クエリの実行時に"フィールドが小さすぎて追加しようとしたデータの量を受け入れできません" というエラー

元の KB 番号: 896950

現象

Microsoft Office Access では、クエリ プロパティが [はい] に設定されたクエリをUniqueValues作成し、クエリにメモ フィールドを含める場合があります。 クエリを実行すると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

指定されたデータ量がフィールド サイズを超えています。 データ量を減らし、挿入または貼り付けを行ってください。

さらに、エラー メッセージなしでクエリが実行される場合があります。 ただし、メモ フィールドに返されるデータは 255 文字に切り捨てられます。

原因

この問題は、クエリ プロパティを [はい] UniqueValues に設定すると、結果の SQL ステートメントに DISTINCT キーワードが追加されるために発生します。 DISTINCT キーワードは、レコード間の比較を実行するように Access に指示します。 Access が 2 つのメモ フィールド間の比較を実行すると、Access はフィールドを 255 文字の制限を持つテキスト フィールドとして扱います。 255 文字を超えるメモ フィールド データによって、"現象" セクションに記載されているエラー メッセージが生成されることがあります。 メモ フィールドから 255 文字しか返されない場合があります。

回避策

この問題を回避するには、メモ フィールドを削除して元のクエリを変更します。 次に、テーブルと元のクエリの両方に基づく 2 番目のクエリを作成します。 この新しいクエリでは元のクエリのすべてのフィールドが使用され、この新しいクエリではテーブルのメモ フィールドが使用されます。 2 番目のクエリを実行すると、最初のクエリが実行されます。 次に、このデータを使用して 2 番目のクエリを実行します。 この動作は、最初のクエリから返されたデータに基づいてメモ フィールド データを返します。 それには、以下の手順を実行します。

Access 2007

  1. 元のクエリをコピーし、copyBackup Copy OriginalName という名前を付けます。

  2. 元のクエリを右クリックし、[ デザイン ビュー] をクリックします。

  3. メモ フィールドを含む列をクリックし、[デザイン] タブの [クエリ設定] グループで [列の削除] をクリックします。

  4. クエリを保存します。

  5. [作成] タブで、[その他] グループの [クエリデザイン] をクリックします。

  6. [ 両方 ] タブをクリックします。

  7. 元のクエリをクリックし、[ 追加] をクリックします。

  8. 元のクエリの基になっているテーブルをクリックし、[ 追加] をクリックします。

  9. [閉じる] をクリックします。

  10. 元のクエリのフィールドを追加し、テーブルからメモ フィールドを追加します。

  11. 適切なフィールドを使用して、テーブルとクエリの間にリンクを作成します。

    Microsoft Query で結合を使用する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

    136699 Microsoft Query での結合の使用方法の説明

  12. クエリを保存します。

  13. [デザイン] タブの [結果] グループで [実行] をクリックします。

    クエリは想定どおりに実行する必要があり、メモ フィールドは切り捨てられません。

Access 2003、Access 2002、Access 2000

  1. 元のクエリをコピーし、copyBackup Copy OriginalName という名前を付けます。

  2. 元のクエリをクリックし、データベース ツール バーの [デザイン] をクリックします。

  3. メモ フィールドを含む列をクリックし、[編集] メニューの [削除] をクリックします。

  4. クエリを保存します。

  5. デザイン ビューで [クエリの作成] をダブルクリックします。

  6. [ 両方 ] タブをクリックします。

  7. 元のクエリをクリックし、[ 追加] をクリックします。

  8. 元のクエリの基になっているテーブルをクリックし、[ 追加] をクリックします。

  9. [閉じる] をクリックします。

  10. 元のクエリのフィールドを追加し、テーブルからメモ フィールドを追加します。

  11. テーブルとクエリの間にリンクを作成します。

    リンクを作成する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示してください。

    136699 Microsoft Query での結合の使用方法の説明

  12. クエリを保存します。

  13. [ クエリ ] メニューの [ 実行] をクリックします。

    クエリは想定どおりに実行する必要があり、メモ フィールドは切り捨てられません。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。