IAnalysisStatus::IsSuccessful メソッド

分析操作の結果のブール値の概要を取得します。

構文

HRESULT IsSuccessful(
  [out] VARIANT_BOOL *pfSuccessful
);

パラメーター

pfSuccessful [out]

分析 操作が警告なしで完了した場合、または少なくとも 1 つの警告が発生した場合 にVARIANT_FALSE VARIANT_TRUEします。

戻り値

戻り値の詳細については、「 クラスとインターフェイス - インク分析」を参照してください。

次の例は、 _IAnalysisEvents::Results イベントのイベント ハンドラーの概要を示しています。 ハンドラーは IAnalysisStatus::IsSuccessful をチェックします。 分析操作で警告が生成された場合、ハンドラーは IAnalysisWarning オブジェクトのコレクションを反復処理します。

// _IAnalysisEvents::Results event handler.
STDMETHODIMP CMyClass::Results(
    IInkAnalyzer *pInkAnalyzer,
    IAnalysisStatus *pAnalysisStatus)
{
    // Check the status of the analysis operation.
    VARIANT_BOOL bResult = VARIANT_FALSE;
    HRESULT hr = pAnalysisStatus->IsSuccessful(&bResult);

    if( SUCCEEDED(hr) )
    {
        if( bResult )
        {
            // Insert code that handles a successful result.
        }
        else
        {
            // Get the analysis warnings.
            IAnalysisWarnings* pAnalysisWarnings = NULL;
            hr = pAnalysisStatus->GetWarnings(&pAnalysisWarnings);
            if (SUCCEEDED(hr))
            {
                // Iterate through the warning collection.
                ULONG warningCount = 0;
                hr = pAnalysisWarnings->GetCount(&warningCount);
                if (SUCCEEDED(hr))
                {
                    IAnalysisWarning *pAnalysisWarning = NULL;
                    AnalysisWarningCode analysisWarningCode;
                    for (ULONG index=0; index<warningCount; index++)
                    {
                        // Get an analysis warning.
                        hr = pAnalysisWarnings->GetAnalysisWarning(
                            index, &pAnalysisWarning);

                        if (SUCCEEDED(hr))
                        {
                            // Get the warning code for the warning.
                            hr = pAnalysisWarning->GetWarningCode(
                                &analysisWarningCode);

                            if (SUCCEEDED(hr))
                            {
                                // Insert code that handles each
                                // analysis warning.
                            }
                        }

                        // Release this reference to the analysis warning.
                        if (pAnalysisWarning != NULL)
                        {
                            pAnalysisWarning->Release();
                            pAnalysisWarning = NULL;
                        }

                        if (FAILED(hr))
                        {
                            break;
                        }
                    }
                }
            }

            // Release this reference to the analysis warnings collection.
            if (pAnalysisWarnings != NULL)
            {
                pAnalysisWarnings->Release();
                pAnalysisWarnings = NULL;
            }
        }
    }
    return hr;
}

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows XP タブレット PC エディション [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
サポートなし
Header
IACom.h (IACom_i.c も必要)
[DLL]
IACom.dll

こちらもご覧ください

IAnalysisStatus

インク分析リファレンス