Windows に Xamarin.iOS をインストールする

この記事では、Xamarin.iOS の開発用に Windows コンピューターおよび Mac ビルド ホストをセットアップする方法について説明します。

概要

Windows 上の Visual Studio 2019 または Visual Studio 2022 を使用して Xamarin.iOS アプリをビルドするには、次のものが必要です。

  • Visual Studio 2019 または Visual Studio 2022 がインストールされている Windows マシン。 物理コンピューターでも仮想マシンでもかまいません。

  • Apple のビルド ツールと Xamarin.iOS でセットアップされたネットワーク アクセス可能な Mac。 Visual Studio は、ネイティブ iOS アプリケーションのコンパイルに必要な Apple のビルド ツールを使用するために、ネットワーク接続経由でこのマシンにアクセスします。

    ヒント

    Mac にアクセスできませんか?

    Mac にアクセスできない場合は、MacinCloud または MacStadium を使用することができます。両方のサービスは、Xamarin.iOS プロジェクトをビルドするために使用できるクラウド ベースの Mac ハードウェアを提供します。

セットアップ

Visual Studio で Xamarin.iOS 開発をセットアップするには、次の手順に従います。

  1. Windows のセットアップ (Visual Studio のインストール)

    Xamarin.iOS は、スタンドアロンまたは仮想マシン上の Visual Studio Community、Professional、および Enterprise エディションで動作します。

  2. Mac をセットアップする (Xcode と Visual Studio for Mac をインストールする)

    配布用の iOS アプリケーションをビルド、デバッグ、署名するには、Visual Studio が Apple の開発者ツール (Xcode) と Xamarin.iOS の両方で構成された Mac ビルド ホストへのネットワーク アクセス権を持っている必要があります。

    Note

    Visual Studio for Macをインストールしない場合、Visual Studio は、Xamarin.iOS アプリケーションのビルドに必要なソフトウェアを使用して Mac ビルド ホストを自動的に構成できます。 詳しくは、「Mac の自動プロビジョニング」をご覧ください。

  3. Mac とペアリングする (Visual Studio を Mac に接続する)

    Visual Studio で Mac で iOS ビルド ツールを使用するには、2 台のマシンがネットワーク経由で接続されている必要があります。

まとめ

この記事では、Xamarin.iOS の開発用に Windows コンピューターおよびそれに関連付けられた Mac ビルド ホストをセットアップする方法について説明しました。

次の手順