PowerShell を使用して Azure SQL Database のエラスティック プールを監視およびスケールする

適用対象: Azure SQL Database

この PowerShell のサンプル スクリプトは、エラスティック プールのパフォーマンス メトリックを監視し、そのエラスティック プールを上位のコンピューティング サイズにスケーリングして、パフォーマンス メトリックの 1 つに警告ルールを作成します。

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に Azure 無料アカウントを作成してください。

注意

この記事では、Azure と対話するために推奨される PowerShell モジュールである Azure Az PowerShell モジュールを使用します。 Az PowerShell モジュールの使用を開始するには、「Azure PowerShell をインストールする」を参照してください。 Az PowerShell モジュールに移行する方法については、「AzureRM から Az への Azure PowerShell の移行」を参照してください。

Azure Cloud Shell を使用する

Azure では、ブラウザーを介して使用できる対話型のシェル環境、Azure Cloud Shell がホストされています。 Cloud Shell で Bash または PowerShell を使用して、Azure サービスを操作できます。 ローカル環境に何もインストールしなくても、Cloud Shell にプレインストールされているコマンドを使用して、この記事のコードを実行できます。

Azure Cloud Shell を開始するには:

オプション 例とリンク
コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。 [使ってみる] を選択しても、コードは Cloud Shell に自動的にコピーされません。 Azure Cloud Shell の [使ってみる] の例を示すスクリーンショット。
https://shell.azure.com に移動するか、[Cloud Shell を起動する] ボタンを選択して、ブラウザーで Cloud Shell を開きます。 新しいウィンドウで Cloud Shell を起動する方法を示すスクリーンショット。
Azure portal の右上にあるメニュー バーの [Cloud Shell] ボタンを選択します。 Azure portal の [Cloud Shell] ボタンを示すスクリーンショット

Azure Cloud Shell でこの記事のコードを実行するには:

  1. Cloud Shell を開始します。

  2. [コピー] ボタンを選択して、コード ブロックをコードにコピーします。

  3. Windows と Linux では Ctrl+Shift+V キーを選択し、macOS では Cmd+Shift+V キーを選択して、コードを Cloud Shell セッションに貼り付けます。

  4. Enter キーを選択して、コードを実行します。

PowerShell をインストールしてローカルで使用する場合、このチュートリアルでは Az PowerShell 1.4.0 以降が必要になります。 アップグレードする必要がある場合は、Azure PowerShell モジュールのインストールに関するページを参照してください。 PowerShell をローカルで実行している場合、Connect-AzAccount を実行して Azure との接続を作成することも必要です。

サンプル スクリプト

# This script requires the following
# - Az.Resources
# - Az.Accounts
# - Az.Monitor
# - Az.Sql

# First, run Connect-AzAccount

# Set the subscription in which to create these objects. This is displayed on objects in the Azure portal.
$SubscriptionId = ''
# Set the resource group name and location for your server
$resourceGroupName = "myResourceGroup-$(Get-Random)"
$location = "westus2"
# Set elastic pool name
$poolName = "MySamplePool"
# Set an admin login and password for your database
$adminSqlLogin = "SqlAdmin"
$password = (New-Guid).Guid # Generates a randomized GUID password. 
# Set server name - the logical server name has to be unique in the system
$serverName = "server-$(Get-Random)"
# The sample database names
$firstDatabaseName = "myFirstSampleDatabase"
$secondDatabaseName = "mySecondSampleDatabase"
# The ip address range that you want to allow to access your server via the firewall rule
$startIp = "0.0.0.0"
$endIp = "0.0.0.0"

# Set subscription 
Set-AzContext -SubscriptionId $subscriptionId 

# Create a new resource group
$resourceGroup = New-AzResourceGroup -Name $resourceGroupName -Location $location

# Create a new server with a system wide unique server name
$server = New-AzSqlServer -ResourceGroupName $resourceGroupName `
    -ServerName $serverName `
    -Location $location `
    -SqlAdministratorCredentials $(New-Object -TypeName System.Management.Automation.PSCredential -ArgumentList $adminSqlLogin, $(ConvertTo-SecureString -String $password -AsPlainText -Force))

# Create elastic database pool
$elasticPool = New-AzSqlElasticPool -ResourceGroupName $resourceGroupName `
    -ServerName $serverName `
    -ElasticPoolName $poolName `
    -Edition "Standard" `
    -Dtu 50 `
    -DatabaseDtuMin 10 `
    -DatabaseDtuMax 50

# Create a server firewall rule that allows access from the specified IP range
$serverFirewallRule = New-AzSqlServerFirewallRule -ResourceGroupName $resourceGroupName `
    -ServerName $serverName `
    -FirewallRuleName "AllowedIPs" -StartIpAddress $startIp -EndIpAddress $endIp

# Create two blank database in the pool
$firstDatabase = New-AzSqlDatabase  -ResourceGroupName $resourceGroupName `
    -ServerName $serverName `
    -DatabaseName $firstDatabaseName `
    -ElasticPoolName $poolName
$secondDatabase = New-AzSqlDatabase  -ResourceGroupName $resourceGroupName `
    -ServerName $serverName `
    -DatabaseName $secondDatabaseName `
    -ElasticPoolName $poolName

