次の方法で共有


IDCompositionShadowEffect::SetStandardDeviation(IDCompositionAnimation*) メソッド (dcomp.h)

イメージのアルファ チャネルに適用するぼかしの量を設定します。

構文

HRESULT SetStandardDeviation(
  [in] IDCompositionAnimation *animation
);

パラメーター

[in] animation

型: IDCompositionAnimation*

画像のアルファ チャネルに適用するぼかしの量が時間の経過と同時に変化する方法を表すアニメーション。 標準偏差に 3 を掛けることで、カーネルのぼかし半径を計算できます。 標準偏差とぼかし半径の両方の単位は DIP です。
このパラメーターを NULL にすることはできません。

戻り値

型: HRESULT

このメソッドは、成功すると S_OK を返します。 そうでない場合は、HRESULT エラー コードを返します。

要件

   
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー dcomp.h
Library Dcomp.lib
[DLL] Dcomp.dll

関連項目

IDCompositionShadowEffect