バージョン管理 (HTTP Server API)

HTTP Server バージョン 2.0 API では、バージョン 1.0 の要求キューと、要求キューとの URL の関連付けが古くなっています。 オブジェクト スコープのバージョン管理を使用すると、アプリケーションはアプリケーション固有のバージョン情報を提供できます。 アプリケーションは、実行されているオペレーティング システムの正しいバージョンの構造体を自動的に呼び出すことができます。

要求キュー

HTTP Server バージョン 2.0 API 以降では、 HttpCreateRequestQueue を使用して要求キューが作成され、バージョン 1.0 HttpCreateHttpHandle 関数が古くなっています。 URL グループは、 HttpCreateUrlGroup 関数を使用してバージョン 2.0 で導入されています。 URL は HttpAddUrlToUrlGroup を使用してグループに追加され、バージョン 1.0 HttpAddUrl 関数は古くなっています。 バージョン 2.0 の URL グループは、バージョン 1.0 要求キューでは使用しないでください。

バージョン 2.0 以降、次のバージョン 1.0 関数は廃止され、バージョン 2.0 要求キューでは使用できません。

URL グループの構成の詳細については、「URL グループの構成」トピックを 参照してください。 バージョン 2.0 要求キューの詳細については、「 名前付き要求キュー 」トピックを参照してください。

Object-Scopedバージョン管理

バージョン 1.0 では、アプリケーションは HttpInitialize の呼び出しで HTTP Server API バージョンを提供します。 バージョン情報は、 HttpInitialize を呼び出した最初のアプリケーションからのみ受け入れられ、同じプロセス内のすべての HTTP Server API アプリケーションに適用されます。 バージョン 2.0 API 以降では、 HttpInitialize の呼び出しで提供されるグローバル バージョン情報は使用されません。 バージョン 2.0 アプリケーションの場合、要求キューまたはサーバー セッションが HttpCreateRequestQueue または HttpCreateServerSession によって作成されるときに、HTTP Server API バージョンが Version パラメーターに渡されます。 要求キューがバージョン 1.0 HttpCreateHttpHandle で作成されると、自動的にバージョン 1.0 としてマークされます。 バージョン 1.0 とバージョン 2.0 の両方のアプリケーションは、同じプロセスで実行できます。

HTTP Server バージョン 2.0 API に認証情報が含まれるよう、HTTP_REQUEST構造とHTTP_RESPONSE構造が更新されます。 HTTP_REQUEST_V1HTTP_REQUEST_V2 は、アプリケーションで使用される API のバージョンに固有です。 ただし、アプリケーションでは、これらの構造体をコード内で直接使用しないでください。代わりに 、HTTP_REQUEST を使用して、要求が受信された要求キューのバージョンに基づいて正しいバージョンを取得する必要があります。 また、 HTTP_REQUEST 構造体のサイズは、コードがコンパイルされるオペレーティング システムのバージョンに基づいていることに注意してください。