次の方法で共有


Microsoft 365 のExchange Online Protectionでデータ損失防止ポリシーのヒントをトラブルシューティングする方法

元の KB 番号: 2823263

問題

Microsoft 365 ポリシーのMicrosoft Exchange Online Protection でデータ損失防止 (DLP) ポリシーを作成または変更することを想定しています。 このポリシーは、Microsoft Outlook 2013に作成した電子メール メッセージに機密情報が含まれている場合にユーザーに通知します。 ただし、ユーザーが機密情報を含む電子メール メッセージを作成すると、ポリシーヒントは期待どおりに表示されません。

ソリューション

次の表に、この問題の考えられる原因と解決策を示します。 状況に適した解決策を使用します。

原因 解決方法
完全な Microsoft Office 2013 Professional Plus スイートは、コンピューターにインストールされていません。 Outlook 2013 は、Office 2013 の他のプログラムのコンポーネントに依存しています。 Outlook 2013 を個別にインストールする場合、ポリシーヒントは機能しません。
メモ ポリシーヒントは、Office 2010 以前のバージョンの Office ではサポートされていません。
完全な Office 2013 Professional Plus スイートをインストールします。 Office Professional Plus 2013 の機能とビジネス上の利点の詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。
https://office.microsoft.com
Outlook 2013 は、ポリシーヒントを使用するように設定されていません。 Outlook 2013 でポリシーヒントが有効になっていることを確認します。 これを行うには、次の手順 1 に
従います。 Outlook 2013 で、[ ファイル ] タブをクリックし、[ オプション] をクリックし、[ メール] をクリックします。
2. [ メール ヒント ] セクションまでスクロールし、[ メール ヒント オプション ] ボタンをクリックします。
3. [選択内容を 表示するメール ヒントの選択 ] ダイアログ ボックスで、[ ポリシー ヒント通知 ] オプションが選択されていることを確認します。
4. [ OK] を 2 回クリックして、[ファイル] ウィンドウを閉じます。
5. Outlook 2013 を再起動します。
DLP ポリシーでは、ポリシー ヒントが有効になっていません。 Exchange Online Protectionの DLP ポリシーのプロパティで、[この DLP ポリシーの要件のモードを選択する] で、[DLP ポリシー適用] または [テスト DLP ポリシー] [ポリシー ヒント] オプションが選択されていることを確認します。
DLP ポリシーの機密データしきい値が満たされていません。 そのため、関連付けられている DLP ポリシーヒントは表示されません。 「DLP ポリシーの管理」の手順を使用して、該当する DLP ポリシーの条件を変更します。 たとえば、最小または最大の機密項目数の値を調整したり、ポリシーをトリガーする機密データの種類を調整したりする必要がある場合があります。

注:

Outlook 2013 では、[機密情報の種類] インベントリに記載されているすべての機密情報 の種類がサポートされているわけではありません。

詳細

正常に適用された DLP ポリシーの例については、次のスクリーンショットを参照してください。

正常に適用された D L P ポリシーを示す電子メール メッセージのスクリーンショット。

注:

有効なクレジットカード番号形式のみがルールをトリガーします。

Exchange Online Protectionの DLP 機能の詳細については、次の TechNet Web サイトを参照してください。

データ損失防止

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。