VMware vSphere 移行のサポート マトリックス。

注意

この記事では、間もなくサポート終了 (EOL) 状態になる Linux ディストリビューションである CentOS について説明します。 適宜、使用と計画を検討してください。 詳細については、「CentOS のサポート終了に関するガイダンス」を参照してください。

この記事では、移行およびモダン化を使用した VMware vSphere VM 移行サポートの設定と制限事項について説明します。 Azure に移行するための VMware vSphere VM 評価に関する情報をお探しの場合は、評価サポートマトリックスを確認してください。

移行オプション

VMware vSphere VM は、次のいくつかの方法で移行できます。

  • エージェントレス型移行の使用: VM に何もインストールする必要がない状態で VM を移行します。 エージェントレスで移行するには、Azure Migrate アプライアンスをデプロイします。
  • エージェントベースの移行の使用: レプリケーションのためにエージェントを VM にインストールします。 エージェントベースで移行するには、レプリケーション アプライアンスをデプロイします。

Note

これは、AVS からの VM の移行もサポートします。

この記事を参照し、あなたが使用したい方法の詳細を確認してください。

エージェントレス型移行

このセクションでは、エージェントレス VMware vSphere VM を Azure に移行する際の要件の概要を示します。

VMware vSphere の要件 (エージェントレス)

VMware vSphere ハイパーバイザーの要件は次のとおりです。

  • VMware vCenter Server - バージョン 5.5、6.0、6.5、6.7、7.0、8.0。

  • VMware vSphere ESXi ホスト - バージョン 5.5、6.0、6.5、6.7、7.0、8.0。

  • 複数の vCenter Server - 1 つのアプライアンスで最大 10 台の vCenter Server に接続できます。

  • vCenter Server のアクセス許可 - エージェントレス移行では、Migrate アプライアンスを使用します。 アプライアンスには、vCenter Server で次のアクセス許可が必要です。

    vSphere クライアントの特権名 特権の目的 必要となる場所 API の特権名
    データストアの参照 VM のログ ファイルの閲覧を許可して、スナップショットの作成と削除のトラブルシューティングを行います。 データ ストア Datastore.Browse
    低レベルのファイル操作 データストア ブラウザーでの読み取り、書き込み、削除、名前変更の各操作を許可して、スナップショットの作成と削除のトラブルシューティングを行います。 データ ストア Datastore.FileManagement
    構成の変更 - ディスク変更追跡の切り替え VM ディスクに対する変更のトラッキングの有効化/無効化を許可し、スナップショット間における変更済みのデータ ブロックをプルします。 仮想マシン VirtualMachine.Config.ChangeTracking
    構成の変更 - ディスク リースの取得 VM のディスクのリース操作を許可し、VMware vSphere Virtual Disk Development Kit (VDDK) を使用してディスクを読み取ります。 仮想マシン VirtualMachine.Config.DiskLease
    プロビジョニング - 読み取り専用ディスク アクセスの許可 読み取り専用ディスク アクセスの許可: VM でディスクを開くことを許可し、VDDK を使用してディスクを読み取ります。 仮想マシン VirtualMachine.Provisioning.DiskRandomRead
    プロビジョニング - ディスク アクセスの許可 VM 上のディスクを開くことを許可し、VDDK を使用してディスクを読み取ります。 仮想マシン VirtualMachine.Provisioning.DiskRandomAccess
    プロビジョニング - 仮想マシンのダウンロードの許可 仮想マシンのダウンロードの許可: VM に関連付けられたファイルの読み取り操作を許可し、エラーが発生した場合にログをダウンロードして、トラブルシューティングを行います。 ルート ホストまたは vCenter Server VirtualMachine.Provisioning.GetVmFiles
    スナップショット管理 VM での検出、ソフトウェア インベントリ、依存関係マッピングを許可します。 仮想マシン VirtualMachine.State.*
    ゲスト操作 レプリケーション用に VM スナップショットの作成と管理を許可します。 仮想マシン VirtualMachine.GuestOperations.*
    相互作用電源オフ Azure への移行中に VM の電源をオフにすることを許可します。 仮想マシン VirtualMachine.Interact.PowerOff

