RegistrationInfo.Description プロパティ

スクリプトの場合は、タスクの説明を取得または設定します。

構文

RegistrationInfo.Description As String

プロパティ値

タスクの説明です。

解説

タスクの XML の読み取りまたは書き込み時に、タスク スケジューラ スキーマの Description 要素を使用してタスクの 説明 を指定します。

このプロパティ値を設定する場合、値にはリソース .dll ファイルから取得されるテキストを指定できます。 特殊な文字列は、リソース ファイルからテキストを参照するために使用されます。 文字列の形式は $(@ [Dll]、[ResourceID]) です。ここで、[Dll] はリソースを含む.dll ファイルへのパスであり、[ResourceID] はリソース テキストの識別子です。 たとえば、このプロパティ値を $(@ %SystemRoot%\System32\ResourceName.dll,-101) に設定すると、%SystemRoot%\System32\ResourceName.dll ファイル内の識別子が -101 のリソース テキストの値にプロパティが設定されます。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
タイプ ライブラリ
Taskschd.tlb
[DLL]
Taskschd.dll

関連項目

タスク スケジューラ