DRT_SEARCH_INFO構造体 (drt.h)

DRT_SEARCH_INFO構造体は、DrtStartSearch で発行された検索クエリを表します。

構文

typedef struct drt_search_info_tag {
  DWORD    dwSize;
  BOOL     fIterative;
  BOOL     fAllowCurrentInstanceMatch;
  BOOL     fAnyMatchInRange;
  ULONG    cMaxEndpoints;
  DRT_DATA *pMaximumKey;
  DRT_DATA *pMinimumKey;
} DRT_SEARCH_INFO, *PDRT_SEARCH_INFO;

メンバー

dwSize

DRT_SEARCH_INFOのバイト数を指定します。

fIterative

検索が反復的かどうかを示します。 TRUE に設定すると、検索は反復的になります。

fAllowCurrentInstanceMatch

検索結果にローカル DRT インスタンスで見つかった一致を含めることができるかどうかを示します。 TRUE に設定すると、検索結果にはローカル DRT インスタンスで見つかった一致を含める機能があります。

fAnyMatchInRange

true に設定すると、指定した範囲内にある最初のキーの検索が停止します。 それ以外の場合は、 DrtStartSearch で指定されたターゲット キーに最も近い一致の検索が続行されます。

cMaxEndpoints

返す結果の数を指定します。 これには、最も近い一致と完全一致が含まれます。 fIterativeTRUE の場合、この値が 1 より大きい場合、検索は 1 つの結果のみを返します。

pMaximumKey

インフラストラクチャが照合を試みる必要がある、数値的に最も大きいキー値を指定します。

pMinimumKey

インフラストラクチャが照合を試行する必要がある数値で最小のキー値を指定します。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 7 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2008 R2 [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー drt.h

こちらもご覧ください

DrtStartSearch