DirectShowでの MPEG-2 のサポート

このセクションでは、DirectShowで MPEG-2 コンテンツを再生するために使用できるコンポーネントについて説明します。

Note

DVD ビデオは MPEG-2 に基づいていますが、このセクションでは DVD の再生やナビゲーションについては説明しません。 DirectShowの DVD の詳細については、「DVD アプリケーション」を参照してください。

 

MPEG-2 データは、ローカル ファイルから取得することも、ネットワーク ブロードキャストや D-VHS デバイスなどのライブ ソースから取得することもできます。 パーサー フィルターはファイルからフィルター グラフにデータをプルするため、ファイルの再生は プル モード と呼ばれます。 ライブ ソースは、ソース フィルターがグラフにデータをプッシュするため、 プッシュ モード と呼ばれます。

DirectShowには、MPEG-2 システム ストリームを解析できる 2 つのフィルターが用意されています。

  • MPEG-2 Demultiplexer ("demux"): このフィルターは、プログラム ストリームとトランスポート ストリームのプッシュ モードをサポートします。 Windows XP 以降では、プログラム ストリームのプル モードもサポートされています。
  • MPEG-2 Splitter: このフィルターは、ダウンレベル プラットフォームでのプログラム ストリームのプル モードをサポートします。 このフィルターは、Windows XP 以降では非推奨とされています。

MPEG-2 デマルチプレクサまたは MPEG-2 スプリッターを使用するには、パケット化された基本ストリーム (PES) を受け入れるDirectShow互換性のある MPEG-2 オーディオおよびビデオ デコーダーが必要です。

このセクションのトピックは次のとおりです。

PSI パーサー フィルターのサンプル