空白のページが Excel で予期せず印刷される

現象

Microsoft Excel では、ワークシートを印刷すると、完全に空白のページが予期せず印刷される場合があります。

原因

この動作は、次のいずれかの条件で発生する可能性があります。

  • ページ上の唯一のデータは、空白になるように書式設定されたセルにあります。

    空白に表示されるように書式設定されたセルには、白いフォント、ゼロから空白の設定、3 つのセミコロン (「詳細情報」セクションの例 1 を参照) などがあります。

  • ページ上のセルにエラーが含まれており、空白として印刷するようにエラーが選択されています。

  • 空白として印刷されるデータ (ここに記載されている最初の 2 つの条件を含む) を含むページの前には完全に空白のページがあります。

  • ワークシートには、ワークシートの予期しない領域にある描画オブジェクトが含まれています。

  • ワークシートには、手動による改ページを含む非表示の列が含まれています

    これらのオブジェクトのサイズは非常に小さく、白などの形式になっている場合があります。

注:

非表示の行または列を含むページは印刷されません (ページに他のデータがない場合)。また、中間のページも印刷されません。

回避策

この問題を回避するには、以下の手順を実行します。

  1. [ファイル] メニューの [印刷] をクリックします。

    注: Excel 2007 では、Microsoft Office ボタンをクリックし、[印刷] をクリックします。

  2. [印刷範囲] で、印刷するページのみを選択します。

詳細情報

次の例の両方について、次の手順を完了する必要があります。

  1. Excel を起動し、新しいブックを作成します。
  2. セル A1 に「テスト」と入力します。

例 1: セルが空白として書式設定されている

  1. セル M85 で、「テスト」と入力し、Enter キーを押します。

  2. セル M85 を選択します。

  3. [書式] メニューの [セル] をクリックします。

    注: Excel 2007 では、[ホーム] タブの [セル] グループの [書式] をクリックし、[セルの書式設定] をクリックします。

  4. [数値] タブの [カテゴリ] で、[カスタム] をクリックします。

  5. [種類] ボックスで、選択範囲を削除します (BACKSPACE キーを押して選択範囲を消去し、「;;;」(3 つのセミコロン) と入力します。

  6. [OK] をクリックします。

    セル M85 は非表示です。

  7. [ファイル] メニューの [印刷プレビュー] をクリックします。

    注: Excel 2007 では、Microsoft Office ボタンをクリックし、[印刷] をポイントし、[印刷プレビュー] をクリックします。

    ページ 1 にはデータが含まれているだけでなく、その後に 3 つの空白ページが続くことに注意してください。 これには、非表示のセルを含むページと、中間のページが含まれます。

例 2: エラーが空白の印刷に設定されている

  1. セル M85 に次の数式を入力します。

    =1/0

    0 除算エラー メッセージが表示されます。

  2. [ ファイル] メニューの [ ページ設定] をクリックします。

    注: Excel 2007 では、[ページ レイアウト] タブの [ページ設定] グループの [ページ設定] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

  3. [シート] タブの [印刷] の [セル エラー] ドロップダウン ボックスで、[空白>] をクリックします<

  4. [印刷プレビュー] をクリックします。

    ページ 1 にはデータが含まれているだけでなく、その後に 3 つの空白ページが続くことに注意してください。