次の方法で共有


Exchange Onlineの Exchange 管理センターから電子情報開示 PST エクスポート ツールを起動することはできません

元の KB 番号: 2919825

問題

次のような状況を想定します。 Microsoft Exchange Onlineでは、Exchange 管理センターで電子情報開示メールボックス検索を作成します。 これで、検索結果を PST ファイルにエクスポートする準備が整いました。 [ PST ファイルにエクスポート] をクリックすると、電子情報開示 PST エクスポート ツールをインストールするように求められます。 ただし、電子情報開示 PST エクスポート ツールをインストールして起動すると、次のいずれかの現象が発生します。

  • Windows インターネット エクスプローラー 9.0 以降を使用している場合、アプリケーションは接続を試みますが、エラー メッセージが表示されずにクラッシュします。
  • サード パーティ製ブラウザーを使用している場合は、次のエラー メッセージが表示されます。

    アプリケーションをダウンロードできません。 アプリケーションに必要なファイルがありません。 サポートについては、アプリケーション ベンダーにお問い合わせください。

原因

この問題は、次の条件の 1 つ以上が当てはまる場合に発生する可能性があります。

  • 最新バージョンの Windows を使用していません。
  • インターネット エクスプローラー 9.0 以降を使用しており、Microsoft .NET Framework 4.5 以降がインストールされていません。
  • Internet Explorer でローカル イントラネット ゾーンが適切に設定されていません。
  • サード パーティ製ブラウザーを使用していて、ClickOnce ブラウザー拡張機能がインストールされていません。
  • 送信プロキシ サーバーを使用していて、接続がタイムアウトします。

ソリューション

この問題を解決するには、状況に応じて、次の 1 つ以上を実行します。

シナリオ 1: 最新バージョンの Windows を使用していない

Windows 10にアップグレードします

シナリオ 2: インターネット エクスプローラー 9.0 以降を使用していて、.NET Framework 4.5 以降がインストールされていない

.NET Framework 4.5 以降のバージョンをインストールします。

シナリオ 3: インターネット エクスプローラーでローカル イントラネット ゾーンの設定が正しく設定されていない

https://*.outlook.comインターネット エクスプローラーのローカル イントラネット ゾーンに追加されていることを確認します。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [インターネット エクスプローラー] で、[ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [ セキュリティ ] タブで、[ ローカル イントラネット] を選択します。
  3. [ サイト] をクリックし、[ 詳細設定] をクリックします。
  4. を追加します https://*.outlook.com (まだ表示されていない場合)。
  5. [閉じる] をクリックします。

さらに、次の URL が信頼されたゾーン サイトとして一覧表示されていないことを確認します。

  • https://*.outlook.com
  • https://r4.res.outlook.com
  • https://*.res.outlook.com

シナリオ 4: サードパーティ (Microsoft 以外) のブラウザーを使用していて、ClickOnce ブラウザー拡張機能がインストールされていない

ClickOnce 拡張機能をインストールします。 拡張機能は、そのブラウザーのアドオン Web ページにあります。

シナリオ 5: 送信プロキシ サーバーを使用していて、接続がタイムアウトする

コマンド ライン ツールを netsh 使用して、プロキシ サーバー上のポート 8080 を開きます。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、次のコマンドを実行します。

    netsh winhttp show proxy
    
  2. 次のコマンドを実行します。

    netsh winhttp set proxy proxyservername:8080
    

    例:

    netsh winhttp set proxy proxy.contoso.com:8080
    

詳細

電子情報開示の詳細については、「 Microsoft 365 の電子情報開示ソリューション」を参照してください。

Microsoft 365 の最新のブラウザー要件の詳細については、「 Office のシステム要件」を参照してください。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、 将来予告なしに変更されることがあります。 マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。