VM の要件 (エージェントレス)

次の表は、VMware vSphere VM のエージェントレス移行の要件をまとめたものです。

サポート 詳細
サポートされているオペレーティング システム Windows Server 2003 以降のバージョン。 詳細情報。

Azure でサポートされている、ここに一覧表示されているすべての Linux オペレーティング システムを移行できます。
Azure での Windows VM 場合によっては、移行前に VM にいくつかの変更を加える必要があります。
Azure での Linux VM 一部の VM は、Azure で実行できるように変更が必要な場合があります。

Linux の場合、Azure Migrate によって、次のオペレーティング システム用に自動的に変更が行われます。
- Red Hat Enterprise Linux 9.x、8.x、7.9、7.8、7.7、7.6、7.5、7.4、7.0、6.x
- CentOS 9.x (リリースとストリーム)、8.x (リリースとストリーム)、7.9、7.7、7.6、7.5、7.4、6.x
- SUSE Linux Enterprise Server 15 SP4、15 SP3、15 SP2、15 SP1、15 SP0、12、11 SP4、11 SP3
- Ubuntu 22.04、21.04、20.04、19.04、19.10、18.04LTS、16.04LTS、14.04LTS
- Debian 11、10、9、8、7
- Oracle Linux 9、8、7.7-CI、7.7、6
- Kali Linux (2016、2017、2018、2019、2020、2021、2022)
その他のオペレーティング システムの場合は、手動で必要な変更を行います。
現在、SELinux Enforced 設定は完全にはサポートされていません。 これにより、動的 IP セットアップと Microsoft Azure Linux ゲスト エージェント (waagent/WALinuxAgent) のインストールが失敗します。 VM は引き続き移行して使用できます。
ブートの要件 Windows VM:
OS ドライブ (C:\) とシステム予約パーティション (UEFI VM の EFI システム パーティション) は、同じディスク上に存在する必要があります。
/boot が専用パーティションに存在する場合は、OS ディスク上に存在する必要があり、複数のディスクに分散していてはいけません。
/boot がルート (/) パーティションに含まれている場合は、"/" パーティションは OS ディスク上に存在する必要があり、他のディスクにまたがっていてはいけません。

Linux VM:
/boot が専用パーティションに存在する場合は、OS ディスク上に存在する必要があり、複数のディスクに分散していてはいけません。
/boot がルート (/) パーティションに含まれている場合は、"/" パーティションは OS ディスク上に存在する必要があり、他のディスクにまたがっていてはいけません。
UEFI ブート サポートされています。 UEFI ベースの VM は、Azure 第 2 世代 VM に移行されます。
ディスク サイズ Gen 1 VM と Gen 2 VM の場合は最大 2 TB の OS ディスク。データ ディスクの場合は 32 TB。 レプリケーションの開始後にソース ディスクのサイズを変更することはサポートされており、進行中のレプリケーション サイクルには影響しません。
ダイナミック ディスク - ダイナミック ディスクとしての OS ディスクはサポートされていません。
- OS ディスクをダイナミック ディスクとして使用する VM がレプリケートされている場合は、テストの移行または移行をトリガーする前に、ディスクの種類をダイナミックからベーシックに変換し、新しいサイクルを完了できるようにします。 ダイナミック ディスクからベーシック ディスクの種類への変換については、OS のサポートからのヘルプが必要であることに注意してください。
Ultra Disk Ultra ディスクの移行は、Azure Migrate ポータルからはサポートされていません。 Ultra ディスクとして推奨されるディスクは、帯域外移行を行う必要があります。 したがって、Premium ディスクの種類として選択して移行した後に Ultra ディスクに変更することができます。
暗号化されたディスクまたはボリューム 暗号化されたディスクまたはボリュームを含む VM の移行はサポートされません。
共有ディスク クラスター サポートされていません。
独立ディスク サポートされていません。
RDM またはパススルー ディスク RDM またはパススルー ディスクが VM に存在する場合、これらのディスクは Azure にレプリケートされません。
NFS VM 上のボリュームとしてマウントされた NFS ボリュームはレプリケートされません。
ReiserFS サポートされていません。
iSCSI ターゲット iSCSI ターゲットを含む VM は、エージェントレス移行ではサポートされていません。
マルチパス IO サポートされていません。
ストレージ vMotion サポート対象。
チーミングされた NIC サポートされていません。
IPv6 サポートされていません。
ターゲット ディスク VM は、Azure のマネージド ディスク (Standard HDD、Standard SSD、Premium SSD) にのみ移行できます。
同時レプリケーション 1 つのアプライアンスがある vCenter Server ごとに最大 300 の VM が同時にレプリケートされます。 追加のスケールアウト アプライアンスがデプロイされている場合、vCenter Server ごとに最大 500 の VM を同時にレプリケートします。
Azure VM エージェントの自動インストール (Windows および Linux エージェント) Windows:
Windows Server 2008 R2 以降でサポートされています。

