Share via


包括的クラスルーム IT 管理者ガイド

ヒント

この記事の URL の中には、別のドキュメント セットに移動するものがあります。 このドキュメント セットの目次の場所を維持する場合は、URL を右クリックして新しいウィンドウで開きます。

次のガイドでは、どのアプリで利用できる包括的な Classroom 機能と、どのバージョンの Microsoft Office を使用できるかについて説明します。 また、Microsoft Intuneを使用してアプリをデプロイする方法、ユーザーの簡単操作設定をオンまたはオフにする方法、Office 365 サブスクリプションの支払い方法を変更する方法についても説明します。

  1. 包括的なクラスルーム機能
  2. Microsoft Intuneを使用したアプリのデプロイ
  3. Windows 10のテキストの [簡単操作] 設定を表示/非表示にする方法
  4. Office 365 アカウントを月次、半期、または年単位から変更する方法

包括的なクラスルーム機能

読み取り機能 利用可能なアプリ Office 2016 MSI Office 2019 Office 365 ProPlus 月次 (C2R) Office 365 ProPlus半期 (C2R) Office 365 ProPlus アニュアル (C2R)
同時強調表示で読み上げる
  • OneNote 2016 (アドイン)、ブラウザーの OneNote、OneNote for Windows 10、OneNote for iPad、OneNote Mac
  • Word 2016、ブラウザーでのWord、Mac のWord、iOS 用のWord
  • Outlook 2016、Outlook Web Access
  • iOS、Android 上の Office Lens
X

(iOS、ブラウザーでのWord、Outlook Web Access、または Office Lens のWordの場合は N/A)

X

(iOS、ブラウザーでのWord、Outlook Web Access、または Office Lens のWordの場合は N/A)

X

X

(Outlook PC の場合は N/A)

X

(OneNote アプリまたは Outlook PC の場合は N/A)

調整可能なテキスト間隔とフォント サイズ
  • OneNote 2016 (アドイン)、ブラウザーの OneNote、OneNote for Windows 10、OneNote for iPad、OneNote Mac
  • Word 2016、ブラウザーでのWord、Mac のWord、Word for iPad
  • Outlook Web Access
  • iOS、Android 上の Office Lens
X

(iOS、ブラウザーでのWord、Outlook Web Access、または Office Lens のWordの場合は N/A)

X

(iOS、ブラウザーでのWord、Outlook Web Access、または Office Lens のWordの場合は N/A)

X

X

X

(OneNote アプリの場合は N/A)

音節化
  • OneNote 2016 (アドイン)、ブラウザーの OneNote、OneNote for Windows 10、OneNote for iPad、OneNote Mac
  • ブラウザーでのWord
  • Outlook Web Access
X

(iOS のWord、ブラウザーでのWord、Outlook Web Access の場合は N/A)

X

(Word iOS の場合は N/A)

X

(Word iOS の場合は N/A)

X

(OneNote アプリまたは Word iOS の場合は N/A)

音声識別の一部
  • OneNote 2016 (アドイン)、ブラウザーの OneNote、OneNote for Windows 10、OneNote for iPad、OneNote Mac
  • Word 2016、ブラウザーでのWord、Mac のWord、iOS 用のWord
  • Outlook 2016、Outlook Web Access
  • iOS、Android 上の Office Lens
X

(ブラウザーでのWordの N/A、Outlook Web Access)

X

(ブラウザーでのWordの N/A、Outlook Web Access)

X

(OneNote アプリの場合は N/A)

X

(OneNote アプリの場合は N/A)

X

(OneNote アプリの場合は N/A)

線フォーカス モード
  • Word 2016、ブラウザーでのWord、Mac のWord、iOS 用のWord
  • Outlook 2016、Outlook Web Access
  • iOS、Android 上の Office Lens
X

(ブラウザーでのWordの N/A、Outlook Web Access)

X

(OneNote アプリの場合は N/A)

X

(OneNote アプリの場合は N/A)

X

(OneNote アプリの場合は N/A)

画像辞書
  • Word 2016、ブラウザーでのWord、Mac のWord、iOS 用のWord
  • Outlook 2016、Outlook Web Access
  • iOS、Android 上の Office Lens
X

(ブラウザーでのWordの N/A、Outlook Web Access)

X

(OneNote アプリの場合は N/A)

X

(OneNote アプリの場合は N/A)

X

(OneNote アプリの場合は N/A)


書き込みと校正機能 利用可能なアプリ Office 2016 MSI Office 2019 Office 365 ProPlus 月次 (C2R) Office 365 ProPlus半期 (C2R) Office 365 ProPlus アニュアル (C2R)
ディクテーション
  • OneNote 2016、OneNote for Windows 10
  • Word 2016
  • Outlook 2016
  • PowerPoint 2016
X