# Monitor the DTU consumption of the pool in 5 minute intervals
$monitorparameters = @{
  ResourceId = "/subscriptions/$($(Get-AzContext).Subscription.Id)/resourceGroups/$resourceGroupName/providers/Microsoft.Sql/servers/$serverName/elasticPools/$poolName"
  TimeGrain = [TimeSpan]::Parse("00:05:00")
  MetricNames = "dtu_consumption_percent"
}
$metric = Get-AzMetric @monitorparameters
$metric.Data

# Scale the pool
$elasticPool = Set-AzSqlElasticPool -ResourceGroupName $resourceGroupName `
    -ServerName $serverName `
    -ElasticPoolName $poolName `
    -Edition "Standard" `
    -Dtu 100 `
    -DatabaseDtuMin 20 `
    -DatabaseDtuMax 100

# Set up an Alert rule using Azure Monitor for the database
# Add an Alert that fires when the pool utilization reaches 90%
# Objects needed: an Action Group Receiver, an Action Group, Alert Criteria, and finally an Alert Rule.

# Creates an new action group receiver object with a target email address.
$receiver = New-AzActionGroupReceiver `
    -Name "my Sample Azure Admins" `
    -EmailAddress "azure-admins-group@contoso.com"

# Creates a new or updates an existing action group.
$actionGroup = Set-AzActionGroup `
    -Name "mysample-email-the-azure-admins" `
    -ShortName "AzAdminsGrp" `
    -ResourceGroupName $resourceGroupName `
    -Receiver $receiver

# Fetch the created AzActionGroup into an object of type Microsoft.Azure.Management.Monitor.Models.ActivityLogAlertActionGroup
$actionGroupObject = New-AzActionGroup -ActionGroupId $actionGroup.Id

# Create a criteria for the Alert to monitor.
$criteria = New-AzMetricAlertRuleV2Criteria `
    -MetricName "dtu_consumption_percent" `
    -TimeAggregation Average `
    -Operator GreaterThan `
    -Threshold 90

# Create the Alert rule.
# Add-AzMetricAlertRuleV2 adds or updates a V2 (non-classic) metric-based alert rule.
Add-AzMetricAlertRuleV2 -Name "mySample_Alert_DTU_consumption_pct" `
        -ResourceGroupName $resourceGroupName `
        -WindowSize (New-TimeSpan -Minutes 1) `
        -Frequency (New-TimeSpan -Minutes 1) `
        -TargetResourceId "/subscriptions/$($(Get-AzContext).Subscription.Id)/resourceGroups/$resourceGroupName/providers/Microsoft.Sql/servers/$serverName/elasticPools/$poolName"  `
        -Condition $criteria `
        -ActionGroup $actionGroupObject `
        -Severity 3 #Informational

<#
# Set up an alert rule using Azure Monitor for the database
# Add a classic alert that fires when the pool utilization reaches 90%
# Note that Add-AzMetricAlertRule is deprecated. Use Add-AzMetricAlertRuleV2 instead.
Add-AzMetricAlertRule -ResourceGroup $resourceGroupName `
    -Name "mySampleAlertRule" `
    -Location $location `
    -TargetResourceId "/subscriptions/$($(Get-AzContext).Subscription.Id)/resourceGroups/$resourceGroupName/providers/Microsoft.Sql/servers/$serverName/elasticPools/$poolName" `
    -MetricName "dtu_consumption_percent" `
    -Operator "GreaterThan" `
    -Threshold 90 `
    -WindowSize $([TimeSpan]::Parse("00:05:00")) `
    -TimeAggregationOperator "Average" `
    -Action $(New-AzAlertRuleEmail -SendToServiceOwner)
#>

# Clean up deployment 
# Remove-AzResourceGroup -ResourceGroupName $resourceGroupName

デプロイのクリーンアップ

次のコマンドを使用して、リソース グループと、それに関連付けられているすべてのリソースを削除します。

Remove-AzResourceGroup -ResourceGroupName $resourcegroupname

スクリプトの説明

このスクリプトでは、次のコマンドを使用します。 表内の各コマンドは、それぞれのドキュメントにリンクされています。

command Notes
New-AzResourceGroup すべてのリソースを格納するリソース グループを作成します。
New-AzSqlServer データベースまたはエラスティック プールをホストするサーバーを作成します。
New-AzSqlElasticPool エラスティック プールを作成します。
New-AzSqlDatabase サーバーにデータベースを作成します。
Get-AzMetric データベース サイズの使用量に関する情報を表示します。
Set-AzSqlElasticPool エラスティック プールのプロパティを更新します。
Add-AzMetricAlertRule ("非推奨") 今後メトリックが自動的に監視されるように、アラート ルールを追加または更新します。 クラシック メトリックベースのアラート ルールにのみ適用されます。
Add-AzMetricAlertRuleV2 今後メトリックが自動的に監視されるように、アラート ルールを追加または更新します。 クラシック メトリックベース以外のアラート ルールにのみ適用されます。
Remove-AzResourceGroup 入れ子になったリソースすべてを含むリソース グループを削除します。

次のステップ

Azure PowerShell の詳細については、Azure PowerShell のドキュメントを参照してください。

その他の PowerShell サンプル スクリプトは、Azure PowerShell スクリプトのページにあります。