Linux:
- Red Hat Enterprise Linux 9.x、8.x、7.9、7.8、7.7、7.6、7.5、7.4、7.0、6.x
- CentOS 9.x (リリースとストリーム)、8.x (リリースとストリーム)、7.9、7.7、7.6、7.5、7.4、6.x
- SUSE Linux Enterprise Server 15 SP4、15 SP3、15 SP2、15 SP1、15 SP0、12、11 SP4、11 SP3
- Ubuntu 22.04、21.04、20.04、19.04、19.10、18.04LTS、16.04LTS、14.04LTS
- Debian 11、10、9、8、7
- Oracle Linux 9、8、7.7-CI、7.7、6
- Kali Linux (2016、2017、2018、2019、2020、2021、2022)

Note

次の特殊文字は SSO パスワードではサポートされていないため、それらを資格情報で渡さないようにしてください。

  • 非 ASCII 文字。 詳細情報。
  • アンパサンド (&)
  • セミコロン (;)
  • 二重引用符 (")
  • 単一引用符 (')
  • 曲アクセント記号 (^)
  • 円記号 (\)
  • パーセント (%)
  • 山かっこ (<、>)
  • ポンド記号 (£)

Note

インターネット接続に加えて、Linux VM の場合は、Microsoft Azure Linux エージェント (waagent) を正常にインストールするために次のパッケージがインストールされていることを確認します。

  • Python 2.6+
  • OpenSSL 1.0+
  • OpenSSH 5.3+
  • ファイルシステム ユーティリティ: sfdisk、fdisk、mkfs、parted
  • パスワード ツール: chpasswd、sudo
  • テキスト処理ツール: sed、grep
  • ネットワーク ツール: ip-route

ヒント

Azure portal を使用すると、最大 10 個の VM を一度に選択してレプリケーションを構成できます。 より多くの VM をレプリケートするために、ポータルを使用して、レプリケートする VM を 10 個の VM の複数のバッチで追加するか、Azure Migrate PowerShell インターフェイスを使用してレプリケーションを構成することができます。 同時レプリケーションがサポートされている VM の最大数を超えて同時レプリケーションを構成しないようにしてください。

アプライアンスの要件 (エージェントレス)

エージェントレスの移行では、Azure Migrate アプライアンスを使用します。 アプライアンスを VMware vSphere VM としてデプロイするには、OVA テンプレートを使用するか、vCenter Server にインポートするか、PowerShell スクリプトを使用します。

ポートの要件 (エージェントレス)

Device 接続
アプライアンス ポート 443 で、レプリケートされたデータを Azure にアップロードしたり、レプリケーションや移行のために Azure Migrate と通信を行ったりするためのアウトバウンド接続。
vCenter Server ポート 443 で、アプライアンスがレプリケーションの調整 (スナップショットの作成、データのコピー、スナップショットのリリース) を行えるようにするためのインバウンド接続。
vSphere ESXi ホスト TCP ポート 902 で、アプライアンスがスナップショットからデータをレプリケートするためのインバウンド接続。 ESXi ホストからの送信ポート 902。

