Media.isReadOnlyItem メソッド

isReadOnlyItem メソッドは、メディア項目の指定した属性を編集できるかどうかを示す値を返します。

構文

bRetVal = Media.isReadOnlyItem(
  attribute
)

パラメーター

属性 [in]

テストする属性の名前を示す文字列。 Windows メディア プレーヤーでサポートされる属性の詳細については、「Windows メディア プレーヤー属性リファレンス」を参照してください

戻り値

このメソッドは ブール値を返します。

解説

属性が読み取り専用の場合、 setItemInfo メソッドでは設定できません。 このメソッドは、異なるバージョンのWindows メディア プレーヤーで使用すると、特定の属性に対して異なる値を返す場合があることに注意してください。

このメソッドを使用するには、ライブラリへの読み取りアクセスが必要です。 詳細については、「 ライブラリ アクセス」を参照してください。

Windows メディア プレーヤー 10 Mobile: このプロパティは常に true を返します

次のJScript例では、Media を使用します。isReadOnlyItem は、rwText という名前の HTML TEXTAREA 要素に現在のメディア項目に関する情報を入力します。 このコードは、現在のメディア 項目の各属性と、属性が読み取り専用か読み取り/書き込みかを示すテキストを出力します。 Player オブジェクトは ID = "Player" で作成されました。

// Store the current media item object.
var cm = Player.currentMedia;

// Create a variable to hold each attribute name.
var atName;

// Loop through the attribute list.
for(var i = 0; i < cm.attributeCount; i++){

   // Get the attribute name.
   atName = cm.getAttributeName(i);

   // Test whether the attribute is read-only.
   var test = ((cm.isReadOnlyItem(atName))?"Read-Only":"Read/Write");

// Print the attribute information to the text area.
   rwText.value += atName + " is " + test;
   rwText.value += "\n";
}

要件

要件
バージョン
バージョン 7.0 以降をWindows メディア プレーヤーします。
[DLL]
Wmp.dll

関連項目

Media オブジェクト

Media.setItemInfo

設定.mediaAccessRights

設定.requestMediaAccessRights