジェクトの識別名が crossRef オブジェクトの msDS-NC-Replica-Locations 属性に追加されます。 使用される crossRef オブジェクトは、アプリケーション ディレクトリ パーティションを表します。

アプリケーション ディレクトリ パーティションのレプリカを列挙するには

  1. Partition コンテナーで、アプリケーション ディレクトリ パーティションの識別名と等しい nCName 属性値を持つ crossRef オブジェクトを検索します。
  2. サーバーの nTDSDSA オブジェクトにバインドするには、crossRef オブジェクトの msDS-NC-Replica-Locations 属性の各値を使用します。
  3. nTDSDSA オブジェクトの親の ADsPath を取得します。 これは、ドメイン コントローラー サーバーを表すオブジェクトです。 ADsPath を使用してサーバー オブジェクトにバインドします。
  4. サーバー オブジェクトの dNSHostName 属性値を取得します。 これは、サーバーの DNS 名を含む単一値プロパティです。

レプリケーションの待機時間とスケジュールされた KCC の実行遅延により、アプリケーション ディレクトリ パーティションの実際のアクティブ レプリカが、crossRef オブジェクトの msDS-NC-Replica-Locations 属性で示されるドメイン コントローラーの一覧と一致しない可能性があります。 アプリケーション ディレクトリ パーティションの実際のアクティブ なレプリカを特定するより正確で効率の低い方法は、アプリケーション ディレクトリ パーティションの識別名を含む msDS-hasMasterNCs 属性を持つフォレスト内のすべての nTDSDSA オブジェクトを検索することです。 msDS-hasMasterNCs 属性には、アプリケーション ディレクトリ パーティションを含め、ドメイン コントローラーがホストするすべての書き込み可能なディレクトリ パーティションの識別名が含まれます。