エージェントベースの移行

このセクションでは、エージェントベース移行の要件について概要を説明します。

VMware vSphere の要件 (エージェントベース)

この表は、VMware vSphere 仮想化サーバーに対する評価のサポートと制限をまとめたものです。

VMware vSphere の要件 詳細
VMware vCenter サーバー バージョン 5.5、6.0、6.5、または 6.7。
VMware vSphere ESXi ホスト バージョン 5.5、6.0、6.5、6.7、または 7.0。
vCenter Server のアクセス許可 VM の検出: 種類: 読み取り専用ユーザー以上

データ センター オブジェクト –> 子オブジェクトへの伝達、ロール=読み取り専用。

レプリケーション: 必要なアクセス許可を備えたロール (Azure Site Recovery) を作成し、そのロールを VMware vSphere のユーザーまたはグループに割り当てる

データ センター オブジェクト –> 子オブジェクトへの伝達、ロール = Azure Site Recovery

データストア -> スペースを割り当てる、データストアを閲覧する、低レベルのファイル操作、ファイルを削除する、仮想マシン ファイルを更新する

ネットワーク -> ネットワークを割り当てる

リソース -> VM をリソース プールに割り当てる、電源が切れている VM を移行する、電源が入っている VM を移行する

タスク -> タスクを作成する、タスクを更新する

仮想マシン -> 構成

仮想マシン -> 操作 -> 質問に回答する、デバイスの接続、CD メディアを設定する、フロッピー メディアを設定する、電源を切る、電源を入れる、VMware ツールをインストールする

仮想マシン -> インベントリ -> 作成する、登録する、登録を解除する

仮想マシン -> プロビジョニング -> 仮想マシンのダウンロードを許可する、仮想マシン ファイルのアップオードを許可する

仮想マシン -> スナップショット -> スナップショットの削除。


:
ユーザーはデータセンター レベルで割り当てられ、データセンター内のすべてのオブジェクトに対してアクセス権を持ちます。

アクセスを制限するには、子オブジェクトへの伝達特権を持つアクセスなしロールを子オブジェクト (vSphere ホスト、データストア、VM、ネットワーク) に割り当てます。

VM の要件 (エージェントベース)

この表は、エージェントベースの移行を使用して移行させたい VMware vSphere VM 向けの VMware vSphere VM サポートをまとめたものです。

サポート 詳細
マシンのワークロード Azure Migrate は、サポートされているマシンで実行されている任意のワークロード (Active Directory、SQL サーバーなど) の移行をサポートします。
オペレーティング システム 最新情報については、Site Recovery に関するオペレーティング システムのサポートを確認してください。 Azure Migrate でも同じ VM オペレーティング システムがサポートされます。
Linux ファイル システムとゲストのストレージ 最新情報については、Site Recovery に関する Linux ファイル システムのサポートを確認してください。 Azure Migrate でも同じ Linux ファイル システムがサポートされます。
ネットワークとストレージ 最新情報については、Site Recovery のネットワークストレージの前提条件を確認してください。 Azure Migrate の場合も、ネットワークとストレージの要件は同じです。
Azure の要件 最新情報については、Site Recovery に使用する Azure ネットワークストレージコンピューティングの要件を確認してください。 VMware の移行に関する要件は、Azure Migrate の場合も同じです。
モビリティ サービス 移行対象となる各 VM に、Mobility Service エージェントがインストールされている必要があります。
UEFI ブート サポートされています。 UEFI ベースの VM は、Azure 第 2 世代 VM に移行されます。
UEFI - セキュア ブート 移行はサポートされません。
ターゲット ディスク VM は、Azure のマネージド ディスク (Standard HDD、Standard SSD、Premium SSD) にのみ移行できます。
ディスク サイズ Gen 1 VM の場合は最大 2 TB の OS ディスク、Gen 2 VM の場合は最大 4 TB の OS ディスク。データ ディスクの場合は 32 TB。
ディスクの制限 VM あたり最大 63 台のディスク。
暗号化されたディスクまたはボリューム 暗号化されたディスクまたはボリュームを含む VM の移行はサポートされません。
共有ディスク クラスター サポートされていません。
独立ディスク サポートされています。
パススルー ディスク サポートされています。
NFS VM 上のボリュームとしてマウントされた NFS ボリュームはレプリケートされません。
ReiserFS サポートされていません。
iSCSI ターゲット サポート対象。
マルチパス IO サポートされていません。
ストレージ vMotion サポートされています
チーミングされた NIC サポートされていません。
IPv6 サポートされていません。

