Office 修復ツールを使用して修復できる Microsoft Office ライセンス認証プロセスの問題のエラー コードと対応する説明に関する情報

はじめに

この記事では、Office 修復ツールを使用して修復できる Microsoft Office ライセンス認証プロセスの問題のエラー コードと対応する説明について説明します。

詳細情報

Office 修復ツールを使用すると、次の表に示すエラー コードを含む Office ライセンス認証の問題を修復できます。

エラー コード 説明
0xC004B008 アクティブ化サーバーは、コンピューターをアクティブ化できないと判断しました。
0xC004B100 アクティブ化サーバーは、コンピューターをアクティブ化できないと判断しました。
0xC004B001 ライセンス認証サーバーによって、ライセンスが無効であると判断されました。
0xC004B002 ライセンス認証サーバーによって、ライセンスが無効であると判断されました。
0xC004B003 ライセンス認証サーバーによって、ライセンスが無効であると判断されました。
0xC004B004 ライセンス認証サーバーによって、ライセンスが無効であると判断されました。
0xC004B005 ライセンス認証サーバーによって、ライセンスが無効であると判断されました。
0xC004B006 ライセンス認証サーバーによって、ライセンスが無効であると判断されました。
0xC004B009 ライセンス認証サーバーによって、ライセンスが無効であると判断されました。
0xC004C005 ライセンスが無効であるとアクティブ化サーバーが判断しました。
0xC004C006 ライセンスが無効であるとアクティブ化サーバーが判断しました。
0xC004C009 ライセンスが無効であるとアクティブ化サーバーが判断しました。
0xC004C00A ライセンスが無効であるとアクティブ化サーバーが判断しました。
0xC004C00B ライセンスが無効であるとアクティブ化サーバーが判断しました。
0xC004C00D ライセンスが無効であるとアクティブ化サーバーが判断しました。
0xC004C011 ライセンスが無効であるとアクティブ化サーバーが判断しました。
0xC004F077 ソフトウェア ライセンス サービスは、認証データの互換性のないバージョンを決定しました。
0xC004F032 ソフトウェア ライセンス サービスは、バインド データが無効であると判断しました。
0xC004F01E ソフトウェア ライセンス サービスは、入力データ型がライセンスのデータ型と一致しないと判断しました。
0xC004F01F ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスが無効であると判断しました。
0xC004F020 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンス パッケージが無効であると判断しました。
0xC004F016 ソフトウェア ライセンス サービスは、要求がサポートされていないと判断しました。
0xC004F019 ソフトウェア ライセンス サービスは、要求されたイベント ID が無効であると判断しました。
0xC004F01A ソフトウェア ライセンス サービスは、要求されたイベントがサービスに登録されていないと判断しました。
0xC004F060 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンス パッケージのバージョンが無効であると判断しました。
0xC004F001 ソフトウェア ライセンス サービスによって内部エラーが報告されました。
0xC004F078 ソフトウェア ライセンス サービスは、キーが一致していないと報告しました。
0xC004F022 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンス認証が失敗したことを報告しました。
0xC004F034 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスが見つからないか無効であると報告しました。
0xC004F007 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスが見つからなかったことを報告しました。
0xC004F008 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスが見つからなかったことを報告しました。
0xC004F018 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスにアクティブ化サーバーの有効な場所データが含まれていないことを報告しました。
0xC004F011 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンス ファイルがインストールされていないと報告しました。
0xC004F023 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスが無効であることを報告しました。
0xC004F015 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスがインストールされていないと報告しました。
0xC004F017 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスがインストールされていないと報告しました。
0xC004F01C ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスがインストールされていないと報告しました。
0xC004F027 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスが改ざんされたことを報告しました。
0xC004F075 ソフトウェア ライセンス サービスは、サービスが停止しているため、操作を完了できないと報告しました。
0xC004F071 ソフトウェア ライセンス サービスは、プラグイン マニフェスト ファイルが正しくないと報告しました。
0xC004F028 ソフトウェア ライセンス サービスは、ポリシー キャッシュが無効であることを報告しました。
0xC004F00B ソフトウェア ライセンス サービスは、製品識別データが利用できないことを報告しました。
0xC004F010 ソフトウェア ライセンス サービスは、プロダクト キーが無効であることを報告しました。
0xC004F076 ソフトウェア ライセンス サービスは、要求されたプラグインが見つからないことを報告しました。
0xC004F003 ソフトウェア ライセンス サービスは、必要なライセンスが見つからないことを報告しました。
0xC004F006 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスの署名ファイルが使用できないことを報告しました。
0xC004F07A ソフトウェア ライセンス サービスは、検証を行えないと報告しました。
0xC004F01D ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスの検証に失敗したことを報告しました。
0xC004F062 ソフトウェア ライセンス サービスは、必要なライセンスが見つからないことを報告しました。
0xC004F054 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンス管理情報にデータが重複していることを報告しました。
0xC004F04F ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンス管理情報がライセンスに見つからなかったことを報告しました。
0xC004F072 ソフトウェア ライセンス サービスは、高速クエリのライセンス ポリシーが見つからないことを報告しました。
0xC004F073 ソフトウェア ライセンス サービスは、高速クエリのライセンス ポリシーが読み込まれていないことを報告しました。
0xC004F052 ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスに重複するプロパティが含まれていることを報告しました。

回避策

このドキュメントの前半に記載されているエラーを回避するには、次の手順に従います。

  1. [ スタート] ボタンをクリックし、[ 実行] をクリックし、「appwiz.cpl」と入力して、[OK] をクリック します
  2. インストールした Office 製品をクリックして選択し、[ 変更] をクリックします。
  3. [修復] オプションをクリックし、プロンプトに従って修復プロセスを完了します。

関連情報

Microsoft 製品のライセンス認証の詳細については、「Windows 7 または Windows 8.1のライセンス認証」を参照してください。