WSL を使用して Windows に Linux をインストールする

開発者は、Windows マシン上で Windows と Linux の両方の機能に同時にアクセスできます。 Linux 用 Windows サブシステム (WSL) を使用すると、開発者は、従来の仮想マシンやデュアルブート セットアップのオーバーヘッドなしで Linux ディストリビューション (Ubuntu、OpenSUSE、Kali、Debian、Arch Linux など) をインストールし、Linux アプリケーション、ユーティリティ、Bash コマンド ライン ツールを変更せずに Windows で直接使用できます。

前提条件

Windows 10 バージョン 2004 以降 (ビルド 19041 以降) または Windows 11 を実行している必要があります。 更新プログラムを確認します

WSL コマンドのインストール

1 つのコマンドを使用して、WSL を実行するために必要なすべてのものをインストールできるようになりました。 右クリックして [管理者として実行] を選択することで、PowerShell または Windows コマンド プロンプトを管理者モードで開き、wsl --install コマンドを入力し、マシンを再起動します。

wsl --install

このコマンドにより、WSL を実行し、Linux の Ubuntu ディストリビューションをインストールするために必要な機能が有効になります (この既定のディストリビューションは変更できます)。

以前のビルドを実行している場合、または install コマンドを使用せず段階的な指示に従いたい場合は、 以前のバージョン向けの WSL 手動インストール手順 に関する記事を参照してください。

新しくインストールした Linux ディストリビューションを初めて起動すると、コンソール ウィンドウが開き、ファイルが圧縮解除されてコンピューター上に保存されるまで待機するように求められます。 今後のすべての起動には、1 秒もかかりません。

Note

上記のコマンドは、WSL がインストールされていない場合にのみ機能します。wsl --install を実行して WSL ヘルプ テキストが表示される場合は、wsl --list --online を実行して使用可能なディストリビューションの一覧を表示し、wsl --install -d <DistroName> を実行してディストリビューションをインストールしてみてください。 WSL をアンインストールするには、「WSL のレガシ バージョンをアンインストールする」または「Linux ディストリビューションの登録解除またはアンインストール」を参照してください。

インストールされる既定の Linux ディストリビューションを変更する

既定では、インストールされる Linux ディストリビューションは Ubuntu になります。 これは -d フラグを使用して変更できます。

  • インストールされるディストリビューションを変更するには、「wsl --install -d <Distribution Name>」と入力します。 <Distribution Name> はインストールするディストリビューションの名前に置き換えてください。
  • オンライン ストアからダウンロードできる利用可能な Linux ディストリビューションの一覧を確認するには、「wsl --list --online」または「wsl -l -o」と入力してください。
  • 初期インストール後に追加の Linux ディストリビューションをインストールするには、コマンド wsl --install -d <Distribution Name> を使用することもできます。

ヒント

(PowerShell またはコマンド プロンプトからではなく) Linux/Bash コマンド ライン内から追加のディストリビューションをインストールする場合は、コマンド内で .exe を使用する必要があります: wsl.exe --install -d <Distribution Name>、または使用可能なディストリビューションを一覧表示するには wsl.exe -l -o

インストール プロセス中に問題が発生した場合は、トラブルシューティング ガイドのインストールに関するセクションを確認してください。

使用可能と表示されていない Linux ディストリビューションをインストールするために、TAR ファイルを使用して任意の Linux ディストリビューションをインポートできます。 または、Arch Linux と同様に、.appx ファイルを使用してインストールできる場合もあります。 WSL で使用する独自のカスタム Linux ディストリビューションを作成することもできます。

Linux ユーザー情報を設定する

WSL をインストールしたら、新しくインストールされた Linux ディストリビューションのユーザー アカウントとパスワードを作成する必要があります。 詳細については、WSL 開発環境を設定するためのベスト プラクティスに関するガイドを参照してください。

設定とベスト プラクティス

インストールした Linux ディストリビューションのユーザー名とパスワードを設定する方法の段階的なチュートリアルについては、「WSL 開発環境を設定するためのベスト プラクティス」ガイドに従うことをお勧めします。基本的な WSL コマンドの使用、Windows ターミナルのインストールとカスタマイズ、Git バージョン管理用の設定、VS Code リモート サーバーを使用したコード編集とデバッグ、ファイル ストレージの推奨されるプラクティス、データベースの設定、外部ドライブのマウント、GPU アクセラレーションの設定などが含まれます。

実行している WSL のバージョンを確認する

PowerShell または Windows コマンド プロンプトでコマンド wsl -l -v を入力して、インストールされている Linux ディストリビューションを一覧表示し、それぞれが設定されている WSL のバージョンを確認できます。

新しい Linux ディストリビューションをインストールするときに既定のバージョンを WSL 1 または WSL 2 に設定するには、コマンド wsl --set-default-version <Version#> を使用します。<Version#> は、1 または 2 のいずれかに置き換えます。

wsl コマンドで使われる既定の Linux ディストリビューションを設定するには、「wsl -s <DistributionName>」または「wsl --setdefault <DistributionName>」と入力します。<DistributionName> は、使用する Linux ディストリビューションの名前に置き換えます。 たとえば、Powershell/CMD で既定のディストリビューションを Debian に設定するには、「wsl -s Debian」と入力します。 その後、Powershell から wsl npm init を実行すると、Debian で npm init コマンドが実行されます。

