XAudio2Create 関数 (xaudio2.h)

新しい XAudio2 オブジェクトを作成し、 その IXAudio2 インターフェイスへのポインターを返します。

構文

HRESULT XAudio2Create(
  [out] IXAudio2          **ppXAudio2,
  [in]  UINT32            Flags,
  [in]  XAUDIO2_PROCESSOR XAudio2Processor
);

パラメーター

[out] ppXAudio2

操作が成功した場合は、 IXAudio2 オブジェクトへのポインターを返します。

[in] Flags

IXAudio2 オブジェクトの動作を指定するフラグ。 このパラメーターの値は 0 である必要があります。

[in] XAudio2Processor

使用する CPU を指定する XAUDIO2_PROCESSOR型指定された値。 複数のビットが指定されている場合、システムはプロセッサごとに個別のワーカー スレッドを作成します。

既定値XAUDIO2_PROCESSOR XAUDIO2_DEFAULT_PROCESSOR。

警告XAUDIO2_ANY_PROCESSORを指定すると、システムはすべてのデバイスのプロセッサを使用し、前述のように、プロセッサごとにワーカー スレッドを作成します。
 
メモ プロセッサを指定すると、プロセッサ間でスレッドを効果的にスケジュールするスケジューラの機能に干渉する可能性があるため、通常は避ける必要があります。 代わりに、XAUDIO2_DEFAULT_PROCESSOR値を渡します (下記参照)。
 
特殊なXAUDIO2_DEFAULT_PROCESSOR値により、XAudio2 は既定のプロセッサを使用します。

戻り値

成功した場合はS_OKを返し、それ以外の場合はエラー コードを返します。 XAudio2 固有のエラー コードの説明については、XAudio2 エラー コードを参照してください。

注釈

XAUDIO2 の DirectX SDK バージョンでは、リリースバージョンと 'checked' バージョンを選択するためのフラグ XAUDIO2_DEBUG_ENGINE がサポートされました。 このフラグは、Windows 8 バージョンの XAUDIO2 ではサポートまたは定義されていません。

メモ xaudio2.lib インポート ライブラリを含む DirectX SDK のバージョンはありません。 DirectX SDK のバージョンでは、COM を使用して新しい XAudio2 オブジェクトを作成します。
 

プラットフォームの要件

Windows 10 (XAudio2.9);Windows 8、Windows Phone 8 (XAudio 2.8);DirectX SDK (XAudio 2.7)

Windows Phone 8.1: この API がサポートされています。

要件

   
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー xaudio2.h
Library Xaudio2.lib
[DLL] Windows.Media.Audio.dll

こちらもご覧ください

方法: 基本的なオーディオ処理グラフの作成

XAudio2 関数