IInkAnalyzer::RemoveStroke メソッド

指定したストロークを IInkAnalyzer から削除します。

構文

HRESULT RemoveStroke(
  [in] LONG *plStrokeId
);

パラメーター

plStrokeId [in]

ストローク識別子。

戻り値

戻り値の詳細については、「 クラスとインターフェイス - インク分析」を参照してください。

解説

このメソッドは、 IInkAnalyzer から指定したストロークのパケット データと参照を削除します。

このメソッドは、ストロークを参照するリーフ コンテキスト ノードからストロークを削除します。 IContextNode がストロークを参照しなくなった場合、このメソッドは IContextNode オブジェクトと、子ノードを持たなくなった先祖の IContextNode オブジェクトを削除します。

このメソッドは 、IContextNode からストロークを削除した後、削除されたストロークの境界ボックスを含むように IInkAnalyzer オブジェクトのダーティ領域 ( IInkAnalyzer::GetDirtyRegion メソッドを参照) を更新します。

plStrokeId がIInkAnalyzer に関連付けられているストロークを識別しない場合、このメソッドはインク アナライザーを更新せずに返します。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows XP タブレット PC エディション [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
サポートなし
Header
IACom.h (IACom_i.c も必要)
[DLL]
IACom.dll

関連項目

IInkAnalyzer

IInkAnalyzer::AddStroke メソッド

IInkAnalyzer::AddStrokeForLanguage メソッド

IInkAnalyzer::AddStrokes メソッド

IInkAnalyzer::AddStrokesForLanguage メソッド

IInkAnalyzer::RemoveStrokes メソッド

IInkAnalyzer::GetDirtyRegion メソッド

インク分析リファレンス