既定のディストリビューションを変更せずに、PowerShell 内から、または Windows コマンド プロンプトから特定の WSL ディストリビューションを実行するには、コマンド wsl -d <DistributionName> を使用します。<DistributionName> は、使用するディストリビューションの名前に置き換えてください。

詳細については、「WSL の基本的なコマンド」を参照してください。

WSL 1 から WSL 2 へのバージョンのアップグレード

wsl --install コマンドを使用してインストールされた新しい Linux インストールは、既定で WSL 2 に設定されます。

この wsl --set-version コマンドを使用して、WSL 2 から WSL 1 にダウングレードしたり、以前にインストールした Linux ディストリビューションを WSL 1 から WSL 2 に更新したりできます。

Linux ディストリビューションが WSL 1 と WSL 2 のどちらに設定されているかを確認するには、コマンド wsl -l -v を使用します。

バージョンを変更するには、コマンド wsl --set-version <distro name> 2 を使用します。<distro name> は、更新する Linux ディストリビューションの名前に置き換えてください。 たとえば、 wsl --set-version Ubuntu-20.04 2 は、Ubuntu 20.04 ディストリビューションを WSL 2 を使用するように設定します。

wsl --install コマンドが利用できるようになる前に WSL を手動でインストールした場合は、WSL 2 で使用される仮想マシンのオプション コンポーネントを有効にし、まだインストールしていない場合はカーネル パッケージをインストールする必要がある場合もあります。

詳細については、WSL コマンドの一覧については WSLのコマンド リファレンスに関するページ、作業シナリオでどちらを使用すべきかに関するガイダンスについては、「WSL 1 と WSL 2 の比較」、 WSL を使用した優れた開発ワークフローの設定に関する一般的なガイダンスについては、WSL 開発環境を設定するためのベストプラクティス に関するページを参照してください。

WSL を使用して複数の Linux ディストリビューションを実行する方法

WSL では、いくつでも異なる Linux ディストリビューションをインストールして実行することができます。 これには、Microsoft Store からのディストリビューションの選択、カスタム ディストリビューションのインポート、または独自のカスタム ディストリビューションのビルドを含めることができます。

インストール後に Linux ディストリビューションを実行するには、いくつかの方法があります。

  1. Windows ターミナル(推奨) Windows ターミナルは、インストールしたいコマンド ラインをいくつでもサポートしており、複数のタブまたはウィンドウで開いて、複数の Linux ディストリビューションまたは他のコマンド ライン (PowerShell、コマンド プロンプト、Azure CLI など) をすばやく切り替えることができます。 独自の配色、フォント スタイル、サイズ、背景画像、カスタム キーボード ショートカットを使用して、ターミナルを完全にカスタマイズできます。 詳細情報。
  2. Windows のスタート メニューでインストールした Linux ディストリビューションの名前を入力することで、ディストリビューションを直接開くことができます。 たとえば、「Ubuntu」などです。 これにより、Ubuntu が独自のコンソール ウィンドウで開きます。
  3. Windows のコマンド プロンプトまたは PowerShell から、インストールしたディストリビューションの名前を入力できます。 例: ubuntu
  4. Windows のコマンド プロンプトまたは PowerShell から「wsl.exe」と入力することで、現在のコマンド ライン内で既定の Linux ディストリビューションを開くことができます。
  5. Windows のコマンド プロンプトまたは PowerShell から「wsl [command]」と入力することで、新しいディストリビューションに入らずに、現在のコマンド ライン内で既定の Linux ディストリビューションを使用できます。 [command] は WSL コマンドに置き換えます。たとえば、wsl -l -v に置き換えるとインストールされているディストリビューションの一覧が表示され、wsl pwd に置き換えると現在のディレクトリ パスが WSL でマウントされている場所が表示されます。 PowerShell では、コマンド get-date にすると Windows ファイル システムの日付が提供され、wsl date にすると Linux ファイル システムの日付が提供されます。

どの方法を選ぶかは、行っていることに依存します。 Windows プロンプトまたは PowerShell ウィンドウ内で開いた WSL コマンド ラインを終了したい場合は、exit コマンドを入力します。

最新の WSL プレビュー機能を試す場合

Windows Insider Program に参加して、WSL の最新の機能または更新プログラムをお試しください。 Windows Insiders に参加した後は、[Windows の設定] メニュー内からプレビュー ビルドを受け取るチャネルを選択して、そのビルドに関連付けられている WSL 更新プログラムまたはプレビュー機能を自動的に受信できます。 次の項目から選択できます。

  • Dev チャネル: 最新の更新プログラムがありますが、安定性は低くなります。
  • ベータ チャネル: 早期導入者に最適です。Dev チャネルよりも信頼性の高いビルドがあります。
  • リリース プレビュー チャネル: 次のバージョンの Windows での修正プログラムと主な機能を、一般公開される直前にプレビューします。

その他のリソース