IDWriteFont2 インターフェイス

フォント コレクション内の物理フォントを表します。

このインターフェイスにより、レンダリング パスが必要な可能性があるかどうかを確認する機能が追加されます。

メンバー

IDWriteFont2 インターフェイスは IDWriteFont1 から継承します。 IDWriteFont2 には、次の種類のメンバーもあります。

メソッド

IDWriteFont2 インターフェイスには、これらのメソッドがあります。

メソッド 説明
IsColorFont レンダリング パスが必要な可能性があるかどうかを判断できるようにします。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 8.1 [デスクトップ アプリ |UWP アプリ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2012 R2 [デスクトップ アプリ |UWP アプリ]
サポートされている最小の電話
Windows Phone 8.1 [Windows Phone Silverlight 8.1 アプリと Windows ランタイム アプリ]
ライブラリ
Dwrite.lib
[DLL]
Dwrite.dll

こちらもご覧ください

IDWriteFont1