ColorAdjustType 列挙 (gdipluscolormatrix.h)

ColorAdjustType 列挙は、色調整情報を使用する GDI+ オブジェクトを指定します。 ImageAttributes オブジェクトのアドレスを Graphics::D rawImage メソッドに渡すことによって、レンダリングされたイメージの色を調整できます。 ImageAttributes オブジェクトは、既定、ビットマップ、ブラシ、ペン、テキストの 5 つの調整カテゴリの色とグレースケールの設定を保持します。 ImageAttributes クラスのいくつかのメソッドは、調整カテゴリを指定するために ColorAdjustType 列挙体の要素を受け取ります。

構文

typedef enum ColorAdjustType {
  ColorAdjustTypeDefault,
  ColorAdjustTypeBitmap,
  ColorAdjustTypeBrush,
  ColorAdjustTypePen,
  ColorAdjustTypeText,
  ColorAdjustTypeCount,
  ColorAdjustTypeAny
} ;

定数

 
ColorAdjustTypeDefault
色またはグレースケールの調整が、独自の調整設定を持たないすべてのカテゴリに適用されることを指定します。
ColorAdjustTypeBitmap
ビットマップ画像に色またはグレースケールの調整を適用することを指定します。
ColorAdjustTypeBrush
メタファイルのブラシ操作に色またはグレースケールの調整を適用することを指定します。
ColorAdjustTypePen
メタファイルのペン操作に色またはグレースケールの調整を適用することを指定します。
ColorAdjustTypeText
メタファイルで描画されるテキストに色またはグレースケールの調整を適用することを指定します。
ColorAdjustTypeCount
色調整の種類の数を記録するために内部的に使用されます。
ColorAdjustTypeAny
予約済み

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows XP、Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー gdipluscolormatrix.h (Gdiplus.h を含む)