Azureの関数アプリで使用するPowerShellのバージョンについて

2024-05-10T09:39:04.3533333+00:00

関数アプリで使用するPowerShellのバージョンについて、

7.2だと11/8でEOLになるという注意書きが追加されてました。

このEOLを迎えた場合、画面上で選択できなくなる・サポートが受けられなくなるといった事象が発生することが推測されますが、EOL前に7.2で構築したソースはEOL後も動作可能でしょうか。

動作自体しなくなるのかの確認をしたいです。

Not Monitored
Not Monitored
Tag not monitored by Microsoft.
36,619 questions
0 comments No comments
{count} votes

1 answer

Sort by: Most helpful
  1. Aki Nishikawa 805 Reputation points Microsoft Employee
    2024-05-10T10:52:29.6533333+00:00

    @齋藤 加奈さん

    "言語ランタイムのサポート ポリシー"の提供終了フェーズの記載に従います。

    言語の有効期限が切れた後も、提供が終了した言語バージョンを使用する関数アプリを作成およびデプロイでき、プラットフォームで引き続き実行できます。 ただし、それらのアプリは、サポートされている言語バージョンにアップグレードするまで新機能、セキュリティ パッチ、パフォーマンスの最適化の対象になりません。
    https://learn.microsoft.com/azure/azure-functions/language-support-policy#retirement-phase

    In general, you have to follow description in "Retirement phase" section of the document "Language runtime support policy".

    After the language end-of-life date, function apps that use retired language versions can still be created and deployed, and they continue to run on the platform. However your apps aren't eligible for new features, security patches, and performance optimizations until you upgrade them to a supported language version. https://learn.microsoft.com/azure/azure-functions/language-support-policy#retirement-phase

    0 comments No comments