CreateIndexGrbit 列挙型

JetCreateIndex のオプション。

この列挙体には FlagsAttribute 属性があり、そのメンバー値のビットごとの組み合わせが可能になります。

名前空間:Microsoft.Isam.Esent.Interop
アセンブリ: Microsoft.Isam.Esent.Interop (Microsoft.Isam.Esent.Interop.dll)

構文

'Declaration
<FlagsAttribute> _
Public Enumeration CreateIndexGrbit
'Usage
Dim instance As CreateIndexGrbit
[FlagsAttribute]
public enum CreateIndexGrbit

メンバー

メンバー名 説明
なし 既定のオプション。
IndexUnique 重複するインデックス エントリ (キー) は許可されません。 これは、JetSetColumn が呼び出されたときではなく、JetUpdate が呼び出されたときに適用されます。
IndexPrimary インデックスはプライマリ (クラスター化) インデックスです。 すべてのテーブルには、1 つのプライマリ インデックスが必要です。 テーブルに対してプライマリ インデックスが明示的に定義されていない場合、データベース エンジンは独自のプライマリ インデックスを作成します。
IndexDisallowNull インデックスが作成される列に NULL 値が含まれている場合はありません。
IndexIgnoreNull インデックスが作成されるすべての列が NULL の場合は、行のインデックス エントリを追加しないでください。
IndexIgnoreAnyNull インデックスが作成される列のいずれかが NULL の場合は、行のインデックス エントリを追加しないでください。
IndexIgnoreFirstNull インデックスが作成される最初の列が NULL の場合は、行のインデックス エントリを追加しないでください。
IndexLazyFlush インデックス操作を遅延ログに記録することを指定します。 JET_bitIndexLazyFlushは、データ更新の怠惰には影響しません。 プロセスの終了によってインデックス作成操作が中断された場合でも、Soft Recovery はデータベースを一貫した状態にすることはできますが、インデックスが存在しない可能性があります。
IndexEmpty すべてのエントリが NULL と評価されるため、インデックスの作成を試みないでください。 grbit では、JET_bitIndexEmptyが渡されるときにもJET_bitIgnoreAnyNullを指定する必要があります。 これはパフォーマンスの向上です。 たとえば、新しい列がテーブルに追加されると、この新しく追加された列に対してインデックスが作成されます。テーブル内のすべてのレコードは、インデックスに追加されることはありませんがスキャンされます。 JET_bitIndexEmptyを指定すると、テーブルのスキャンがスキップされ、時間がかかる可能性があります。
IndexUnversioned インデックスの作成を他のトランザクションに表示します。 通常、トランザクション内のセッションでは、別のセッションでインデックス作成操作を表示できません。 このフラグは、別のトランザクションが同じインデックスを作成する可能性が高い場合に便利です。そのため、2 番目のインデックス作成は、多くの不要なデータベース操作を引き起こす可能性がある代わりに単に失敗します。 2 番目のトランザクションでは、インデックスをすぐに使用できない場合があります。 インデックス作成操作は、使用できるようになる前に完了する必要があります。 バージョン情報のないインデックスを作成するために、セッションがトランザクション内に存在してはなりません。
IndexSortNullsHigh このフラグを指定すると、インデックス内のすべての列のデータの後に NULL 値が並べ替えられます。

関連項目

リファレンス

Microsoft.Isam.Esent.Interop 名前空間