MCIWndCreateA 関数 (vfw.h)

MCIWndCreate 関数は、MCIWnd ウィンドウ クラスを登録し、MCI サービスを使用するための MCIWnd ウィンドウを作成します。 MCIWndCreate は、MCI デバイスまたはファイル (AVI ファイルなど) を開き、MCIWnd ウィンドウに関連付けることもできます。

構文

HWND VFWAPIV MCIWndCreateA(
  HWND      hwndParent,
  HINSTANCE hInstance,
  DWORD     dwStyle,
  LPCSTR    szFile
);

パラメーター

hwndParent

親ウィンドウへのハンドル。

hInstance

MCIWnd ウィンドウに関連付けるモジュール インスタンスを処理します。

dwStyle

ウィンドウ スタイルを定義するフラグ。 CreateWindowEx 関数で使用するウィンドウ スタイルを指定するだけでなく、MCIWnd ウィンドウで使用する次のスタイルを指定することもできます。

意味
MCIWNDF_NOAUTOSIZEWINDOW イメージ サイズが変更された場合、MCIWnd ウィンドウのサイズは変更されません。
MCIWNDF_NOAUTOSIZEMOVIE MCIWnd ウィンドウのサイズが変更された場合、変換先の四角形のサイズは変更されません。
MCIWNDF_NOERRORDLG ユーザーへの MCI エラーの表示を禁止します。
MCIWNDF_NOMENU ツール バーの表示から [メニュー] ボタンを非表示にし、ユーザーがポップアップ メニューにアクセスできないようにします。
MCIWNDF_NOOPEN MCIWnd メニューから開いているコマンドと閉じるコマンドを非表示にし、ユーザーがポップアップ メニューでこれらの選択肢にアクセスできないようにします。
MCIWNDF_NOPLAYBAR ツール バーを表示から非表示にし、ユーザーによるアクセスを禁止します。
MCIWNDF_NOTIFYANSI デバイス モードの変更の親ウィンドウに通知するときに、MCIWnd が Unicode 文字列の代わりに ANSI 文字列を使用するようにします。 このフラグは、MCIWNDF_NOTIFYMODEと組み合わせて使用されます。
MCIWNDF_NOTIFYMODE MCIWnd は、デバイスが動作モードを変更するたびに 、MCIWNDM_NOTIFYMODE メッセージで親ウィンドウに通知します。 このメッセージの lParam パラメーターは、MCI_MODE_STOPなどの新しいモードを識別します。
MCIWNDF_NOTIFYPOS コンテンツ内の再生またはレコード位置の変更が発生するたびに、MCIWnd が親ウィンドウに MCIWNDM_NOTIFYPOS メッセージを通知します。 このメッセージの lParam パラメーターには、コンテンツ内の新しい位置が含まれています。
MCIWNDF_NOTIFYMEDIA MCIWnd は、新しいデバイスを使用するとき、またはデータ ファイルを開いたり閉じたりするたびに、 MCIWNDM_NOTIFYMEDIA メッセージで親ウィンドウに通知します。 このメッセージの lParam パラメーターには、新しいファイル名へのポインターが含まれています。
MCIWNDF_NOTIFYSIZE MCIWnd ウィンドウ のサイズが変更されたときに、MCIWnd によって親ウィンドウに通知されます。
MCIWNDF_NOTIFYERROR MCI エラーが発生したときに、MCIWnd によって親ウィンドウに通知されます。
MCIWNDF_NOTIFYALL すべての MCIWNDF ウィンドウ通知スタイルを使用します。
MCIWNDF_RECORD MCI デバイスに記録機能がある場合は、ツールバーに [レコード] ボタンを追加し、メニューに新しいファイル コマンドを追加します。
MCIWNDF_SHOWALL すべてのMCIWNDF_SHOWスタイルを使用します。
MCIWNDF_SHOWMODE ウィンドウ タイトル バーに MCI デバイスの現在のモードを表示します。 デバイス モードの一覧については、 MCIWndGetMode マクロを参照してください。
MCIWNDF_SHOWNAME 開いている MCI デバイスまたはデータ ファイルの名前を MCIWnd ウィンドウのタイトル バーに表示します。
MCIWNDF_SHOWPOS ウィンドウ タイトル バーの MCI デバイスのコンテンツ内の現在の位置を表示します。

szFile

開く MCI デバイスまたはデータ ファイルの名前を示す Null で終わる文字列。

戻り値

成功した場合は MCI ウィンドウにハンドルを返し、それ以外の場合は 0 を返します。

注釈

子ウィンドウの既定のウィンドウ スタイルは、WS_CHILD、WS_BORDER、およびWS_VISIBLEです。 親ウィンドウの NULL 以外のハンドルが指定されている場合、MCIWndCreate は子ウィンドウを想定します。

親ウィンドウの既定のウィンドウ スタイルはWS_OVERLAPPEDWINDOWされ、WS_VISIBLEされます。 親ウィンドウの NULL ハンドルが指定されている場合、MCIWndCreate は親ウィンドウを想定します。

MCIWnd マクロのウィンドウ ハンドルには、この関数によって返されるウィンドウ ハンドルを使用します。 アプリケーションでこの関数を使用する場合は、 MCIWndRegisterClass 関数を使用する必要はありません。

注意

vfw.h ヘッダーは、UNICODE プリプロセッサ定数の定義に基づいて、この関数の ANSI または Unicode バージョンを自動的に選択するエイリアスとして MCIWndCreate を定義します。 エンコードに依存しないエイリアスをエンコードニュートラルでないコードと組み合わせて使用すると、コンパイルまたはランタイム エラーが発生する不一致が発生する可能性があります。 詳細については、「 関数プロトタイプの規則」を参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー vfw.h
Library Vfw32.lib
[DLL] Msvfw32.dll

こちらもご覧ください

MCIWNDM_NOTIFYMEDIA

MCIWNDM_NOTIFYMODE

MCIWNDM_NOTIFYPOS

MCIWndGetMode

MCIWndRegisterClass