VSS_RESTORE_TYPE列挙 (vss.h)

VSS_RESTORE_TYPE列挙体は、要求元が実行しようとしている復元操作の種類を示すために使用されます。

構文

typedef enum _VSS_RESTORE_TYPE {
  VSS_RTYPE_UNDEFINED = 0,
  VSS_RTYPE_BY_COPY,
  VSS_RTYPE_IMPORT,
  VSS_RTYPE_OTHER
} VSS_RESTORE_TYPE, *PVSS_RESTORE_TYPE;

定数

 
VSS_RTYPE_UNDEFINED
値: 0
復元の種類は定義されていません。
これが既定の復元の種類です。 ただし、ライターは、この復元の種類をVSS_RTYPE_BY_COPYされたかのように扱う必要があります。

これは、リクエスター側でエラーが発生したことを示します。
VSS_RTYPE_BY_COPY
リクエスターはバックアップから元のボリュームにバックアップされたデータを復元します
媒体。
VSS_RTYPE_IMPORT
リクエスターはバックアップ メディアからデータをコピーしませんが、転送可能なシャドウ コピーをインポートし、これを使用します
データ マイニングなどの操作用にインポートされたボリューム。


Windows Server 2003、Standard Edition、Windows Server 2003、Web Edition: この値はサポートされていません。 SP1 を使用する Windows Server 2003 のすべてのエディションでは、この値がサポートされています。
VSS_RTYPE_OTHER
現在列挙されていない復元の種類。 この値は、アプリケーション エラーを示します。

注釈

要求元は、必要に応じて 、IVssBackupComponents::SetRestoreState を使用して復元操作の種類を設定できます。

ライターは、 CVssWriter::GetRestoreType を呼び出すことによって復元操作の種類を取得できます。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2003 [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー vss.h

こちらもご覧ください

CVssWriter::GetRestoreType

IVssBackupComponents::SetRestoreState