D3DXSHAdd 関数 (D3DX10.h)

Note

D3DX (D3DX 9、D3DX 10、D3DX 11) ユーティリティ ライブラリは非推奨となり、Windows Microsoft Store アプリではサポートされていません。

Note

この関数を使用する代わりに、 球面高調波数学 ライブラリ関数 XMSHAdd を使用することをお勧めします。

2つの球面高調波(SH)ベクトルを加算します。つまり、pOut[i] = pA[i] + pB[i]。

構文

FLOAT* D3DXSHAdd(
  _In_       FLOAT *pOut,
  _In_       UINT  Order,
  _In_ const FLOAT *pA,
  _In_ const FLOAT *pB
);

パラメーター

pOut [in]

型: FLOAT*

SH 出力係数へのポインター。 この評価では Order² 係数が生成されます。 「解説」を参照してください。

Order [in]

型: UINT

SH 評価の順序。 D3DXSH_MINORDERからD3DXSH_MAXORDERまでの範囲である必要があります (両端を含む)。 この評価では Order² 係数が生成されます。 評価の次数は Order - 1 です。

pA [in]

型: const FLOAT*

最初の SH ベクトルへのポインター。

pB [in]

型: const FLOAT*

2 番目の SH ベクターへのポインター。

戻り値

型: FLOAT*

SH 出力係数へのポインター。

解説

基底関数 Ylm の各係数は、次の場所にあるメモリ位置 l² + m + l に格納されます。

  • l は基底関数の次数です。
  • m は、指定された l 値の基底関数インデックスで、-l から l までの範囲を含みます。

要件

要件
ヘッダー
D3DX10.h
ライブラリ
D3DX10.lib

関連項目

数値演算関数