Install 要素

注意

このセクションでは、オンライン ストアで使用するために設計された機能について説明します。 オンライン ストアのコンテキスト外でのこの機能の使用はサポートされていません。

Install 要素は、オンライン ストアをインストールするためにWindows メディア プレーヤーによって使用される値を指定します。

<Install
    EULAURL = "URL"
    CodeURL = "URL"
    PrivacyInfoURL = "URL"
    InstallApp = "filename"
    InstallData = "commandline"
    CatalogURL = "URL"
/>

属性

EULAURL (必須)

エンド ユーザー ライセンス契約 (EULA) の表示に使用Windows メディア プレーヤー.txtファイル名拡張子を持つファイルの完全修飾 URL。 このファイルは ANSI 形式でエンコードする必要があります。

CodeURL (必須)

パッケージの完全修飾 URL(.cabファイル名拡張子を持つ)は、オンライン ストアのインストールに使用されます。 パッケージとパッケージ内のすべてのコード モジュールに署名する必要があります。 コード署名の詳細については、「MSDN ライブラリ でのコード署名の概要 」を参照してください。

PrivacyInfoURL (必須)

オンライン ストアのプライバシー ポリシー情報を含む Web ページの完全修飾 URL。

InstallApp (必須)

実行する EXE または INF ファイルの名前。 このファイルは、 CodeURL 属性で指定された CAB ファイルに含まれている必要があります。

InstallData (省略可能)

InstallApp 属性で指定されたアプリケーションに渡されるコマンド ライン文字列。 この属性は、 InstallApp の値で実行可能ファイルが指定されている場合にのみ適用されます。

CatalogURL (型 1 に必要、型 2 では無視されます)

オンライン ストアのコンパイル済みカタログの完全修飾 URL。

親/子要素

Hierarchy 要素
親要素 ServiceInfo
子要素 なし

解説

必要な属性のいずれかが見つからないか、使用できない場合、Windows メディア プレーヤーセットアップはオンライン ストア プロバイダー コードのダウンロードとインストールを試みません。 セットアップでは、 ServiceInfo ドキュメントで指定されているオフラインの既定値が構成されます。 ServiceInfo は、既定のプロバイダー名と ServiceInfo 情報をコマンド ライン パラメーターとして渡すことで、インターネットに接続されていない場合に使用できます。 コマンド ライン オプションの詳細については、Windows メディア プレーヤー ソフトウェアの再配布を参照してください。

Note

この要素を使用するには、Microsoft と再配布契約に署名する必要があります。 詳細については、ビジネス担当者にお問い合わせください。

要件

要件
バージョン
Windows メディア プレーヤー 10 以降。

こちらもご覧ください

Type 1 Online Microsoft Storeの ServiceInfo ドキュメントの例

Type 2 Online Microsoft Storeの ServiceInfo ドキュメントの例

ServiceInfo ドキュメント