X

スペルミスのスペル候補
  • ブラウザーでのWord 2016、Word、Word for Mac
  • Outlook 2016
X

X

X

読み上げ可能なスペル候補と共にシノニム
  • Word 2016
  • Outlook 2016
X

X

X

文法チェック
  • ブラウザーでのWord 2016、Word、Word for Mac
  • Outlook 2016
X

X

カスタマイズ可能な書き込み批判
  • Word 2016、Word for Mac
  • Outlook 2016
X

X

X

何をしたいか教えてください
  • Office 2016
  • ブラウザー版 Office
  • iOS、Android、Windows 10上の Office
X

X

X

X

エディター
  • Word 2016
X

X


アクセシビリティ対応コンテンツ機能の作成 利用可能なアプリ Office 2016 MSI Office 2019 Office 365 ProPlus 月次 (C2R) Office 365 ProPlus半期 (C2R) Office 365 ProPlus アニュアル (C2R)
アクセシビリティ チェック
  • PC、Mac、Web 上のすべてのOffice 365作成アプリケーション
X

X

アクセシビリティ対応テンプレート
  • PC、Mac 用のWord
  • Excel for PC、Mac
  • PC 用 PowerPoint、Mac
  • iOS、Web、Windows 10でのSway
X

X

画像の代替テキストを追加する機能
  • PC のWord (画像の説明の自動提案を含む)
  • SharePoint Online (画像の説明に関する自動提案が含まれています)
  • PC 用 PowerPoint (画像の説明に関する自動提案が含まれています)
  • OneNote (画像内のテキストの自動抽出を含む)
  • すべてのOffice 365作成アプリケーション (alt-text を手動で追加する機能を含む)
X

X

X

ビデオにキャプションを追加する機能
  • PC 用 PowerPoint
  • iOS、Web、Windows 10でのSway
  • Microsoft Stream (英語とスペイン語のビデオに対してキャプションを自動生成する機能を含む)
X

タグ付けされた PDF としてエクスポートする
  • PC、Mac 用のWord
  • iOS、Web、Windows 10でのSway
X

X

アクセス可能なコンテンツを要求する機能
  • Outlook Web Access

通信機能 利用可能なアプリ Office 2016 MSI Office 2019 Office 365 ProPlus 月次 (C2R) Office 365 ProPlus半期 (C2R) Office 365 ProPlus アニュアル (C2R)
Microsoft Translator
  • Word 2016
  • Excel 2016
  • "Translator for Outlook" アドイン
  • PowerPoint 2016 (および PowerPoint Garage アドイン)
X

X

X

X

X


Microsoft Intuneを使用したアプリのデプロイ

Microsoft Intuneを使用して、イマーシブ リーダーや Microsoft Translator などのアプリを、同じグループに接続されているすべてのデバイスに展開できます。

  1. Intune for Education ポータルに移動し、アカウントでログインします。
  2. [ アプリ ] ページを選択します。
  3. 目的のアプリを含まれている一覧で見つけます (存在しない場合は、[ アプリの追加 ] を選択し、Microsoft Store からダウンロードできます)。
  4. アプリを選択すると、設定されているグループのいずれかにデプロイされている場合に表示されます。 [ グループ ] ページで、[ グループの割り当ての変更 ] を選択し、アプリをデプロイするグループを選択できます。

Windows 10のテキストの [簡単操作] 設定を表示/非表示にする方法

Windows 10の簡単なアクセス設定は非常に便利なアクセシビリティ ツールですが、これらのオプションを使用すると、グループ内のすべてのユーザーがデバイスに含めることができる可能性があります。 次の手順では、ユーザーのデバイスで [簡単操作] 設定を非表示または表示できます。

  1. Intune for Education ポータルに移動し、アカウントでログインします。
  2. [ グループ ] ページを選択し、目的のグループを選択します。
  3. [ 設定] を選択し、[ ユーザー アクセスとデバイスの設定] セクションでトグルを見つけて、[ 簡単アクセス][ブロック] または [ブロックされていない] に設定します。
  4. 選択後に [保存] を選択します

Office 365 アカウントを月次、半期、または年単位から変更する方法

課金の実行方法に応じて、月単位、半期単位、または年単位で更新するように設定されているOffice 365アカウントを持つことができます。

  1. Microsoft アカウントを使用して サービスとサブスクリプションに サインインします。
  2. 一覧でサブスクリプションを見つけて、[ 支払い方法の変更] を選択します。

    メモ: [ 支払い方法の変更] が表示されない場合は、自動更新が有効になっていない可能性があります。 サブスクリプションが既に支払われ、期間が切れると終了するため、自動更新がオフになっている場合は、支払い方法を変更できません。

  3. 一覧から新しい支払い方法を選択するか、[新 しい支払い方法を追加する ] を選択し、指示に従います。