アプライアンスの要件 (エージェントベース)

Azure Migrate ハブで提供されている OVA テンプレートを使用してレプリケーション アプライアンスを設定すると、そのアプライアンスは Windows Server 2022 を実行し、サポート要件に準拠しています。 物理サーバーにレプリケーション アプライアンスを手動で設定する場合は、サーバーが要件に準拠していることを確認してください。

ポートの要件 (エージェントベース)

Device 接続
VM VM 上で実行される Mobility Service は、レプリケーション管理のために、インバウンド ポート HTTPS 443 でオンプレミスのレプリケーション アプライアンス (構成サーバー) と通信します。

VM は、受信ポート HTTPS 9443 でレプリケーション データを (構成サーバー マシン上で実行されている) プロセス サーバーに送信します。 このポートは変更可能です。
レプリケーション アプライアンス レプリケーション アプライアンスは、アウトバウンド ポート HTTPS 443 経由で Azure によるレプリケーションを調整します。
プロセス サーバー プロセス サーバーは、レプリケーション データを受信し、データを最適化して暗号化し、アウトバウンド ポート 443 経由で Azure ストレージに送信します。
既定では、プロセス サーバーはレプリケーション アプライアンスで実行されます。

Azure VM の要件

(エージェントレスまたはエージェントベースの移行を使用して) Azure にレプリケートされたオンプレミス VM はすべて、この表にまとめられている Azure VM の要件を満たしている必要があります。

コンポーネント 必要条件
ゲスト オペレーティング システム 移行のためにサポートされている VMware VM オペレーティン グシステムを検証します。
サポートされているオペレーティング システム上で実行されているすべてのワークロードを移行できます。
ゲスト オペレーティング システムのアーキテクチャ 64 ビット。
オペレーティング システムのディスク サイズ 最大 2,048 GB。
オペレーティング システムのディスク数 1
データ ディスク数 64 以下。
データ ディスク サイズ 最大 32 TB
ネットワーク アダプター 複数のアダプターがサポートされます。
共有 VHD サポートされていません。
FC ディスク サポートされていません。
BitLocker サポートされていません。

マシンを移行する前に、BitLocker を無効にする必要があります。
VM 名 1 から 63 文字。

名前に使用できるのは、英文字、数字、およびハイフンのみです。

マシン名の最初と最後は、文字か数字とする必要があります。
移行後の接続 - Windows 移行後に、Windows が実行されている Azure VM に接続するには:

- 移行前に、オンプレミス VM で RDP を有効にします。

TCP と UDP の規則が [パブリック] プロファイルに追加されていることを確認し、[Windows ファイアウォール]>[許可されたアプリ] で、すべてのプロファイルで RDP が許可されていることを確認します。

サイト間 VPN アクセスの場合は、RDP を有効にし、[Windows ファイアウォール]>[許可されたアプリおよび機能]ドメイン ネットワークとプライベート ネットワークの RDP を許可します。

さらに、オペレーティング システムの SAN ポリシーが [OnlineAll] に設定されていることを確認します。 詳細情報 を参照してください。
移行後の接続 - Linux 移行後に、SSH を使用して Azure VM に接続するには:

移行前に、オンプレミスのマシンで、Secure Shell サービスが [開始] に設定されていることと、ファイアウォール規則で SSH 接続が許可されていることを確認します。

フェールオーバー後の Azure VM で、フェールオーバーされた VM とその接続先の Azure サブネットのネットワーク セキュリティ グループ規則について、SSH ポートへの受信接続を許可します。

さらに、VM のパブリック IP アドレスを追加します。

次のステップ

VMware vSphere の移行オプションを選びます