LsaQueryCAPs 関数 (ntlsa.h)

指定した ID の中央アクセス ポリシー (CSP) を返します。

構文

NTSTATUS LsaQueryCAPs(
        PSID                   *CAPIDs,
  [in]  ULONG                  CAPIDCount,
  [out] PCENTRAL_ACCESS_POLICY *CAPs,
  [out] PULONG                 CAPCount
);

パラメーター

CAPIDs

クエリ対象の CAP を識別する CAPID へのポインターの配列を含む変数へのポインター。

[in] CAPIDCount

CAPIDs パラメーター内の ID の数。

[out] CAPs

クエリ対象の CSP を表す CENTRAL_ACCESS_POLICY 構造体へのポインターの配列へのポインターを受け取ります。

[out] CAPCount

CAPs パラメーター返されるCENTRAL_ACCESS_POLICY構造体ポインターの数。

戻り値

関数が成功した場合、戻り値はSTATUS_SUCCESS。

関数が失敗した場合、戻り値は NTSTATUS コードであり、 LSA ポリシー関数の戻り値のいずれかになります。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 8 [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2012 [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー ntlsa.h
Library Advapi32.lib
[DLL] Advapi32.dll