SetEnlistmentRecoveryInformation 関数 (ktmw32.h)

KTM からの回復データの不透明なユーザー定義構造を設定します。 回復情報は、 SetEnlistmentRecoveryInformation を呼び出すことによって、リソース マネージャー (RM) の代わりにログに格納されます。 エラーが発生した後、RM は GetEnlistmentRecoveryInformation を使用して情報を取得できます。

構文

BOOL SetEnlistmentRecoveryInformation(
  [in] HANDLE EnlistmentHandle,
  [in] ULONG  BufferSize,
  [in] PVOID  Buffer
);

パラメーター

[in] EnlistmentHandle

参加リストへのハンドル。

[in] BufferSize

バッファーのサイズ (バイト単位)。

[in] Buffer

回復情報。

戻り値

関数が成功すると、戻り値は 0 以外になります。

関数が失敗した場合、戻り値は 0 (ゼロ) です。 拡張エラー情報を取得するには、 GetLastError 関数を呼び出します。

次の一覧は、考えられるエラー コードを示しています。

注釈

この呼び出しは、揮発性トランザクション マネージャーでは使用できません。

ユーザーによって提供される情報は、この操作の完了時にログに永続的に格納されない場合がありますが、この参加に対する次のコミット操作の最後までに永続的に格納されます。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2008
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー ktmw32.h
Library Ktmw32.lib
[DLL] Ktmw32.dll

こちらもご覧ください

GetEnlistmentRecoveryInformation

カーネル トランザクション マネージャー関数